布団裏のカビ対策フローリングではどうしてる?我が家の対策を紹介

ちょっと油断して布団を干さずにいたら、お布団の裏に黒い点々が・・・

なんて経験ありませんか?

わたし、あります。

そもそも私はベット派で、独身時代も結婚してから子供が産まれるまではベットを使っていました。

しかしですね、子供が産まれるて赤ちゃんからだんだん動き出すようになりますよね、そうするとベットから落ちるんじゃないかと心配で心配で。

結局私とこどもたちはお布団で寝る生活に変えたんですね。

そうすると・・・

こどもってけっこう寝汗かくんですよね~

寝ている間に汗をたくさんかくということは、きちんと対策をしないとカビるわけで・・・

対策を怠った私は布団を処分することになり・・・

もうそんなことをしないために今度こそはしっかりとカビ対策をする!と決意し実行している内容について今回は紹介したいと思います。

スポンサーリンク

布団裏のカビ対策

パパさん
パパさん

布団のカビ対策ってしてるの?

そういえば前に布団だめにしてたよね~

みいこ
みいこ

あれからわたしは、心を入れ替えた

私ができる範囲でやっておるので安心しなさい。

わたしがやっている布団のカビ対策は

・布団乾燥機をなるべく毎日かける

・敷き布団の下にすのこを置いている

この二つです。

この方法で今のところ大丈夫です。

布団乾燥機はちょっと前まで20年間使っていた象印の物からアイリスオーヤマのカラリエに買い換えました^^

パパさん
パパさん

いつまでそのふるい布団乾燥機を使うの?

新しいのを買ったほうがいいんじゃない?

みいこ
みいこ

喜んで!

少しは省エネになったでしょうか。

布団乾燥機を毎日かけるってけっこう電気代が気になるトコロですよね。

アイリスオーヤマのホームページには

布団乾燥機電気代1日30分…7.5円(1ヶ月225円)

とあります。

アイリス暮らしの便利ナビ

我が家では60分かけているので1日15円

1ヶ月30日として 15×30=450円/1ヶ月

ということになりますね。

我が家にあるカラリエ ツインノズルの取り扱い説明書には冬は自動モードで60分となっているのでそのまま60分で布団乾燥機をかけています。

手動でも設定できるので、節約しようと思えば時間を短くして使うこともできますよ。

とにかく、1ヶ月450円。

わたし的には布団がカビることを考えると許容範囲です。

今現在はシングル布団二組にこどもと3人で川の字になって寝ていますが、カラリエのツインノズルのほうを使っているので、一度に2組の布団を乾燥できています。

それでこの電気代ならまあ良いかなと思っています。

スポンサーリンク

それにですね、我が家の長男坊は花粉症で・・・

今の時期に布団を外に干すのはできません。

でも、寝汗はかくのでやっぱり布団乾燥機を使うことはかかせません~


そして、もうひとつの対策は布団の下にすのこを敷くこと。

これも前回布団をかびさせてしまってからすぐに導入しました。

この商品です。
↓↓↓

 

そもそもは、このすのこを使って室内で布団を干そうと考えていました。

布団を干せる仕様になっているので。

しかしですね、このすのこを使って室内で布団を干すと・・・・

子供が遊ぶんですよ~

なんか楽しそうに見えるんでしょうね。

布団の上に乗ってはしゃいで・・・

危うくすのこが壊れるところでしたので、泣く泣くこの方法はあきらめました。

ですので、我が家ではすのこと布団乾燥機の両方でカビ対策をしています。

でも!

ここで注意が必要です。

私はすのこさえ布団の下に敷いていれば布団は敷きっぱなしでも湿気が逃げるものと考えていたんですね。

しかし、私が甘かったです。

やっぱり布団は敷きっぱなしではだめでした。

何日か敷いたままにして、布団の裏を触ってみたら・・・

湿っていました。

やっぱり布団は乾燥機をかけて一旦すのこからあげてたたんでおかないとカビでしまいそうです。

というわけで、我が家のベストな布団のカビ対策は

  • すのこの上に布団を敷いて
  • 布団乾燥機を使い
  • 布団は毎日たたむ

です。

布団のカビ対策 フローリングでは?

私と子供たちが寝ている部屋はフローリングです。

以前はここに布団を直に敷いていたんですね。

でもこれ、今思えば危険すぎますよね。

実際にこれで布団をかびさせてしまって・・・

なのでフローリングに布団を敷いて寝る場合は布団の下にすのこを敷くことをおすすめします。

というか必須だと思います。

プラス、除湿シートを使うのも効果的だと思います。

我が家ではまだ導入していないのですが、布団乾燥機を毎日かけたくない場合やすのこを敷いても湿気が気になる時には使ってみるのもありだと思います。

除湿シートは、センサー付で干すタイミングがわかりやすい物や、洗濯できる物もあるので好みに合わせて選ぶことができますね。

私だったら、価格が出ごろで、よく湿気を吸ってくれそうな

この商品が良いかなと思っています。

とにかく、フローリングに布団を敷いて寝るときは直に敷くのはNG

すのこか除湿シートを使ってカビ対策をするのがいいと思います。

まとめ

カビてしまった布団を処分する時に本当に反省しました。

きちんとケアすれば防げることですから。

それにカビが生えている布団で寝るのは体にもよくないですから、こどものためにもカビ対策はしっかりとしておきたいところです。

我が家では花粉症の息子のこともあるので春には布団を外に干せませんし、子育てしながら布団をまめに干すのは私には無理だと早々にあきらめ、布団乾燥機のお世話になっています。

なので

布団乾燥機

布団の下にすのこを敷く

ことで布団のカビ対策をしています。

今のところこれでカビは生えていませんし、快適な睡眠をとることができていますよ^^

読んでいただいてありがとうございます。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました