ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

布おむつの使い方!洗い方!作り方!

   

我が家は布おむつを使って子育てしています。
でも長時間の外出と夜は紙おむつです。
これといったポリシーがあるわけではないのですが、私が布おむつで育ったのと、布おむつでの子育てに興味があったので使ってみています。
布おむつは大変というイメージがあるかもしれませんが慣れればそんなに難しいものではないですよ。

布おむつの使い方 男の子と女の子の違いは?

はじめに布おむつって何枚くらい必要かということですが、個人差はあると思いますが私は35枚くらい用意しました。
35枚の布おむつを一日で使い切ることはないですが、雨で洗濯物が乾かなかったときのために多めに作りました。
あとから紹介しますが手縫いでつくってみましたよ。

おむつはだいたい30枚前後用意すればよいといわれています。
おむつカバーは3から5枚程度あればよいといわれています。

我が家は布おつむのカバーは最初に3枚、あとから足りなくなってもう3枚買い足しました。

布おむつはおしっこ、うんちのたびにかえてあげましょうね。
新生児のころは頻繁におしっこもうんちも出ますから、最初は大変かもしれないですが、慣れれば大丈夫。
おしっこやうんちが出たままおいてしまうとかぶれてしまうことがあるので、まめにチェックしてあげるといいですね。
おむつカバーは汚れたら交換する程度ですが、新生児のうんちはるゆるいのでけっこう頻繁にかえていました。(なのであとから買いたしました。。。)

布おむつにもいろいろと種類があります。
輪おむつを成形おむつです。

まず、輪おむつの使い方を紹介します。

たたみ方
1.輪おむつの長いほうの編を二つ折りにします。これで幅が半分になりました。
2.そのあと、短いほうの編を二つに折ります。これで長さが半分になりました。
3.おむつカバーにおいて準備完了。

ポイント
男の子は前側を折り返して厚みを持たせて、女の子は後ろ側を折り返して厚みを持たせるともれ防止になります。
おむつを赤ちゃんにつけたらカバーからはみ出したおむつはカバーの中へ押し込みましょう。もれ防止のためです。

次に成形おむつです。

こちらはたたむ必要がなくおむつカバーにちょうど収まるようになっていますので、そのままおむつカバーにおいて使います。

ちなみにライナーというものがあって、これを使用すると楽だと聞いたことがあります。
私自身は使ったことがないのでなんともいえませんが、うんちの処理が手早く済むそうです。
ライナーはおむつの上に重ねておいて使います。

スポンサードリンク

布おむつの洗い方 洗剤はどんなものを使ってる?

洗い方はそれぞれの家庭でいろいろとあると思いますが、バケツにつけおきしてから洗濯機というパターンが多いのではないでしょうか。
洗剤は赤ちゃん用ものもありますし、なるべく肌に優しいものをつかいたいですね。
粉の石けんもありますが、我が家では粉が溶けきらないことがあったので液体石けんを愛用しています。

用意するもの

バケツ
新生児のうちはたくさん布おむつを使うのでバケツは2コあると便利です。おしっこ用とうんち用と分けるためです。
うんち用にはふた付きのバケツもあるのでにおいが心配という方はこちらがいいかも。
我が家はふた付きを使っていました。

洗剤
赤ちゃん用の洗剤、セスキ炭酸ソーダ、洗濯せっけんなど。
我が家は普段から洗濯せっけんを使っているのでおむつも洗濯せっけんで洗っています。

あると便利なもの
小さめの洗濯板
うんちのときごしごしと下洗いしてつけ置きしていますが洗濯板を使うと汚れがらくに落ちます。

我が家の洗濯の仕方
おしっこ用のバケツ セスキ炭酸ソーダを入れておきます。
うんち用のバケツ セスキ炭酸ソーダと洗濯石けんを入れておきます。

おしっこのときはそのままバケツに入れます。
うんちはトイレに流して洗濯板を使って下洗いしてバケツに入れます。

翌朝に洗濯機で洗います。

特別なことは何もしていませんよ。そんなに難しくないですよ!

赤ちゃんが大きくなってくるとうんちの回数は減ってくるのでバケツはひとつでも十分になります。
うちはプラスチックのバケツとホーローのバケツを使っていたので、ホーローのほうはときどき煮洗いするのに使っています。

布おむつの作り方 手縫いでやってみよう!

気が向いたら布おむつを作ってみましょう。
私は産休に入ってからひまもありもともとものづくりが好きだったので手縫いでつくってみました。

用意するもの

さらし
私はドビー織りのもので作りました。

つくりかた

・さらしを140cmにきります。
・切った布を半分に折ります。このとき1cmほどずらします。半分に折った上側が1cm短いという具合です。
・下側の長い布を上側の短い布にかぶせるように折って縫います。
・もう一度布はしをくるむように折って縫います。

ミシンがある方はもちろんミシンで縫っても大丈夫です。
ちくちく手縫いをしているとなんだかおだやかなきもちになったものです。

 

さいごに

布おむつは初期費用がかかりますが、子供を2人、3人と考えている方にとっては長い目で見ると安くすみますし、ごみもでないという利点もありますが、無理は禁物です。
できる範囲で少し取り入れるというかたちでもいいと思っています。
すこしでも布おむつに興味があれば、気軽に取り入れてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

 - こども

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事