圧力鍋 おすすめの使いやすいメーカーの気になる値段は?

わたし、遅ればせながら圧力鍋デビューしたんです。

今まで全く圧力鍋に魅力を感じておらず、義理の母にすすめられた時にも「今ある鍋で十分です」と言い切ったんですが・・・

どうしても圧力鍋で作りたいものがあって。

実家に使っていない圧力鍋があるとのことなので送ってもらったんですね。

これが、思った以上によくて!!

うちに届いた日からほぼ毎日使っていますよ~~~

実家にあった圧力鍋はわたしがいろいろと調べた中で欲しいな~と思っていたものだったので、母さんありがとう!って感じです。

ちなみにうちのハハは買い物好きのあたらし物好きなので、買ったけどあまり使ってないものや、新しいのを買ったのでまだまだ使えるけど出番が無い掘り出し物があるんですよね^^

ということで私のおすすめ圧力鍋を紹介します^^

スポンサーリンク

圧力鍋のおすすめ 使いやすいのはどれ?

みいこ
みいこ

圧力鍋って色々ありますよね

圧力鍋って使う前は、なんか難しそう、とか、使いこなせるか心配、とかいろいろ考えちゃいますよね。

私自身も圧力鍋を使う前は同じように思っていました。

でも実際に圧力鍋を使ってみると、便利でほぼ毎日使っているんですね。

実際使いやすい圧力鍋ってどんな物なのか私なりに考えてみました。

☆扱いが簡単

あまり火加減を気にしなくてもよいものだと楽ですよね。

鍋自体がシンプルなつくりで、洗いやすいというのも大切なポイント。

何かひとつでも面倒な行程があると使わなくなってしまいそうです。私は。

☆サイズがちょうどいい

普段作る料理、作る量、家族構成などからサイズを決めると使いやすいと思います。

☆洗いやすい

焦げ付きにくい構造になっていると洗うのも簡単でいいですよ~

焦げ付いて、こげが落ちにくいと一気にやる気がダウン・・・しちゃいます。

☆レシピブック付

圧力鍋を購入するとレシピブックがついている場合がありますよね。

内容が充実しているレシピブックだと便利ですよね。

毎回スマホで検索するのも面倒だし、購入した圧力鍋でのレシピだからいちいち「うちの圧力鍋でも同じ時間で大丈夫かな?」とか考えなくてもいいですしね。

こんなところでしょか?

重さがネックになる場合もありますが、圧力鍋なんでね、ある程度は仕方ないと割り切っています。

圧力鍋 おすすめのメーカーは?

みいこ
みいこ

私が今使っている圧力鍋、とっても気に入ってるんです

わたしがおすすめするメーカーは、わたしがハハから譲ってもらった

アサヒ軽金属のゼロ活力なべ

です。

このなべ、本当に使いやすくて私はほぼ毎日使っています。

この圧力鍋をわたしがおすすめする理由は

  • 玄米がおいしく炊ける
  • 加圧0分でできる料理があるので時間と光熱費の節約になる。
  • おいしい
  • 30年の長期保障

そもそも、今まで圧力鍋を必要と思っていなかったのに急に欲しくなったのには理由があるんです。

それは玄米を圧力鍋で炊きたかった

という理由。

玄米を炊いて、寝かせ玄米にして食べたかったんです。

結婚前には玄米を食べていたのですが、夫は玄米が好きではなくて、今まで食べていなかったんですね。

でも、やっぱり玄米好きだし食べたいと思っていたところ、寝かせ玄米という物を知り食べてみたいと思ったのです。

寝かせ玄米を作る際は圧力鍋で玄米を炊くのをおすすめしていたので、圧力鍋が欲しかったんですね。

実際に玄米を圧力鍋で炊いてみると・・・・

おいしい!

