ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

宮島の花火の日程は?場所取りはどうする?観光を短時間でしてみよう

      2016/08/10

こんにちは!
突然ですが、宮島の水中花火はご覧になったことありますか?
この花火の正式名称は「宮島水中花火大会」
そう、水中花火なのです。

水中花火って何?って方もいらっしゃいますよね。
その名の通り水中花火船から海中に投げ込まれる花火のことなんです。

この動画を見てください。


3分50秒あたりからの花火と大鳥居のシルエット。
これぞ宮島の花火です。
大鳥居と花火の幻想的なコンビネーション。
見る価値アリです。

今回は宮島の花火について紹介しますね。

スポンサードリンク

宮島の花火の日程は?

今年の花火の日程は

2016年8月11日(木)祝日

19:40から20:40

打ち上げ場所は

厳島神社大鳥居沖合い400メートルの海上の打ち上げ台船

宮島までのアクセスは

・電車
山陽本線 JR広島駅→約25分→宮島口→フェリー→約10分→宮島

・路面電車
広島電鉄 広島駅→広電宮島口→フェリー→約10分→宮島

・船
広島港(宇品港)→高速船で約22分→宮島桟橋
平和公園元康橋桟橋→高速船で約50分→宮島桟橋

広島から一番便利な行き方は電車を利用したものです。
場所取りをするためになるべく早く宮島に行きたいので電車の利用をおすすめしますよ。

宮島へ渡る際のフェリーはJR連絡線と松大汽船とがありますが、松大汽船をおすすめします。
帰りはどちらのフェリーも待たなければ乗れませんが、どちらかというと松大汽船のほうがすいています。
帰りのチケットは事前に購入しておきましょうね。

宮島の花火で場所取りをするにはどうしたらいい?

大迫力の宮島の花火はやっぱり宮島に渡ってみてもらいたいです。
というのも、宮島に渡らなくても花火は見えるのです。
もちろん、渡らずに観覧している人もたくさんいらっしゃいます。

でも、宮島の花火の水中花火の大迫力は島に渡るとより感じられるはずです。

なのでここでは宮島にわたって場所取りをするにはどうすればいいのかを紹介しますね。

まず、場所取りは当日の午前0時からです。

ですが、当日の午前中なるべく早く行けば何とかいい場所を押さえることができると思います。
ただ、行きのフェリーに乗るための行列ができていることも考えられますので、そのことも考慮しておくといいですね。

スポンサードリンク

観覧する場所は、鳥居が見える場所であれば基本的にどこからでも花火も見えますが、おすすめの場所はホテルみや離宮周辺です。
花火が見えることはもちろんですが、花火後フェリーに乗るまでに大変混雑するのでできれば、フェリー乗り場に近い場所が後々の移動が少しは楽になると思いますよ。

ちなみに場所取りの際は干満の時間も考慮しておいてくださいね。
8月11日は
満潮
時刻 潮位 時刻 潮位
7:00 286 20:10 337
干潮
時刻 潮位 時刻 潮位
1:26 168 13:30 78

花火の時刻は潮が満ちているので鳥居に近いところでは観覧できません。

場所取りをして花火を待っている間、観光してもいいですし、海の干満を見るのもいいですよ。

ただ、場所取りをしている間は、観光などはお友達などと交代でいくといいですよ。
観光については次の章で紹介しますね。

宮島の花火で場所取りの合間に観光を短時間でしてみよう

花火が始まるまでの間時間がありますので、宮島を散策してみるのはいかがですか?

一番のおすすめは定番の表参道を歩きながらの散策です。
宮島でもっともにぎやかな場所ですし、商店街を抜ければ大鳥居が見えてきます。
名物のもみじ饅頭のお店もありますので、出来たてのもみじ饅頭の食べ歩きもいいですよね。
なかでもおすすめなのは、揚げもみじと穴子まんですね。

揚げもみじは衣をつけたもみじ饅頭をあげたもので普通に食べるもみじ饅頭とは一味違います。
ほかほかの揚げもみじお試しあれ。
穴子まんは宮島名物穴子を中華まんにしたおいしいこと間違いなしの一品です。

揚げもみじ
紅葉堂
住所:廿日市市宮島町448-1
営業時間:8:30から18:00頃

穴子まん
錦本舗
住所:廿日市市宮島町1133 錦水館 本館1F
営業時間 7:30から21:30

あと、町谷通りには素敵なカフェもありますよ。

サラスヴァテイ
http://www.sarasvati.jp/index.html
住所 広島県廿日市市宮島町407
℡ 0829-44-2266
営業時間 8:30から20:00
不定休

カフェ伊都岐
http://www.itsuki-miyajima.com/
住所 広島県廿日市市宮島町616
℡ 0829-44-2376
営業時間 12:00から24:00

和かふぇはやしや
http://www.yakigaki-no-hayashi.co.jp/japanese/wacafe-hayashiya/shop_info/
℡ 080-1923-0355
営業時間 平日 11:30から17:00
土日祝 11:30から18:00

待ち時間の合間に散策をしたり、カフェによって一息入れるのもいいですよ。
歴史を感じられる宮島の中にもおしゃれなカフェがあるのです。

さいごに

大鳥居と花火の幻想的な姿はやはり感動してしまいます。
花火大会は混雑しますが、一度この花火を見てもらうと宮島のすばらしさを見つけてもらえると思います。

花火を待つ間もぜひ観光をして、宮島を堪能してくださいね。

スポンサードリンク

 - イベント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事