ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

梅シロップの砂糖が溶けないときは?沈殿させないためには?

   

こんにちは

今年も梅シロップを作った方たくさんいるんじゃないでしょうか?

もちろん私もつけましたよ~

今年は梅2キロ分を仕込みました。

ところで、梅シロップを作るときにこまったな~ってことないですか?
そう!砂糖が溶けない!

私もその1人です。

以前に書いた梅シロップの作り方 の記事にも書きましたが、氷砂糖が溶けやすいんですけれど・・・
今回は違う砂糖で作ってみたのです。
案の定、砂糖は底に沈殿・・・

でも大丈夫!
何とかなるかも!

で、今回は、うちの梅シロップの砂糖がどうなったかを紹介しますね。

スポンサードリンク

実際に梅シロップの砂糖が溶けないときに試したことは?

さてさて、うちの梅シロップは見事に砂糖が溶けなくて底に沈殿してしまいました。
はいこれです

IMG_1517
さかさまですが、この写真で上のほうにあるのが溶けない砂糖です。
ちなみに今年は、粗製糖とてんさい糖を混ぜてみましたので、色がかなり濃いというか茶色になっています。
上白糖や氷砂糖で作ればみどりがかったきれいな透明になりますよ^^

で、この砂糖を何とかしたくて試したことは・・・・

ビンをさかさまにして置く

ビンを強めにごろごろする

これです。

これだけです。
だから写真の保存ビンは逆さまなんです。
で、どうなったかというと
これです。

IMG_1523
とけたとけた、溶けましたよ~

もちろん、溶けなかった場合は以前の記事で書いたようにホーローの鍋などにシロップと砂糖を入れて火にかけて溶かすという方法もありますし紹介しました。
でも私はこれは、最後の手段にして、それまでにできることがないかな~と思ったのです。
だって、シロップを鍋に移すときに手がべたべたするし、ちょっとめんどう・・・だなと思いまして・・・

次の章で具体的にどうやったかを紹介しますね。

梅シロップの砂糖が溶かす方法をするときの注意点は?

ビンをさかさまにして、その後ごろごろの方法はいたって簡単、書いてある通りなのですが注意点もあわせて紹介しますね。

スポンサードリンク

1.ビンをさかさまにして置く
いきなり長時間置くのではなくて、シロップが漏れてこないかを確認するためにも20~30分くらいおいて様子を見てみましょう。

2.その後もれがないようなら、一晩さかさまにしたままおいて置く
このとき万が一もれがあるとせっかくのシロップがもったいないので下にトレイなどをひいておくと良いですよ。

3.ビンを横倒しにして両手を前後させながらビンをごろごろさせる。
こうすると少しずつ溶けて来ます。いきなりどさっとは溶けないので根気よくしてみましょう。

まだとけないな~というときは1~3をもう1回繰り返してみてください。
うちの梅シロップは2晩かかりました。

この方法をするときの注意点!!

ビンのふたがきちんと閉まっているか確認。
うちぶたのあるタイプはうちぶたも確認。
さかさまにしてももれないか確認。

これをしておかないとせっかくのシロップがもったいないことになってしまいます。

ちなみにうちのビンはうちぶたがあるタイプできっちり閉めていましたけど、用心のため下にバットを敷いてその上にさかさまにして置いていました。

梅シロップの砂糖を沈殿させないためにすることは?

そもそも、砂糖を沈殿させないためにできることは・・・

☆砂糖を加えるときに砂糖を分けて入れる。
どういうことかというと砂糖をあらかじめ4等分くらいにしておいて、最初に1/4、3日後に1/4という具合に加えるのです。
さらにまめにびんを揺する、ごろごろするが大切です。

やっぱり氷砂糖に比べて粗製糖、てんさい糖はちょっとまざりにくい、固まってしまいがちだな、というのが個人的な感想です。
なので、なるべく手間をかけずに溶けてほしいわ!というときは氷砂糖が無難だと思います。

あと、ビンの下に砂糖がたまるんなら砂糖の量を減らしては?とも思うのですが、砂糖を少なくしてしまうと梅のエキスが抽出されにくくなるのでやっぱり梅と砂糖は1:1が失敗がないように思いますよ。

でも少しくらい砂糖が溶け残っていても大丈夫。おいしくいただけますよ♪

さいごに

梅シロップをつける青梅が出回る時期はほんの少し。
だからこそ梅シロップを作るのも飲むのも楽しみですよね~

今回は何とかお砂糖は溶けてくれたので、来年はまたいろいろと試行錯誤しながら梅シロップを作ってみようと思っています♪

梅シロップができたあとの梅の利用法の記事も参考にしてくださいね

読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 手作り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事