ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

えんどう豆の栄養は?旬は?調理法は?

   

豆好きの私ですが、もちろんえんどう豆も大好きです。
特に赤えんどう豆。

スポンサードリンク

甘味処に行くと豆かんを注文せずにはいられません。

そんなえんどう豆ですが、えんどう豆と一言で言っても、いろいろとあるんです。

さやごと食べるのは さやえんどう
熟さない実を食べるのは グリーンピース
さらに大きくなってさやと実の両方食べるのは スナップえんどう
完熟させてから乾燥豆として食べるのは 赤えんどう

いろいろと食べ方を楽しめるえんどう豆なのです。

えんどう豆の栄養は?

いろいろな食べ方のできるえんどう豆、どんな栄養が含まれているのでしょう?

細胞の老化を防止する働きのある ベータカロチン

疲労回復効果のある ビタミンB1

風予防によい ビタミンC

美肌効果や抗酸化作用のある ビタミンA

整腸作用のある 食物繊維

骨を生成するときに必要な カルシウム お魚や牛肉よりもたくさん含まれています。

だんだん暑くなると疲れやすくなってきませんか?
また、紫外線も強くなってきて影響を受けやすくなります。
そんなときにはえんどう豆を食べて健康促進!してみましょう。

えんどう豆 旬は?

えんどう豆の旬はいつでしょう?

旬は春から初夏までです。暑さには弱いえんどう豆です。
生のグリーンピースはほとんどが路地ものです。
ですので店頭に並ぶのは旬のときだけなんです。
ただ日持ちはしないので、すぐに食べないときは乾燥しないようにチャックつきポリ袋などに入れて冷蔵庫で保存しましょう。
長期で保存したいときは硬めにゆでて冷凍保存をおすすめします。

えんどう豆 調理法

おやつになるえんどう豆の調理法を紹介します。

えんどう豆のあんこ

スポンサードリンク

えんどう豆 適量
砂糖 餡の60パーセント程度量(甘さ控えめでつくる場合はもう少し少なくしてもOK)
塩ひとつまみ

1.お塩をひとつまみいれた熱湯でやわらかくゆでてお湯を切る。
2.暑いうちにすりこ木でつぶす。※
3.砂糖を入れて弱火にかけ、よく練る
できあがり

※えんどう豆の皮が気になるときはこしてください。 

甘納豆 

えんどう豆 100g
砂糖 50g~100g      
塩   ひとつまみ
グラニュー糖 適量

1.えんどう豆をさやからだし、ひたひたの水で煮る。
2.沸騰したら弱火にして10分程度煮てからお砂糖を入れる。
3.水気がすこーし残るくらいまで煮詰める。
4.グラニュー糖をお皿やバットに広げておいて、煮詰めたえんどう豆をその上に並べます。
5.一晩おいて出来上がり。

    
赤えんどう豆塩茹で

赤えんどう豆 100g
塩 小さじ1/2
重曹 少々

1.赤えんどう豆を洗い300ccの水に一晩つける
2.つけたお水ごと火にかける。
3.沸騰してから塩と重曹を加える。あくを取りながら弱めの中火で10分程度ゆでる。※
4.好みの硬さになったら出来上がり。

※ゆでている間は常に煮汁がひたひたにある状態を保つために水をさす。

私の大好きなものばかりです。
とくに赤えんどうの塩茹では、これでもかってほど豆を食べれるので大好きなのです。
この塩茹でを作っておけば、そのまま食べてもよし、お菓子作りが得意な方は豆大福にもよし、サラダに入れるもよしでお料理にいろいろとつかえますよ。
たくさんつくったときはゆで汁を切って冷凍保存もできます。

さいごに

春先からえんどう豆が出回ると必ず豆ご飯を作って食から春を感じています。
この時期ならではのおいしいたべものですよね。
たくさん栄養も含まれているので、旬をたのしみながら健康増進してみませんか。

スポンサードリンク

 - 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事