ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

赤ちゃんの歯磨きはいつからする?どうやって何回すればいい?

      2015/09/11

こんにちは

子育て中のママパパの悩みのひとつに「歯磨き」問題、ありませんか?

歯磨きっていつからはじめるの???
どうやって??

と疑問がいろいろと出てきますよね~

私もわからないことだらけですが、かかりつけの歯科の先生や歯科検診のときに歯科衛生士さんに聞いたりして何とかやってます(・∀・;)

今回はそんな赤ちゃんの歯磨きについてまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?

日本小児歯科学会では
「乳歯が生え始めたら歯磨きの習慣をはじめましょう」
ってなってますね。

一般的にも乳歯が生えたら、歯磨きを始めなくちゃね、って歯磨きをし始める方が多いのではないでしょうか。

歯が生え始める月齢は、赤ちゃんによって違うのではじめる時期はまちまちですが、「歯が生える」ということを目安にしてはじめましょう!

最初はびっくりしたり、嫌がったりする時があるので、お話しながら楽しい雰囲気で、ささっと終わらせてしまうのがコツですよ。

歯が生える前から、ママやパパが歯を磨いているところを見せたりしておくと赤ちゃんも興味を持つのではじめやすいんじゃないかなあと思い、我が家ではお風呂タイムに私が歯磨きをして見せたりしていました。

実際には、歯が生え始めた生後11ヶ月頃から歯磨きを始めました。
最初は慣れないので、必死の形相でしていたと思うのですが・・・

周りのママから聞くところによると、楽しい歌を歌いながらとか、絵本を見せてからとか、いろいろと工夫してやってるみたいです。

わたしはといえば、歯磨きありきで、とにかくやる!という赤ちゃんからすると何にも楽しくない歯磨きの時間だったのではと反省しております。ハイ・・・

では、赤ちゃんの歯磨きはどんなふうにすればいいのでしょう?

赤ちゃんの歯磨きってどうやってするの?

歯磨きをする姿勢としては、赤ちゃんをママのおひざの上にあお向けで寝かせてするのが一般的ですよね。
このときに嫌がるようだったら、たくさんスキンシップをしたりお歌を歌ったりして、楽しい雰囲気にしてからねんねのポーズをしてみるといいですよ。

最初は口の中をよく見て、きれいな手で触ってあげると良いと思います。
そうすることによって口の中を触られることに慣れていきますから。

そして、きれいなガーゼでやさしく歯をふいてあげましょう。

ガーゼにも慣れてきたら、乳児用の歯ブラシで歯に触れる練習をしていきます。
やさしく歯をちょんちょんと触る感じです。
それに慣れてきたら一本ずつ磨くようにしていきましょう。

先ほども紹介したように我が家では、歯磨きを始める前に親が歯磨きをするところを見せることからはじめました。
それから子ども用の歯ブラシを見せてやると、喜んで歯ブラシを持って遊んでいましたね。

でも、そのうち私と同じ歯ブラシ、つまり大人用の歯ブラシを持ちたいとアピールしてくるように。
そういう時は、使っていない大人のはブラシを持たせてあげていました。

そうするうちに、スムースにガーゼで歯をふくことができるようになりましたよ。
で、少したったら、子供用の歯ブラシに移行していきました。

しばらくはそれでうまくいっていたのですが、ある時から口を開いてくれなくなってしまいました・・・
いくら「あ~んして」といってもだめ。
無理やり口をこじ開けようとしたこともあるのですが、それってどうなのかなと思い、夫に相談して歯磨きはしばらくパパにしてもらうことに。

くやしいかなパパだと素直に口を開いてきれいにはみがきさせてくれるんです、我が家の場合。
それからは、歯磨きはほぼパパが担当しています。

その後、私でも歯磨きができるようになりましたが、基本はパパが歯磨き担当です。

もしかしたら、私が必死でやるあまり力が入って歯ブラシの毛先が強く当たっていたのかもしれないです。

でもいまだに時々口を開けるのを嫌がる時もありますよ。
うちのこの場合は歯ブラシのさわり心地がいやみたいです。
ちょっと強く歯ブラシの毛先が歯茎に当たると一瞬で口を閉じてその後は歯磨きをさせてくれません・・・ごめん・・・

スポンサーリンク

そんな時はガーゼを見せると何とか口を開いてくれる時もあるので、歯ブラシにこだわらずガーゼでささっとふいています。

思うに、きっと歯が生えかけていたりして、歯茎に歯ブラシの毛先が当たるのが痛い時期もあると思うんですね。
なので、そんな時は子どもの様子をよく見ながら臨機応変にするようにしています。

私は使ったこと無いのですが、シリコンでできている指サック型の歯ブラシもあるようで、これだとは歯茎にも優しいさわり心地でよさそうです。

私のかかりつけの歯医者さんによると
寝かせるポーズは唾液がのどに流れてきて嫌がる子もいる
ということだったので、うちで私が歯磨きをする時は立ったままやいすに座った姿勢ですることが多いですね。

赤ちゃんの歯磨きはうまくいったり、いかなかったり、赤ちゃんのご機嫌によっては口も開けてくれないこともあると思いますが、なが~い目で見て歯磨きを楽しいことだと思ってくれるように試行錯誤です。
嫌がるからといってしないわけにもいかないですからね~

今はいろいろと歯を磨くアイテムがあるので試してみて、赤ちゃんに合うものを見つけて楽しい歯磨きタイムにしましょうね♪

赤ちゃんの歯磨きは1日何回すればいい?

じゃ、1日何回歯磨きすればいいの~ってことですが、わたしが以前赤ちゃんの歯磨き講座に出た時の先生は24時間の内に一度はきれいに磨きましょうと言われていました。
我が家は1日1回です。

日本小児歯科学会のHPでは、「子どもの機嫌のよい時や保護者が余裕のある時に歯磨きをして、慣れたら毎食後となるように増やしていきましょう」という感じで紹介されていますね。

理想としては毎食後、おやつの後もしたほうがいいようです。

以前、歯科検診のときに歯科衛生士さんに教えてもらったのは、
嫌がるようだったら、小分けにすればいい
ということでした。

つまり、朝は歯の裏をを磨かせてくれなかった、という時は、次のタイミングでは歯の裏を重点的にするというように、1日のうちにすべての歯がきれいになるようにすればいいということです。
もちろん1回1回の歯磨きですべてきれいに磨けるのが理想ですが、なかなかそうはならないこともありますよね。
そんな時は私はこのことを思い出して、1日数回歯磨きをすることもあります。

今は、これから朝も歯磨きをするために、朝の私の歯磨きタイムに子どもにも歯ブラシを持たせているところです。
なぜか私の歯を磨こうとしますが・・・

さいごに

歯磨きはママパパが苦戦することが多いように感じるのですが、やっぱりかかりつけの歯医者さんや歯科衛生士さんに相談するのがいいと思いますよ。
切羽詰った状態から、な~んだそんな感じで良いのか、と肩の力が抜けることもあります。

たぶん、ママとパパが楽しそうに歯磨きをしているとそれだけで歯磨きの印象って変わると思いますよ。
赤ちゃん、ママパパにとって歯磨きタイムが楽しいものになりますように。

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事をどうぞ

子供が歯磨きを嫌がる!対策とコツはこれ!ママも少しは楽になる!?

スポンサーリンク

 - こども, 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事