ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

防災用品で最低限必要な物は?役立ったものは?置き場所はどこに?

   

こんにちは

地震や火山の噴火などのニュースがあるとまた大きな地震が来るのかな、とそわそわしてしまう私ですが、防災用品を用意してるかたはどれくらいいるのでしょうか?

実際用意する時はどんなものを用意すれば良いのか迷いませんか?
あれもこれもと用意すると持ち出せないくらい重くなってしまい実用性がないな、とか、じゃ、最低限必要な物は何かな、とか。

我が家は小さな子供もいるのでそのことも考えないと・・・

いろいろと考えてしまう防災用品ですよね。

そんな防災用品について今回はまとめてみました。

防災用品で最低限必要なものは?

一般的に防災用品は一次持ち出し用と二次持ち出し用に分けておくとよいとされています。

一次持ち出し用・・・災害発生後すぐに持ち出すもの
二次持ち出し用・・・避難後、自宅に帰れる場合に改めて持ち出すもの

このようになっています。

今回は特に一次持ち出し用について考えてみます。
災害発生語持ち出すものなので最低限必要なものにとどめておきたいですよね。

一次持ち出し用に適している荷物の重量は、男性は15kg程度女性は10kg程度といわれています。
わたしも避難ではなく旅行で10kg程度のリュックを担いでいましたが、このくらいなら何とかなる重さだと思います。
もちろん個人差はあると思いますが、ちなみに私は小柄で身長は150センチありません。
ただ子供がいると子供を抱えて逃げることも考えられるので、小さい子供がいる時はいつも持ち歩いているマザーズバックにプラスして、ホイッスル、マルチツール、LEDライトを入れておき、いざという時はこのバックを持ち出しましょう。

バッグの形状はもちろんリュックタイプです。両手が開くので、断然リュックがおすすめです。

次は、中身は何を入れたら良いかということですよね。
生き延びるために最低限必要なもののリストを紹介しますね。

最低限リスト

○基本
懐中電灯 (LEDか電池不要のものがおすすめ またヘッドライトタイプのものが両手が使えて便利です。)
予備電池
応急処置のための薬 絆創膏
さらし (包帯代わりや子供をおんぶしたりするのにも使えます)
ラジオ (電池不要タイプがおすすめ)
ホイッスル

○食糧品
食べ物 (調理しなくて食べれるもの、軽い入れ物に入っているもの、3日分は用意します)
水 (500ml最低でも1本はいれておきましょう)
チョコレート 飴

○その他
レインコート (アウトドア用がおすすめ) 
服 (下着を含めて用意します)
軍手・タオル (圧縮してあるものを準備するとかさばらずにすみます)
マスク
ウェットティッシュ
生理用品(袋から出してチャックつきポリ袋に入れて空気を抜いておきます)
トイレットペーパー(芯を抜いてつぶしておきます)
めがね・コンタクト

スポンサードリンク

マルチツール
エマージェンシーブランケット
ブランケット
紙とペン
ガムテープ
ゴム手袋
新聞紙
スプーン・フォーク 
ライター
ビニール袋

○赤ちゃん子供用品
ベビーフード
ミルク
使い捨て哺乳瓶
おむつ
おしりふき
子供の靴

現金 (小銭を用意しておきます)
家族の写真
連絡先一覧
健康保険証のコピー

防災用品で実際に役立ったものは

では、実際に防災用品で役に立ったものとはどんなものなのでしょうか。
実際に被災した方のお話のなかで役に立った防災用品が紹介されていたので、リストにしてみます。

役に立ったもの

ラジオ
マスク
生理用ナプキン
ウェットティッシュ・キッチンペーパー
赤ちゃんのおしりふき (お風呂に入れない時に体をふくことができる)
折りたたみ式バケツ
ポリタンク(お水の配給をしてもらう時に使う)
アウトドア調理器具
カセットコンロ
サランラップ(食事の時にお皿に引いて使う。お水が限られているので食器を洗うことが困難なため)
紙とペン
ポリ袋

物以外には

寝室には靴

適度な近所づきあい

人脈

強靭な精神力

防災用品はなるほど自分の防災用品リストに加えようと思えるものばかりですよね。

物以外の役立ったもの、これがけっこう重要度が高いと思います。
いざという時にお互い助け合えるご近所さんや人脈があると心強いですよね。

我が家も夫婦ともども実家は遠方ですが、偶然近所に友人の実家があるので普段から何かとお世話になっています。
こういう目に見えないものも普段から大切にするようにしたいですね。

防災用品の置き場所はどこにする?

せっかく用意した防災用品、防災用持ち出し袋、いったいどこに置いたらいいのでしょう。
クローゼットの中ではいざという時に取り出せなさそうですし・・・

・各部屋に防災持ち出し袋を置く
・玄関や窓などの脱出するであろう場所に置く
・物置に置く

こんなところでしょうか。
普段の生活がありますからあまり邪魔になるところには置けないけれど、すぐに出せるところじゃないと意味がない、意外とむずかしいですよね。

我が家の場合はリビングにいることが多いので、リビングの隅の家族以外にはちょっと目に付きにくいところを考えています。
それと玄関ですね、やっぱり。

その家庭によっていろいろと都合のよしあしがあると思うので一概には言えませんが、ちょっと目に入るようなところにおいておくと、見えるたびに防災のことや、袋の中身のチェックしないとななど忘れてしまわなくてすみます。
なので、我が家では全く見えないところにしまうのではなくて、すこし意識できるような場所へ置いておくようにと考えています。

さいごに

やらなくちゃ、そろえなくちゃと思いながら後回しになりがちな防災用品。
私も1人暮らしのときはなんとかなるとのんきに構えていましたが、子供の誕生とともに真剣に備えることを考えました。
備えあれば憂いなし。
最低限のものは揃えておけば少しは安心できるかも知れないですよね。

読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 防災

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事