セーターを洗濯する!ウールの洗い方と洗剤や温度管理について

セーターの洗濯ってどうしてますか?

クリーニング店に出してます?

でも毎回出すと結構な出費ですよね。

自宅で洗えれば家計の経費節減になって助かりませんか?

そこで今回はウールのセーターの家での洗い方についてまとめました。

スポンサーリンク

セーターの洗濯 ウールのものはどう洗う?

手洗いが基本です。

ただ、高級なものや気に入っていて絶対に失敗したくないものはクリーニング店にお任せしたほうが無難です。

もしはじめてウールのセーターを洗う場合は着古したもので試してみるのをおすすめしますよ。

洗濯の方法は

・洗濯液を作ります。
30度程度のぬるま湯に洗剤を溶かしこみます。
・やさしく押し洗いします。
洗濯液にセーターたたんで入れてかるーく押し洗いします。
ウールはぬれた状態で摩擦されると繊維が絡んでフェルト化してしまいます。
ですので、極かるめに押し洗いするのをおすすめします。
だいたい30回くらい押し洗いでOKです。
・すすぎます。
洗ったセーターの水を軽く切って、押し洗いと同じ容量で軽く押しながらすすぎます。
途中お湯をかえて2回ほどすすぎます。
・脱水します。
洗濯機で脱水をします。
30秒程度脱水して形を整えます。
・干します。
形を整えて平干します。
専用の平干しハンガーは100均にも売っているのでひとつあれば重宝しますよ^^
こんな感じで手洗いができます。

手早くするのが基本なので時間もかからないし、やってみると案外簡単ですよ^^

次の章では手洗いのポイントを見ていきますね。

セーターを洗濯するときに使う洗剤はどんなものがいい?

洗剤はおしゃれ着洗い用やドライマーク専用の洗剤を使うのをおすすめします。

おしゃれ着洗い洗剤はコチラ

ウールやシルク専用の洗剤はコチラ

ドライクリーニング用の洗剤はコチラ

スポンサーリンク

弱アルカリ性の洗剤は洗浄力が高くていいのですが、色落ちすることもあります。
なのでおしゃれ着洗いなどのほうが無難に使えます。

また、ドライマークのついているセーターもおしゃれ着洗い用の中性洗剤で基本的に洗えます。
洗う際は洗剤に書いてある洗い方をよく確認してみてくださいね。

どの洗剤で洗うにしても短時間で洗うのが基本。
そうすることによってセーターへのダメージも抑えられます。

丁寧に洗えばセーターも長持ちするので、洗剤もセーターに合ったものを選びたいですよね。

セーターを洗濯するときは温度に注意!

セーターを洗うときの水温は必ずぬるめのお湯にしましょう。

温度でいうと30度くらいが適当です。

手で触るとちょとぬるいな~と思う程度です。

ウールはたんぱく質でできていますよね。

なのでウールを熱いお湯につけてしまうと変質してしまうんです。

さらに縮みやすくもなります。

なので熱いお湯はウールの洗濯には適していません。

かといって冷たい水では洗浄力が落ちてしまいます。

ということで洗浄力もキープしつつ繊維をいためないぬるま湯がおすすめなんです。

注意するポイントは

洗濯の最初から最後まで温度をぬるま湯のまま保つ

ということです。

なので、洗濯する時はちょっと熱めのお湯を指し湯として用意しておくと良いですよ。

これできれいすっきりとセーターを洗うことができますよ。

さいごに

自宅でセーターが洗えると楽ですよね。

きちんとした洗い方をすれば自分でも洗うことができるものが多いので、トライしてみては?

セーターの洗い方をマスターすると衣替えの季節にとっても役立ちますよ^^

セーターの手洗いを試す時は自己責任でおねがいします。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました