ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

大掃除のコツは?どこからいつから始める?効率のいいテクを紹介

      2015/11/02

こんにちは

大掃除って毎年していますか?

やろうやろうと思っていてもいつからはじめようかな~どこからはじめようかな~なんていううちにもう年末。
なんてことになっていませんか?

完璧でなくても掃除してきれいになった部屋だと気持ちも良いですよね。
なので、気持ちの良い部屋を目指して、大掃除をはじめてみませんか。

今回は大掃除の基本的なことをについてまとめてみました。

スポンサードリンク

大掃除をする時のコツは?

ちょっとしたコツで、スムースに効率よく掃除が進められますよ。

まずは計画を立てましょう
天気や体調によっても掃除ができる時、できない時があると思うので計画通りに進まない時もあるとは思いますが、まずは大まかに計画を。

たとえばこの週は「ベランダと窓」次の週は「トイレ・浴室・洗面所」そのまた次は「キッチン」という具合です。

そして大まかなスケジュールが決まったら、1日のスケジュールも決めてみましょう。
もちろん毎日大掃除をする必要はありませんよ。
1日数十分でも週末だけでも終わるように計画を立てれば大丈夫。
たとえば、ベランダや窓は日中に掃除したいので週末に、洗面台などは夜でもできそうですよね。

そして計画を書き出しておきましょう。

計画を立てる時のポイントは、不要なものを片付ける時間も計画に盛り込むことです。
意外と片付けに時間を取られて掃除が進まない、ってことありませんか?
あらかじめ片付けの時間も確保しておくといいですよ。

計画通りにできなくても、「ま、いっか別の日にしよう」ってくらいの気持ちでストレスにならない程度がおすすめです。
できなかったら別の日にすればいいのです^^

もうひとつコツは、ちょこちょこ掃除です。
大掃除期間だといっても毎日全力でする必要はありませんよね。
仕事から帰って疲れた体で全力で掃除なんてムリ~じゃないですか?

でも、ちょこちょこ掃除ならできそうですよ。
お風呂の最後に桶などをつけ置き洗いしておく、シャンプーボトルなどをきれいにふくとか、トイレのついでにちょっと床もふく、タンクをふくとか。
どうですか?
ほんの数分でできそうですよね。
これをしておくと後のそうじが楽ですよ^^

大掃除、どこから始める?

まずは、掃除の前に片付けです。
前の章で片付けも計画に入れましょうと書きましたが、片づけをしてからでないと効率がよくないですね。
まずは必要なものと、不要なものを分けて不要なものはどんどん処分しましょう。

必要かどうか決められないという場合は、どれくらいの頻度で使用したか、で分けてみましょう。
衣類であれば、まず毎年着るもの、去年着たもの、おととし着たもの、2年以上着ていないものなどで分けます。
2年以上着ていない物は処分するか処分できない場合はひとまとめにしておいて、次の年も出番が無ければ処分すると決めます。

スポンサードリンク

衣類以外のものも同じです。
溜まりがちな書類なんかも最低限残して処分しましょう。
紙類は意外とかさばりますよね。
必要なものはファイリングして整理整頓しておきましょう。
ファイリングしておくと必要な時に探すのも楽です。

処分方法としては、捨てられるものは捨て、まだ使えるものや捨てるのはしのびないなと思うものはフリマやオークションに出すのも楽しいですよ。
捨てる!と思うとなかなか手放せないものも、オークションに出そうかなと思うと手放す気持ちになる時もあるように思います。

そうして、不要なものを処分し、新しい収納スペースを確保して片付いたら、お掃除に取り掛かりましょう。

掃除は計画にそって進めるのですが、進め方のポイントとしては上から下に、外から内に、です。
まずは高いところからはじめて、最後に床の掃除で終える、部屋の隅から内側に向けて進める、という感じです。
たとえば、浴室であれば、天井や換気扇周りのほこりを取る→壁や扉、鏡→小物類→浴槽→床→排水溝、どこまで細かするかによって多少違いますがこんな感じで進めます。

大掃除はいつから始める?

さてさて、大掃除、いつから始めましょうか?
12月は何かと忙しく、急に予定が入る時もよくありますよね。
おさそいがあれば行きたくなりますものね。

なので、大掃除は余裕を持って始めるのをおすすめします。
具体的には12月に入ったらという感じですね。
12月にはいる前に計画を立てておいて、12月に入ったら大掃除をスタートしましょう。

もし、粗大ごみで捨てるようなものがある場合はもう少し早いほうが良いかもしれません。
私が住んでいる地域では市に申し込んで粗大ごみを引き取りに来てもらう日を決めるのですが、年末はやはり混みあっています。
せっかく掃除したのに捨てられずに年を越すってなんか・・・いやですよね。
なので、11月下旬ごろには捨てるものを目星つけてしまいましょう。

余裕を持って始めれば、多少計画通りに行かない時があっても軌道修正しやすいですし、切羽詰ってストレス!ってことも少ないですよ。

さいごに

大掃除ができると達成感もあるし、気分も良いですよね。
子育てをしているとなかなか思うように掃除が進まなかったりするので、平日はできる範囲で、週末は家族と協力して進めましょうね。
きれいな部屋で過ごす新年はやっぱり気持ちのいいものです♪

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もどうぞ

大掃除!網戸を簡単にきれいにする方法 洗剤は必要?内側からは?

大掃除で窓拭きを簡単にする方法 道具のおすすめと外側はどうする?

魚焼きグリルの掃除 内部や網の焦げはどうする?臭いのとり方も

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事