ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

夏休みの宿題を手伝う?やらせるには?共働きの家庭ではどうしてる?

   

こんにちは

夏休みの宿題、計画的にするほうでしたか?早めに終わらせるタイプ?

ちなみに私は最後にひーひー言いながらするタイプです。
中学高校では、少し学習して、夏休み後半に計画を立てて終わらせていました・・・
初日からそうすれば良いのに・・・・

親になると、ついつい早めに終わらせなさいよ~やったの~なんて口を出したくなりますよね。
でも口うるさく言ったからといって子どものやる気が出るわけではないのですが・・・
なかなかむずかしいですね。

今回は夏休みの宿題をこどもにどうやってやらせるのかについて考えてみました。

スポンサードリンク

夏休みの宿題手伝う?どうやって接する?

さてさて、夏休みに入ってしばらくたつのに、宿題が思うように進んでいない様子の子どもの姿、夏休みあるあるですよね。
そんな時どうします?
宿題、手伝いますか?
がみがみと小言を言いますか?

どうするのが一番良いのかは子どもの性格などがあるので一概には言えないのですが、思うように進んでいない場合は手伝ってあげるのも手です。

でも、宿題そのものを手伝うのではなくどうやってすすめるか、楽しくすすめるにはどうするか、など宿題にどう対応するかを一緒に考えて見ましょう。

たとえば、宿題の進め方の計画を一緒に考えて、今日はこの宿題をここからここまで、という具合に決めていきます。
前の日の夜に明日の計画を一緒に決めて、翌日はそれにのっとってすすめる、もしうまくいかなければその日の夜にもう一度一緒に考えてみて、翌日の計画を作る、を毎日やってみます。
そうすると、こどもがどこがうまくできて何が苦手かを具体的に把握できますし、こどもも親が見てくれている安心感を得やすいと思うのです。
計画は親がリードして考えますが、こども自身で決めるようにしましょう。
やっぱりやらされている感があるより、自分で決めてやっていると思えたほうがやる気が出ますよね。

楽しくすすめるには、子供が興味を持っていることに関連付けるように説明すると良いかもしれませんね。
また、ゲームのようにこれをクリアするとボーナス得点(すきなおかずやおやつがもらえる等)があるとか、これがクリアできないと罰ゲームとかちょっと遊び心のある進め方を考えると宿題も楽しくできるのでは?

夏休みの宿題を自分からやらせるようにするには?

なるべくなら、親に言われなくても自分から宿題をできるようになってほしいですよね。
親だってがみがみ小言を言いたくないですよね。

まずは1日のタイムスケジュールを決めてみましょう。
時間割風でも円グラフでもいいので子ども本人に時間ごとにやることを決めてもらいます。
宿題の時間も決めてその時間内は宿題をやるようにします。

タイムスケジュールのなかには親が子どもの宿題を見る時間も作って一緒に取り組んでみるとどんな問題が得意で、うまくいかないところがあるかどうかも確認することができるのでおすすめですよ。

一緒に宿題をしている時は、できたところは認めて、楽しく宿題をすすめられるような雰囲気をつくってみましょうね。
できないところを怒られたりすると子どものやる気は出てこないですよね。
一緒に宿題をする時間を子どもが楽しみにしてくれるようになれば、宿題の進み具合もよくなるのでは?

スポンサードリンク

よくこどもを褒めましょうといわれることがありますが、これはやり方によっては逆効果になるとこがるので注意しましょう。
こどもが小学校低学年くらいの時は褒めることで勉強をがんばっていきますが、高学年になると自我も強くなり自分で目標を決めてがんばって行く時期になります。
なので、親は小さいうちは褒めて勉強をするような雰囲気を作ってから、だんだんと自分で何を勉強したいか、どう勉強したいのか考えるように移行するようにサポートできるといですね。

また、アドラー心理学では、親は子供の課題に踏み込まないとしています。
具体的には勉強をしない子供に、「勉強をしなさい」というのはこどもの課題に踏み込んでいるといわれています。
かといって子供を放任するということではなく何をしているか知り、見守るということです。
そして、必要な時はサポートするということを伝えておくことも大切です。

以前心理学を勉強していた時に教わったことですが、相手に気持ちを伝える時には
アイメッセージ
を使うと良いということです。
アイメッセージとは「私」を主語にして話すということです。

子育てに当てはめて考えてみると、
・○○ちゃんが自分で宿題やってくれるとお母さんうれしいわ~
・○○ちゃんがおてつだいしてくれてお母さんとっても助かったわ~
などと感謝の気持ちをアイメッセージを使っていうことによって子供に喜びの気持ちを与えることがポイントです。

夏休みのこどもにもこの方法を使ってみては?

夏休みの宿題を共働きの家庭ではどうやってみてあげる?

共働きの家庭だと宿題を見てあげる時間を作るのはなかなか大変ですよね。
また、仕事に行っている間は子供が勉強していても見てあげられることができません。

なのでここでは二つのことを提案してみますね。

・夕食後を宿題を見る時間として、ごはんの後食卓で宿題をしてみる。
お母さんお父さんは付きっ切りでなくてもそばで見守りながらで、何かわからないところがあった時にサポートするようにしてみる。

・日中はお父さんお母さんはお仕事がんばってくるから○○ちゃんは宿題やっておこうね、と声がけをする。
口うるさくいうのではなく、さらりと一言言う程度にする。
もしできていなくても怒ったりしないでくださいね。
そんな時はアイメッセージを使ってください。

・○○ちゃんが宿題やってなかったからお母さん悲しいわ~

など、私は○○だわという言い方をしてみてくださいね。
結果を急がないで気長にやりましょうね。

さいごに

夏休みに子供と過ごすと楽しいこともたくさんありますが、小言を言いたくなることもありますよね。
特に宿題は親はやきもき・・・
今回の記事を参考にしていただけるとうれしいです。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - こども

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事