ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

紅葉を見に京都へ!子連れにおすすめの場所は?お土産は和菓子を

      2015/08/21

こんにちは

紅葉って見に行かれますか?

どこの紅葉もきれいですが、やっぱり一度は京都の紅葉を見に行ってみたいですよね~

でもうちには小さい子どもが・・・
でも大丈夫!

今回は子連れで京都の紅葉を見に行くのにおすすめの場所を紹介しますね

スポンサードリンク

紅葉を見に京都へ子連れで行こう

まず、京都の紅葉を見に行くのかかなりの人出なのでそれなりの覚悟を決めて行きましょうね。
それでも京都の紅葉は見る価値があると個人的には思うのです。

紅葉で有名なところは「東福寺」「永観」「南禅寺」などですよね。

でも、今回はこどもと一緒なのでなるべき行きやすいところをおすすめします。
行きやすいというのは地下鉄・電車の駅から近いというのを基本にしています。
京都の移動はバスが主ですが、バスは場所によってはかなり混みますし、ベビーカーを使っての移動となるとバスはけっこう大変だと思います。

二条城 地下鉄二条城前からすぐ。

下鴨神社(糺の森)京阪出町柳駅から、糺の森まで徒歩12分。
地図


開閉門時間
5:30~18:00

南禅寺 地下鉄蹴上駅から徒歩15分。
地図

期 間          拝観時間
12月1日~ 2月28日  8:40~16:00
3月1日~11月30日  8:40~17:00

料金
方丈庭園 三門 それぞれ 一般500円 高校生400円 小中学生300円
南禅院 一般300円 高校生250円 小中学生150円

平安神宮 南禅寺から徒歩15分

このあたりならベビーカーがあっても移動しやすいかと思いますよ。
どこの紅葉もきれいなのでおすすめです。

紅葉を京都で見るのに子連れおすすめのところは?

紅葉は見たいけどあまりに混雑していると子供もいるので大変かな~という方には神社、お寺以外の場所で紅葉を堪能してみてはいかがでしょう?
紅葉がきれいな場所で子連れにもおすすめのところありますよ。

京都府立植物園
入園時間 7:30~16:00(閉園17:00)
休園日 12月28日から1月4日まで
入園料 一般200円 高校生150円 中学生以下無料
アクセス 市営地下鉄「北山駅」下車3番出口すぐ

大きな芝生の広場もあるのでのんびりとできますよ。
あまりお寺や神社のような観光地というわけではありませんがではありませんが、こういう紅葉の楽しみ方も良いのでは?

スポンサードリンク

京都御苑
アクセス 市営地下鉄烏丸線丸太町駅1番出口より 徒歩約1分

なかには広い休憩所もあり食事もできますよ。
「母と子の森」という場所があり秋にはきれいに彩られます。
24時間開放されていて誰でも無料で利用できます!!

叡山電車の市原駅~ニノ瀬間「もみじのトンネル」
電車に乗って紅葉を楽しむのもまたいいですよ。
約250メートルのもみじのトンネルを電車がくぐり抜けるんですよ。
いつもとは違う角度で見る紅葉も素敵です。
特にお子さんは乗り物が好きだったりしませんか?
もちろんこどもだけでなく大人もテンション上がります。

京都の紅葉を見たら和菓子をお土産にしよう

せっかく京都に行ったら紅葉だけ見て買えるのではもったいないですよね。
お土産にはぜひ和菓子を!
なのですが、子連れだとあちこち回るのはちょっと大変。

ここはデパートを上手に活用しましょう。
デパートにはたくさんの有名和菓子店のお店が入っているのでこちでいろいろと探してみましょう。

たくさんありすぎて迷ってしまうかもしれないのでおすすめの和菓子を紹介しますね。

中村藤吉 生茶ゼリー
JR京都駅西改札口前 スバコ・ジェイアール京都伊勢丹3F
銘茶売場 11:00~21:15
カフェ 11:00~22:00(L.O.21:15)

抹茶の味を堪能できる濃さとのど越しのよさはぜひ試してみる価値ありですね。

阿闍梨餅本舗 京菓子司 満月 阿闍梨餅
JR京都駅西改札口前 ジェイアール京都伊勢丹B1F
営業時間 10:00~20:00

もっちりした皮、ぎっりつまった餡、たまらないですね~

三條若狭屋 ちご餅

京都駅ビル専門店街 The CUBE
営業時間 8:30~20:00(季節により時間変更あり)

白味噌を甘く炊いて求肥で包んであるちご餅。祇園祭に伝わる和菓子です。

ほかにもたくさんたくさんあるので見るだけでもたのしいですよ!
デパートにいろいろそろっていると便利ですよね。
伊勢丹は改札出てすぐの場所にあるのでさらに便利。
子連れでも京都の味を楽しめます^^

さいごに

こどもと紅葉を見に行くのも楽しいですよね。
きれいな紅葉をバックに写真撮影もしておきたいですしね。
子連れでも京都を楽しみましょうね。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 行楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事