ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

妊婦さんの冷え対策 おすすめのグッズと食べ物で冷え知らずに

   

こんにちは

だんだん冷えを感じる季節になってきましたね~

特に妊婦さんは普段以上に冷えを感じている方もいるのでは?
冷えるといろいろと体に影響が出てしまうので、なるべく冷えないように対策をしたいですよね。

私も妊娠時はいろいろと冷え対策をしましたよ~
出産した後も続けられるものはやっています。
冷えない体ってなかなかむずかしいですからね。

ということで、今回は妊婦さんの冷え対策について考えてみます。

スポンサードリンク

妊婦さんの冷え対策ってどうしてる?

妊娠中は冷えを感じや少ないですか?
冷える原因として
・血行不良
・ホルモンバランスの乱れ

などが言われていますね。

また、冷えは逆子の原因とも言われていますね。
私は妊娠6ヶ月頃まで逆子だったのですが、ある時整体もできる助産師さんのところに行き、体操をしたり、体を見てもらったりして、それが終わったころには逆子が直っていたことがあります。
あの時はほんとにびっくりしました。
ほんの2時間ほどの間の出来事でした。
体を動かすことで血行がよくなり体が温まったのだと思います。
なので、ママの体調はダイレクトに赤ちゃんに影響するんだと見も引き締まる思いでした。

基本的な対策はやっぱり冷えない服装にするというのが一番やりやすいのではないでしょうか?

私も妊娠時は夏でもレギンスなどをはいて冷えを予防していましたし、寒くなるとレギンスプラス腹巻や、ソックスなどで対応していました。
レギンスは2枚履きしていた時期もありましたね~
もちろん締め付けはよくないので、ちょっとゆったりするようなタイプのレギンスをおすすめしますよ。

私的に効果があって今も続けていることは半身浴です。
でも妊娠時は敏感になっているのか熱いお湯には浸かれなかったのでぬるーいお湯に毎日20分ほど浸かっていました。
もちろん体調次第で「今日はできないや」って日もありましたよ。
無理は禁物です。
ぬるいお湯でも20分くらい浸かっていればぽかぽかしてきて汗も出てきます。
湯冷めもしにくいですからおすすめです。
私の半身浴のお供はもっぱら本ですが、のんびり赤ちゃんに話しかけたり、リラックスタイムとしてもいいと思いますよ。

妊婦さんの冷え対策グッズ 私が愛用したもの

私が妊娠時に愛用して、今も続けているものは冷え取り靴下とお灸です。
冷え取り靴下はそれまでもやっていましたが、妊婦時は夏もしっかりはいてましたね。
基本はシルクと綿のソックスを交互に重ねて履くというものです。
いつも私が購入しているのはここです。
シルクふぁみりぃ
手ごろな値段で買えるのと対応が親切なのでいつもここです。

スポンサードリンク

そしてお灸。
私は刺激の少ないお灸を鍼灸院で購入して使っていました。
お灸ははじめは鍼灸師さんにツボの位置などを見てもらってからセルフケアするのがおすすめです。
ネットなどで調べればツボの位置はわかりますが、人それぞれ微妙に違ったりするので最初はプロに聞くのが良いかなと私は思います。
私は出産後のケアも鍼灸師さんに見てもらいましたが、プロにしてもらうお灸はやっぱり「効く~」って感じでしたよ^^
お灸は今も足の冷えを感じたり体調不良の時は利用します。
子どもが小さいので火を使うタイプは危ないと思い、火を使わないタイプのものを愛用しています。
これです。
せんねん灸 太陽
いつも三陰交にお灸をしているのですが、ここにお灸をするとくるぶしから足先にかけてあたたかくなるのを感じますよ。
おすすめです^^

妊婦さんの冷えを防止する食べ物は?

基本は和食をおすすめします。
わたしは妊娠前はあまり和食が得意ではなかったのですが、妊娠を期に今でも食事は和食が基本です。
ただ、夏場はお米を食べるのがつらい時があり、そうめんばっかり食べていた時期もありますが・・・

和食でも特に発酵食品をとるように心がけています。
発酵食品は冷え対策に効果があるといわれています。
冷えを体から取り除くためには体の中の酵素が重要とされていて、発酵食品を食べることで体内の酵素を有効に利用できるのです。
また、発酵食品は血の流れをよくするとも言われ、それが冷えの改善へとつながっていきます。

発酵食品あなどれませんよ。
改めて発酵食品に注目してみては?

発酵食品を摂取する時のポイント
冷えを取り除くために重要な役割をする酵素ですが、発酵食品の中の酵素は50~60度で機能しなくなってしまいます
なので、食べる際は可能なものは生のままがいいとされていますよ。

さいごに

妊娠中の冷えはつらいですよね。
赤ちゃんへの影響も気になりますし。
妊娠中を快適に過ごすためにも冷え対策をしっかりしておきましょうね。

残りのマタニティライフ楽しんでくださいね。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事