ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

ダウンジャケットのクリーニングを家で!方法と注意を紹介

   

毎年冬はダウンジャケットのお世話になっている方、かなりいますよね。

町を歩いていても着ている方、けっこう目にします。

ユニクロなどで安く手に入れることができるようになったので、一家に1枚はダウンジャケットあるんじゃないでしょうか?

そんなダウンジャケットのクリーニング、どうしています?

やっぱりクリーニング屋さんに出していますか?

でも、けっこうな金額するんですよね~

そこで今回は家でダウンジャケットを洗うことができるかということについて考えてみます。

スポンサーリンク

ダウンジャケットのクリーニングは家でも大丈夫?失敗しない?

ダウンジャケットは家で洗えるものと洗えないものがあリます。

どこでそれがわかるかというと、ダウンジャケットについている

取り扱い絵表示

を確認してください。

たとえば我が家のダウンジャケットについている表示は

子供の
取り扱い絵表示 こどもの

わたしの
取り扱い絵表示 ダウン

こんな感じでついています。

説明すると子供のほうは

左から
液温は30度を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい。

塩素系漂白剤による漂白はできない。

アイロンは120度を限度とし、低い温度(80~120度まで)で掛けるのがよい。

ドライクリーニングはできない。

わたしのものは

左から
水洗いはできない。

塩素系漂白剤による漂白はできない。

アイロン掛けはできない。

ドライクリーニングができる。溶剤は石油系のものを使用する。

つまり、子供のダウンジャケットは家で洗うことが可能で、わたしのものはクリーニング屋さんにお願いしましょうということですね。

ご自宅にあるダウンジャケットも表示を確認して、家でもクリーニングか可能なものはトライしてみては?

次の章で詳しい洗い方を紹介しますね。

ダウンジャケットのクリーニング方法を説明

では、どうやって家でクリーニングをするか説明しますね。

スポンサーリンク

1、ダウンジャケットについている取り扱い絵表示を確認。
2、絵表示を確認して大丈夫だったら、まず目立つ汚れをおしゃれ着洗い用の洗剤を軽くつけたスポンジでたたくようにして落とす。
3、ぬるめのお湯を用意して、ごく少量のおしゃれ着洗い用の洗剤を入れ押し洗いをする。
ダウンジャケットが浮いてくるので両手でしっかりと押しましょう。
目安は40回程度です。
4、洗濯機で脱水(1分くらい)
5、洗濯機から取り出して、洗うときと同じように手で押しながら3回程度すすぎをする。
柔軟剤を使うとソフトな仕上がりになります。
6、もう一度脱水。
手でじゅうぶんに押し絞りをしてなるべく水分を取ってから脱水をしましょう。
7、形を整えて平干し
羽毛がかたよらないように形を整えます。
8、乾いてきたら、羽毛をほぐす。
ダウンジャケットを両手で挟んで軽くパンパンとたたきながらほぐします。
9、完全に乾かします。

ちょっと手間はかかりますが、この方法でクリーニングできますよ。

洗う際は洗面台にお湯をはったり、洗濯槽を利用すると洗いやすいです。

次の章で家でクリーニングをする際の注意点を紹介しますね。

ダウンジャケットを家でクリーニングする時の注意は?

取り扱い絵表示を確認

目立つ汚れを取るときはやさしく

洗う際のお湯の温度は30度以下のぬるいお湯

しっかり乾かすこと

これが注意点です。

なかでも乾燥をしっかりするのはとても大切です。

乾燥が不十分だとせっかくのダウンがぺちゃんこになってしまうんです。

ダウンジャケットの場合、完全に乾くまで1~3日程度かかります。

自然乾燥である程度乾かしたら、乾燥機を利用するとしっかり乾燥させれるのでおすすめですよ。

その際は低温に設定しましょう。

高温ではダウンをいためてしまいます。

しっかり乾燥させることでダウンと空気がよく混ざり、元のふわふわの状態になります。

家に乾燥機がない場合は、コインランドリーの乾燥機を利用しましょう。

コインランドリーを利用する場合も低温の設定を。

低温設定できない場合は気長に自然乾燥がおすすめです。

自然乾燥の場合は乾いたな~と思ってからもう1日追加で乾かすのがポイントです。

ダウンは水分を吸収しやすいんですね。

だから、乾いたように見えても中がイマイチな場合がけっこうあるんです。

なのでプラス1日。

しっかり乾燥できていないとカビの原因にもなりますから、気をつけましょうね。

さいごに

子供のダウンジャケットを自宅で洗いたくていろいろと調べてみました。

注意点を気をつければ自宅でも問題なく洗うことができますよ。

毎回クリーニング屋さんに出すとけっこう高くつきますものね。

でも、ジャケットの素材によってはドライクリーニングの表示がついているものもあるのでその際は信頼できるクリーニング屋さんに出しましょう。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 美容