ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

りんごの賞味期限と保存方法 冷凍はできる?簡単レシピも紹介

   

果物がおいしい季節になってきましたね。
我が家でも知り合いのおうちからりんごをたくさんいただくことがあります。

うちでは食べきれないほどなのでだいたいおすそ分けしてしまうのですが、それでも残ってしまう時があります。
りんごは好きなのでうれしいのですが、油断していると日にちがたってしまって「まだ食べれるのかな」と心配になることも。

できればなるべく長い間おいしく食べたいですよね~
そのためにはどんな保存方法がいいのでしょうか?

スポンサードリンク

りんごの賞味期限はどのくらい?

りんごの賞味期限は品種によってけっこうばらつきがあるんです。
短いものだと常温で1週間くらい、長いものだと保存状況にもよりますが3ヶ月以上持つものも。

たとえば「つがる」「紅玉」はあまり日持ちがしないといわれています。
「ふじ」「シナノゴールド」はけっこうながくて3ヶ月以上持つとも。

一般的に夏に収穫される品種よりも晩秋頃に収穫される品種のほうが賞味期限が長いといわれています。
が、やっぱり品種によっても冬に収穫されたものでも日持ちがしないものもあります。

もし家にあるりんごの賞味期限で迷ったら、見た目やちょっとかじってみて判断も良いですが、品種がわかればさらに判断しやすいですよ。

また、保存方法によっても日持ち具合は変わってきます。
次の章ではなるべく長くおいしいりんごを楽しむための保存方法を紹介しますね。

りんごの保存方法 冷凍はできる?

冷凍できたらりんごって長く保存できるかも!と思いがちですが、りんごは冷凍保存には向きません
特に生食をする場合は冷凍はおすすめしません。
おいしくないからです。

りんごの保存に適しているのは温度が0℃から5℃くらいの場所で比較的湿度の高い場所です。
なので、冬に温度の低い場所であれば必ずしも冷蔵庫に入れないといけないわけではないですね。
常温でおく場合は、温度湿度に注意してまめにりんごの様子を見てあげましょう。

保存の際はりんごを一つ一つラップでくるむか、新聞紙で包むようにして2~3コずつくらいビニル袋に入れて口を閉めておけば鮮度が長持ちします

スポンサードリンク

冷蔵庫で保存の際はりんごから出るエチレンガスでほかの食品に影響が出るので必ずビニル袋などに入れておきましょうね。

りんごを使った簡単レシピを紹介

冷蔵庫にも入りきらないし、常温だと温度が高すぎて・・・
という場合は、もう加工してしまいましょう。
加工すると冷凍保存や瓶詰めにして長期保存も可能なので、ジャムやコンポートにしてしまうのがおすすめです。

ということでりんごの簡単レシピを紹介しますね。

りんごジャム(砂糖なし)
甘ったるいジャムは苦手という方にはりんごの甘みと酸味を活かして砂糖なしジャムはいかがでしょうか。

材料
・りんご 2こ
・水 大さじ2
・レモン汁 小さじ1
・塩 少々

作り方
りんごを保存するビンを消毒しておきます。
りんごはくし切りにして皮、種をとったら2ミリくらいのいちょう切りに
鍋にりんご・水・塩をいれて弱火でことこと煮ます。(だいたい30分くらい)
ペースト状になったらOK
ビンに入れて1週間ほどの日持ちです。

たくさんつくって長く保存したいという場合は、冷凍保存にしましょう。
冷凍の際は小分けにしておいたほうが使いやすいですよ。

りんごのコンポート
これをつくっておけばパウンドケーキに入れたり、タタンやアップルパイをつくる時に便利です。
白ワインを入れてつくるのも風味が出ていいのですが、子どもがいる場合は白ワインなしのほうが良いかも。

材料
・りんご 2こ
・砂糖 40g
・レモン汁 小さじ3

作り方
りんごをくし切りに切ります。
鍋に材料を入れたら、弱火で煮ます。(20分くらい)
できあがり!
簡単!

こちらも保存ビンに入れて保存します。
長期保存の場合は冷凍がおすすめ。

生のりんごを食べるのに飽きたな~って時にもおすすめのコンポートです。

ジャムもコンポートも用途がたくさんあるのでつくっておけばあれこれ使えますよ。
ジャムは料理の甘み付けにもおすすめ。

さいごに

たくさんいただいたり、買ったりしたりんごもなるべくながく楽しめるようにしたいですね。
自分で購入する際は日持ちも考えて品種を選ぶと良いですよ^^
そのまま食べるものから加工までいろんなりんごを楽しんでくださいね。

読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事