ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

転職!女性30代子持ちでも正社員になりたい!やっぱり資格も必要?

   

転職したい・・・

でも、女性の場合30代子持ちだと不安ですよね。

今回は、30代の女性子持ちの転職について考えてみました。

スポンサーリンク

転職って女性30代子持ちでもできる?

やっぱり子供がいる場合の転職は不利と考えられます。

それでも

・夫が協力的
・実家が近いので子供の面倒を見る協力をえられる、または、公的サポートを利用できる

ということであれば、可能性はあります。

転職を考えている方は、このような環境は整えておきましょうね。

採用側も子供がいる場合はいろいろと気になりますよね。

なので、

きちんと働くことができる

このことをはっきりと伝える必要があります。

さらに

わたしには、こんなスキルがある
わたしを採用するとこんな利点がある

ということをしっかりアピールしましょうね。

わかってはいるんですが、現実的に子供がいる場合の転職はとてもきびしいです。

でも、子供がいてもちゃんと働けるということをアピールすることで、転職に成功している方はいるんです。

なので、きびしいとはいってもまったくできないわけではない、ということもまた事実ということです。

転職するなら女性30代でも正社員でいける?

転職するなら、やっぱり正社員で働きたいというのが本音ですよね。

そのためにはやっぱり

スポンサーリンク

結婚していて子供がいる女性を応援する

というスタンスのエージェントを利用しましょう。

そういうサイトを見てみると、子供がいても大丈夫な求人てあるんですよね。

もちろんすべての求人が、転職を考えている方の希望に合っているというわけではないですが。

それでも、環境の整った会社であれば応募する価値はあるのではないでしょうか。

働き始めてから、スキルアップをしたり、別の部署への転属願いも可能場場合もあります。

転職で女性30代、やっぱり資格は必要?

働きたい職種が明確に決まっている場合、それに必要な資格、免許があればとりましょう。

ただ、闇雲に資格を取得する必要はないと思います。

これまでの職歴を見れば、どんなことができるか想像がつきますよね。

飾り的な資格よりもそれまでの経験も立派な武器になると思いますよ。

業務的な経験ももちろんですが、コミュニケーション能力を高める経験も重要です。

なので、働きたい仕事に必要最低限の資格+経験があればいいのです。

ただ、アピールするだけの経験がないという場合は、その仕事に関係する資格をとって自分の価値を高めるという戦略もアリですよ。

さいごに

子供がいるママも働きやすい社会であってほしいですよね。
現実的にはまだまだ改善の余地がありそうですが。

でも嘆いても始まりません。

まわりのサポート体制を整えて転職に挑みましょう。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

 - 仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事