ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

アスパラガス 栄養は?保存方法は冷凍で?調理法も

   

春先から秋口にかけてが旬のアスパラガス。

スポンサードリンク

私の大好きは野菜のひとつ、アスパラガス。
我が家では生でもよし、加熱してもよしの大活躍野菜です。
アーユルヴェーダではアスパラガスの穂先にはエネルギーがあるとか・・・

そんなアスパラガスについて知ってみませんか。

アスパラガスの栄養は?

アスパラガスは疲労回復効果だるさをとる効果のある野菜といわれています。
それはアスパラガスにアミノ酸のひとつアスパラギン酸が含まれているからです。

また、貧血にもよいとされています。
貧血によいとされているビタミンの葉酸が含まれていますので、普段貧血がちな方はアスパラガスを積極的に食べてみるのもいいかも。

抗酸化作用のあるカロチン、ビタミンC、ルチンなどが含まれているのも特徴です。
特にルチンは毛細血管を丈夫にし、血行を促進する働きもあります。

アスパラガス 保存方法 冷凍?生でも?

アスパラガスは冷凍でも生でも保存できますが、収穫してから時間がたつと硬くなってしまうので、すぐに食べないのであれば冷凍保存がむいています。
また、乾燥しやすいので水が蒸発しないように保存します。

スポンサードリンク

アスパラガス保存法 生の場合

・ポリ袋にいれ冷蔵庫で立てて保存します。
・ぬれた布巾、キッチンペーパーなどに包んで冷蔵庫て立てて保存します。(鮮度が長持ちします。)

ポイント
立てて保存すること。

冷凍保存の場合

・硬めにゆでて、冷凍保存

ポイント
使うときは冷凍のままでOK

アスパラガスの調理法

アスパラガスの栄養を損なわないように調理するには

・少量の水で蒸す。
・ステンレスの多層構造鍋で水を使わずに蒸す。
・焼く、もしくは油を使わず炒める。

このような方法を使うと栄養があまり損なわれずにすみますよ。

ちなみにてんぷらなどにする場合は下ゆでをしないほうが、風味がよくなります。

また、アスパラガスの下処理でむいた皮は捨てずにアスパラガスをゆでるときのだし汁に使うこともあります。

さいごに

どんな風に調理してもおいしい私にとっての万能野菜アスパラガス。
お得にたくさん買えた日は、かしこく保存しておいしいアスパラガスをたのしみましょう!

スポンサードリンク

 - 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事