ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

栗の渋皮煮の作り方!コツと保存の仕方はこれ!初めてでも大丈夫!

      2016/08/24

f37d485aebbbdd34fbde8e1ca862066e_s
こんにちは

秋といえば栗!

そして
いも 栗 南京
女子の3大アイテムですよね~

私は、栗の時期はうっかりするとすぐ過ぎてしまうのでお気に入りの八百屋さんをよくチェックするようにしています。

で、栗が手に入ったら栗の渋皮煮を作ってみませんか?
渋皮煮って難しそう・・・
なんて思っていませんか?

確かに簡単ではないのですが、ていねいに作ればおいしいものができますよ~
自分で作ったものは格別ですよ♪

今回は栗の渋皮煮についてまとめてみました。

スポンサードリンク

栗の渋皮煮の作り方!シンプルだけどていねいに♪

渋皮煮はむずかしいように見えて作り方は意外とシンプルですよ。

栗をむく

あくを抜く

シロップに浸けて甘みをつける

簡単に説明するとこのステップです。

材料も
・栗
・重曹
・砂糖

この3つ♪

では詳しく作り方を見ていきますね。

あっ、その前に渋皮煮を作る時の栗は新しいものがいいですよ。
ずっしりと重みがあって、鬼皮に光沢があって、丸みがあるものを選んで小さな穴があったり傷があるものは避けるようにしましょうね。

材料
☆栗 1キロ
☆重曹 大さじ2
☆水 1リットル
☆砂糖 1キロ

作り方

1.栗の鬼皮をむく 詳しくはこちらの記事をどうぞ 
2.鬼皮がむけたら水につけておく。
3.鍋に栗が浸るくらいの水を入れ、重曹を大さじ1入れる。
4.火にかけ沸騰したら火を弱めことことと10分煮る。
(この時にあくが出てきますのでまめにとりましょう)
5.10分にたら煮汁を捨てます。栗はすぐに水にさらす。
6.栗をひとつずつ手でこすって余分な渋皮の繊維を取り除く。太い繊維は爪楊枝などを使う。
7.再度、鍋に栗とひたひたの水を入れて重曹を大さじ1入れる。
8.4~6を繰り返す。
9.栗を多めの水で煮る。(沸騰した後弱火で)
10.栗が柔らかくなったか確認。
11.やわらかくなっていたら煮汁を捨てる。
12.栗、水1リットル、を鍋に入れ、砂糖を2~3回に分けていれ、沸騰したら極弱火で5分ほど煮る。
13.火を止めたら、鍋のまま常温で一晩置く。

スポンサードリンク

これでOK!
工程は多いですが、やることは簡単。
砂糖の量はお好みで調節してくださいね。

栗の渋皮煮を作り方のコツはこれ!

では、作る際のコツをまとめてみますね。

・鬼皮むきにはあつかいやすい包丁を(私はぺティナイフを使います)
・鍋はホーローかステンレスのものを
・重曹を入れて煮る時はボコボコと沸騰させない(栗が破裂してしまいます)
・栗の繊維をとったり洗ったりする時は手早くしてなるべく空気に触れないように(空気に触れると渋皮が破れやすくなります)

一番のコツは栗をていねいに扱うことです。
ていねいに扱えば仕上がりもきれいですし、何より愛情がこもっておいしくなります♪

栗の渋皮煮の保存の仕方はどうすればいい?

出来上がったら、すぐに食べてももちろん問題ないですけれど、せっかく作ったのだから、保存して長く食べたいなあと思うのは私だけではないはず!
なのでここでは保存方法を紹介しますね。

まず、渋皮煮の準備です。

一晩おいた渋皮煮の糖度をあげるためにもう一度火を通します。
(栗のなかが温まる程度)
火が通ったらそのまま常温で1日置きます。

保存ビンの準備

熱湯消毒などをして清潔にしておきます。

では、渋皮煮をビンに入れます
その際渋皮煮に火を入れて熱々にしておきます。
熱々の状態で栗もシロップも一緒にビンに入れます。(ビンが割れないように注意!あらかじめビンをあたためておくと割れにくくなります)
なるべくビンの口まで入れるようにしてすばやく蓋をします。

ここまででもある程度保存ができますがさらにビンを煮沸することによって長期保存ができます。

ふたを軽く閉めたビンを鍋に入れ水をふたより下まで入れます。
火にかけて沸騰してからされに20~30分火にかけます。
その後ふたをしっかり閉めます。
これでOK♪

ポイントは小分けにして保存することです。
小分けにしておくと少量使う時も使いやすいんです。

さいごに

栗をむくのがちょっと大変ですが、渋皮煮はやっぱりおいしいです♪
ちょっと手間をかけて作る時間も贅沢ですよね。
今年は渋皮煮に挑戦してみませんか?

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もどうぞ
栗の鬼皮のむき方の簡単な方法は?コツは?意外な方法とは?

栗の渋皮煮のシロップを再利用!ケーキレシピも紹介♪

栗の賞味期限は常温でどのくらい?おいしい保存方法と冷凍についても

スポンサードリンク

 - 手作り, 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事