ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

熱中症対策は高齢者にも重要!予防や室内での注意を紹介

   

こんにちは

暑さが体にこたえてきますね。
こんな時期には熱中症の心配もありますよね。

特に高齢者は暑さを我慢したりする傾向があるので家族はやきもきしたりするのでは?
ニュースで高齢者が熱中症で病院に搬送されたなどと聞くたびに他人事ではないなと思いますよね。

今回は高齢者の熱中症対策について紹介しますね。

スポンサードリンク

熱中症対策は高齢者にも重要なんです

高齢者は、加齢に伴って汗をかきにくくなることなどに伴い体温調節機能が低下しています。
そして、水分の摂取が少ないことなどから熱中症になりやすいといわれています。

加齢によって体の機能の低下に伴って熱さを感じることが鈍くなったり、のどの渇きに気付きにくくなったりするのも熱中症になる要因といえるのではないでしょうか。

高齢者の家族のなかにも熱中症の心配をされている方がたくさんいるのではないでしょうか?

熱中症対策をすすめても

水分を取りたがらない
エアコンがきらい

などの理由から思うように対策ができないこともあるのではないでしょうか?
嫌がるものをさせるのはなかなかむずかしいことですが、熱中症は命にかかわることもあるのでほうっておけないですよね。
熱中症対策のお話をするときも高齢者の気持ちを大切に、意見を否定しないようなかかわりができると少しは伝わるかもしれません。

熱中症対策で予防するにはどうしたらいい?

ここでは、熱中症を予防するにはどうしたらいいか考えてみます。

熱中症で一番気をつけないといけないことは脱水症状にならないようにということではないでしょうか。
でも、高齢者のなかには水分をたくさんとるのがむずかしいという方もいらっしゃいます。

スポーツツドリンクをすすめても飲みなれていない場合は、なかなか飲んでくれない可能性もありますよね。
飲む場合ものどが渇く前に飲み物を飲むのが効果的なので、普段から飲みなれている飲み物を時間を決めて少しずつでも飲めるようにアドバイスしてみましょう。

ポイント
一気にたくさん飲むのみ方ではなくチョコチョコ飲むのがいいです。
普段からのみ慣れているものでも利尿作用のあるものは控えるようにしたほうが良いです。

水分は食べ物からも摂取するので、飲み物を飲むのがつらい場合は食べ物から摂取することも考えてみましょう。
特に夏野菜には水分が多く含まれていますので、飲み物だけではむずかしいときはおすすめします。

夏野菜をぬかづけにしてみたり、浅漬けにしてみたりすると食べやすくなると思いますよ。

また味噌汁やスープにすると飲みやすいときもあるので、高齢者の方の好みをよく聞いてみましょうね。

スポンサードリンク

またおやつに水分を多く含むゼリーやプリンを食べるのも良いですね。
スポーツ飲料をゼリーにしてみると案外食べてくれる場合があります。
その際はかわいい容器に作ってあげたりするとちょっと気分も変わっていいですよ。
ゼリーだと作り置きもできるのでまとめて作って曜日を書いたシールを目印にしておくのもおすすめです。

また、シャーベット状にすると食べやすいこともあります。

高齢者の体調や気分に合わせて食べ物飲み物で水分を摂取できるように声をかけてあげられるといいですよね。

遠方に住んでいる場合でもまめに連絡をして、コミュニケーションをとるようにしましょう。

熱中症対策を室内で注意することは?

室内で注意することといえば室温ですよね。
エアコンを使って適切な室温にしておけば熱中症は予防できるのです。

しかし、家族が熱中症対策のためにエアコンを使うことをすすめても本人がいやがって、または節電といってエアコンを使わないことってありますよね。
なかには夏は暑いのは当たり前、エアコンは贅沢だと考えていたり、エアコン自体がきらいという方もいるようです。

確かに夏は暑いのは当たり前かもしれませんが、高齢になると体の機能も低下してくるので、やはりエアコンなど使って熱中症対策してほしいですよね。
エアコンがきらいというのはなかなか厄介です。
どういうところが嫌いなのか聞いてみて、エアコンの使い方を工夫してみましょう。

温度計、湿度計を部屋のよく見えるところにおくのもいいですよ。
体感温度だけだと我慢しようと思えばできてしまうものですが、温度を数字で見るとインパクトがあります。
たとえば35℃と数字を見るだけで、暑いんだと認識できるのでは?

熱中症の危険性をお知らせしてくれる熱中症計という商品もあるので試してみるのもいいですよ。
温度湿度を自動で計測して熱中症の危険をブザーなどでお知らせしてくれるものです。

そのほかにも、室内の空気が動くように風通しをおよくしたり、扇風機、送風機を使いましょう。
風が体にあたるのがいやな場合もあるので、風が当たらないような場所に設置するなど工夫してみましょう。

すだれやよしずを利用して直射日光を入れないようにしましょう。
これは我が家でもしているのですが、かなり効果があります。
西日がきつい部屋に日よけのシェードをつけると室内の温度が上がりにくくなりますね。

それでも心配というときは、日中はデイサービスに行ってもらうのはどうでしょうか?
デイサービスならエアコンのきいた室内ですし、スタッフが様子を確認してくれます。
1人で家にいるより誰かと快適な室内で過ごすほうが楽しい場合もありますよね。

さいごに

高齢者の熱中症対策は、本人がその気になってくれないと思うようにできないですよね。
昔の夏とは違い、気温がかなり高くなるのでその辺をしっかり理解してもらえるといいのですよね。
対策をしっかりして熱中症を防ぎましょうね。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事