以前食べていた時は炊飯器の玄米コースで炊いていたんです。

それでも十分おいしいと感じていたんですが、圧力鍋で炊くとやっぱりこっちのほうがおいしいと感じてしまいました。

まず、玄米がモチモチしていてやわらかいんですね。

まあ、モチモチというのは好みもあるかと思うのですが私は好きな感じです。

で、やわらかいので良くかんで食べるのですがあごが疲れない^^

これって私だけかもしれないんですが、以前に玄米を食べていた時はちょっと固めでしっかりと噛んで食べていたのであごが疲れることがよく合ったんですね・・・

圧力鍋て炊くとそれが全くありません^^

我が家のこどもたちは長男は玄米は好きではないようですが、次男は食べますね~

圧力鍋が手に入ったら作りたかった玄米がおいしくできたのでとっても満足しています。

だから基本的に玄米が炊ければそれでよかったんです。私は。

玄米だけのために圧力鍋を使うでもかまわなかったんです。

でも、便利なんですよ、これが。この圧力鍋。

とりあえず玄米もおいしく炊けたしめでたしめでたしと思っていたのですが、カレーを作ろうと思った日に圧力鍋が目に入って

そういえばカレーもおいしくできるってネットで見たな~

と思ってカレーを作ってみたんですね。

いつもは、

お肉いためて

野菜もいためて

お水入れて

火が通ったらカレールー入れて

という行程だったのですが、圧力鍋を使うと

材料入れて1CUPの水を入れて、ふたをしておもりを乗せて火にかける

おもりが回ったら火を消して、圧が抜けるまで待つ

圧が抜けたら必要な量の水を足してカレールーを入れて煮込む

だけです。

簡単なカレーがさらに簡単に作れるんです。

それでいて具材、定番のジャガイモ、にんじんが絶妙な火のとおり具合なんですよ。

正直な話、私が作るカレーは時々にんじんが固かったり、ジャガイモがとけかかったりという失敗もあったわけです。

それが圧力鍋で作ると、ジャガイモもにんじんも同時に入れて火にかけるのに、どちらも程よいやわらかさなんですね。

スポンサーリンク

もともとジャガイモは大き目が好きなのですが、その大きめジャガイモが煮崩れていなくて、でもホクホクとしてる。

にんじんもしっかりと火が通って柔らかく、おまけに甘い。

カレーは今後圧力鍋でつくろう。

それが私の結論です^^

もうひとつ、肉じゃが

うちの長男の好物なんですが、これがまたおいしくできるんですよね~

思ったよりも少な目の水分で作るんですが、野菜のうまみが出ているのか、なんかおいしいんです。

それにそれに、豆がおいしくなるんです。

煮豆は私と次男の大好物なんですが、これが手軽においしくできるんですよ!

普段、煮豆はシャトルシェフという保温鍋で作るんですね。

シャトルシェフでもおいしく作れますよ。

でも圧力鍋だと早いんですよ。

保温調理ってのんびりする料理だと私は思っているんで、煮豆も時間があるときに気長に作るというスタンスだったのが、圧力鍋だとあっという間にできちゃうので気軽に作れるんですよね。

子供たちに一番食べさせたかった秋刀魚の甘露煮。

もちろんいわしでも何でもいいんですが、とにかく骨まで柔らかくなって食べやすくなったお魚を食べさせたい!と常々思っていたんですね。

圧力鍋のおかげでこれまた簡単に作れちゃいます。

お魚はうちの子供たち好きなほうではあるんですが、骨が気になって。

5歳の長男は自分で骨をとったり、口に入ってもちゃんと出せますが、2歳の次男はちょっと心配。

そんな時に骨を気にしないで食べさせてあげられるのはうれしい限りです。

最後になりましたが、補償が30年て!

それだけ長く保障されているなんて心強いと思いませんか?

それにゼロ活力なべは愛用者も多いようでたくさんの人に使われているということはそれだけよい品ということだと私は思っています。

なので、アサヒ軽金属のゼロ活力なべ、おすすめです^^

圧力鍋のおすすめ 気になる値段は?

みいこ
みいこ

便利な圧力鍋ですけど、価格、きになりますよね。

わたしが使っていておすすめするゼロ活力なべはいろいろな大きさがあるので値段もサイズによって違いますが、わたしが実際に使っているのは

Lスリム 4リットル 税込 27,972 円

値段は正直、安くは無いですよね。

悩んじゃいますよね~

でもこの鍋を30年間保証がついた状態で使えると思うとコスパは悪くないと思うんですよね。

もしあなたが、ひとつの鍋を長く使いたい、そして時短料理をして時間や光熱費を節約したいと思っているなら、私はおすすめしますよ。

実際にわたしが使って、時短になると感じていますし、これだけ高価なものなら大事に末永く使おうと思っています^^

さいごに

私本当に圧力鍋ってぜんぜん興味が無かったんですね。

その良さもぜんぜん理解していませんでした。

でも今回、玄米を炊きたいというきっかけで圧力鍋を使ってみて本当になんて便利なんだろうと実感しています。

ほぼ毎日使っていますし。

今日なんて3回も使いましたよ^^

おやつにぜんざいを作ろうと思って小豆を煮て、その後玄米を炊いて、夕食用に肉じゃがを作りました。

大活躍の圧力鍋に感謝!です。

もしあなたが圧力鍋を買うか迷っていたら、けっこう使えますよ!とお伝えしたいです^^

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました