ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

バジルペーストの作り方 簡単に作って保存しておけばアレンジ自在!

   

今年は我が家のベランダでバジルを育てています。

バジルってけっこう手軽に苗が手に入るので、ベランダ栽培や家庭菜園で育てている方もけっこういらっしゃるんですよね^^

育ててみて思ったのですが、バジルってけっこうすぐに大きくなって葉っぱもたくさん収穫できるんです。

どうやってこのバジルを活用すればいいのか・・・

いろいろと迷った末に我が家でのバジル活用法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バジルペーストの作り方 簡単な方法で

いろいろと考えた末に、バジルペーストを作ることにしました。

バジルペーストとは、バジルの葉、オリーブオイル、松の実、にんにくなどをフードプロセッサーなどで攪拌して作るものですね。

これってけっこうバジルの葉を消費するので、多い茂ったバジル葉を消費するにはちょうどいいと考えたわけです。

でも、通常我が家では松の実ありません・・・

買ってもいいのですが、家にあるもので済ませることにしました。

というわけで、我が家的バジルペーストの作り方を紹介しますね。

バジルペースト

材料

バジルの葉 50g
カシューナッツ 50g
にんにく 2片
オリーブオイル 50ml
塩 少々


作り方

バジルは綺麗に洗って、丁寧に水気を切る

すべての材料を攪拌する

我が家ではブレンダーを使って作りました。

うちのブレンダーでは最初なかなかうまく攪拌できなかったので、気長にガーッとやりましたよ。

うまく回らない場合は多少オイルを追加して入れてもいいと思います。

それと、バジルの葉はあらかじめ適当な大きさにちぎっておいてもいいと思います。

私はそのままちぎらずに作りました・・・

スポンサーリンク

出来上がった物は、消毒をした瓶に入れて上からオリーブオイルで蓋をするように分量外のオイルを入れて出来上がりです。

バジルペーストの保存は?

すぐに使い切るのであれば、瓶につめた後にオリーブオイルで蓋をすれば大丈夫ですが、長期保存したいということであれば、冷凍保存がおすすめです。

我が家の場合は、消毒した瓶にバジルペーストを入れてオリーブオイルで表面を覆うようにしてからふたをして冷蔵保存です。

このときオリーブオイルの量はペーストから5mmくらいの量がおすすめ。

わたしは、基本的にすぐ使い切っちゃうので冷蔵保存にしています。

冷蔵保存の場合はポイントがあります。

チーズを加えないこと。

先の章で紹介したバジルペーストの作り方ではチーズを入れないで作るレシピでした。

でもレシピによってはチーズを加えるものもありますよね。

長期で保存する場合はチーズを加えるレシピはあまりむかないので私はチーズなしで作ってしまいます。

そして、バジルペーストで調理する時にチーズを加えることにしています。

すぐには食べきらないかも・・・

という時はやっぱり冷凍保存がおすすめ。

冷凍の場合であれば、ジップロックのバックなどに入れて平らにしてから保存が便利。

一度に使う量が少なめということであれば製氷皿に入れて凍らしてから、ジップロックバックに入れて保存でもOK

必要な時に必要な分だけ取り出して使えばすぐにおいいお料理ができますよ!

バジルペーストのアレンジは?

バジルペーストをつくったはいいけど何に使えばいいのか・・・

なんて悩み、ありませんか?

バジルペーストって使うの難しいなんて思っていませんか?

私の場合、難しく考えずに何にでも混ぜちゃいます^^

パスタはもちろんですがこの時期なら、そうめんにもいけますよ~

バジルペーストそうめん

ゆでたそうめんにバジルペーストをお好みで混ぜる

刻んだアンチョビをあわせて刻みのりをふり掛ける

これで簡単おいしいアレンジそうめんの出来上がり

ごはんに混ぜるだけでも!

バジルペーストごはん

フライパンにご飯、ペーストを入れて炒める

粉チーズを振りかけて出来上がり

簡単ですね~

おかずにも

  • バジルペーストとゆでたジャガイモ、アンチョビを混ぜるとお手軽バジルポテト
  • グリルした鮭にバジルペーストを。
  • カプレーゼにかけても


こんな具合にちょこっと和えたり、かけたりするだけでいつもとちょっと違う味になっておいしいですよ~

さいごに

自分で育てたバジルを使ったペーストを作るなんて贅沢ですよ~

作るのも簡単ですし。

一人のお昼ごはんによく利用していますよ^^

もしたくさんバジル葉があるよ~ということであれば是非作ってみてくださいね^^

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

 - 手作り, 食べ物

  関連記事