お腹にガスがたまる!原因と気をつける食べ物や改善方法は?

なかなか人には言いにくい悩みってないですか?

たとえばお腹にガスがたまりやすいとか・・・

病院にいくほどではないけれど、ガスがたまるとつらい・・・

なんでこんなにガスがたまりやすいんだろう・・・

そこで今回はお腹にガスがたまる原因についてまとめました。

スポンサーリンク

お腹にガスがたまる原因は?

お腹のガスがたまる原因は

・口から吸った空気
・体内で発生するガス

大きく分けるとこの2つになります。

体内で発生するガスのもととなるのは

・ガスがたまりやすい食べ物を食べる
・ストレス
・冷え
・便秘

などが考えられるんです。

これらが原因となって腸内環境のバランスが崩れることによってたくさんガスが発生するんです。

でもガスがたまりやすい食べ物ってどんなものなんでしょう?

次の章ではガスがたまりやすい食べ物を紹介しますね。

お腹にガスが溜まる食べ物は?

ガスがたまりやすい食べ物は

・豆類

・イモ類

・果物

・乳製品

などがあります。

でも、ガスがたまりやすい食べ物=ダメ!ではないんですよ。

腸内には善玉菌と悪玉菌がいるのは知っている人も多いと思います。

善玉菌の代表的なものにはビフィズス菌や納豆菌があります。

あれ?これってガスがたまりやすい食べ物といわれている豆類や乳製品ですよね。

ガスがたまりやすいのは何かひとつの食べ物だけを避ければいいということではないのです。

ヒトのからだは食べるものによっても腸内の環境が左右されるんですね。

そして、腸内環境のバランスが崩れている時はガスがたまりやすいんです。

スポンサーリンク

だから、ガスがたまりやすい食べ物をすべて避けるのではなく、バランスよく食事をすることで腸内環境を整えることを心がけましょうね。

また、よく噛んでで食べることでガスが発生しにくくなります。

ガスがたまりやすい食べ物を食べる時は特によくかむようにしましょうね。

お腹にガスがたまるのを改善するには?

前の章でも紹介したように腸内環境はガスがたまりやすいことと関係しています。

なので、腸内環境を整えることでガスがたまることを改善できるといわれているんです。

腸内環境を整えるには

悪玉菌を増やさないように

善玉菌を増やす

これを意識します。

悪玉菌を増やさないようにするには

悪玉菌のえさになる食べ物を食べ過ぎない

便秘を改善する

ストレスをためないようにする

悪玉菌のえさになる食べ物は、
肉類
脂質
スナック菓子、甘いもの
です。

食べ過ぎないように注意が必要ですよ。

次に、善玉菌を増やすには

善玉菌を含むものを食べる

です。

具体的には発酵食品を積極的にとるようにしましょう。

加えて、善玉菌のえさになる

イモ類、海藻などの食物繊維が豊富な食べ物

大豆、ばなななどのオリゴ糖が豊富な食べ物

を一緒にとるとさらに効果的です。

腸内環境を整えるためにも善玉菌をたくさん含んだ食べ物を積極的にたべましょう!

さいごに

ガスがたまるとつらいですよね。
特に、人前などひたすら我慢するしかない状況だとほんとにつらい・・・

日ごろの食習慣や、生活習慣を見直してガスがたまりにくい体作りをしましょう^^

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました