ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

らっきょう 漬け方は?時期は?効能はあるの?

      2015/03/17

カレーのおとも、らっきょう。
脇でいい味出していますが、ちょっと地味ならっきょう。

スポンサードリンク

そんならっきょうのこと知ってみませんか?

らっきょうの漬け方 簡単に!甘くない漬け方!

私の実家では毎年のように母がらっきょうの甘酢漬けをつけていましたし、祖母も田舎の畑にらっきょうを育てて甘酢漬けにしていました。
というわけで私はらっきょうイコール甘酢漬けと思っていたのですが、甘くないらっきょうもあるんです。
といっても、らっきょうは甘酢漬けにする前に塩漬けという工程があるのですが、その塩漬けを食べちゃうということです。
なので、基本の塩漬けらっきょうを作ったらそのまま食べてもいいし、甘酢、はちみつ、しょうゆ、みそなどに漬けてアレンジができます。

簡単ならっきょう塩漬けを紹介しますね。

らっきょう(土付き)1キロ
あら塩 100グラム
水 適量

・らっきょうは水洗いして泥を落とします。
・ひげ、芽を切りそろえます。
・塩をまぶして容器に入れます。
・ひたひたのの水をいれらっきょうが浮かないようお皿などをかぶせます。
・冷暗所に2週間くらい置いておきます。
・だいたい2週間から1ヶ月くらいで食べごろになります。

食べるときは薄い塩水で塩抜きしてくださいね。

スポンサードリンク

食べるのが楽しみですね。

らっきょうの漬ける時期は?

つけ方はわかったけど何時つければいいのでしょう。
らっきょうの旬は5月頃からです。
なので5月から6月いっぱいくらいまでが漬け時です。

らっきょうの効能 血液に?

らっきょうにも効能あるんですよ。

・血液をさらさらに
らっきょうの香りに含まれている硫化アリルが血液をさらさらにする働きがあります。
酢漬けなどにしてお酢と食べることによって血液浄化作用が高くなります。

そのほかにも
・整腸作用
らっきょうに含まれている食物繊維が便秘を解消します。

・美肌作り
ビタミンC、ナイアシン、ケイ素など美肌作りに欠かせない栄養が含まれています。

などの効能もありますよ。

さいごに

個人的にはらっきょうが大好きな父のためにかせっせと毎年らっきょう甘酢漬けを作る母のことを思い出して、らっきょうをみるとほのぼのしてしまいます。
塩漬けも簡単に作れますので、旬のらっきょうを漬けてみませんか?

スポンサードリンク

 - 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事