ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

夏休みのこどものお昼ごはんを簡単に時短でサクッと作ろう!

      2015/07/24

夏休みって普段とは生活のリズムが変化しますよね~
特にお昼の時間。

いつもは幼稚園や保育園でお昼ごはんを食べてますけど、夏休みはそうもいかず・・・
お昼ごはんなににしよ~なんて悩みますよね。
今回は、お休みの日もサクッと作れるお昼ごはんを紹介しますね。

スポンサードリンク

夏休みのこどものお昼ごはん、どうしてる?

こどもにどんなものをお昼に食べさせていますか?
ちょっとしたアイデアで夏休みを何とか乗り切れるかも!
ということで、おすすめのお昼ごはんアイデアを紹介しますね。

サンドイッチ
パンと具を用意して、子供が自分ではさんで食べれるようにしておきます。
具にはトマト、きゅうり、ツナ、ゆで卵や、にんじんサラダやポテトサラダなど前の日の夕食で多めに作っておいてもいいですよね。
ついでにフルーツも用意してフルーツサンドにしても。
とにかく自分で好きなものをはさんで食べるというのがポイントです。

手巻き寿司
サンドイッチと同じ要領です。
ただし具は通常の手巻き寿司のように刺身などではなく、きゅうり、だしまき卵、ツナマヨ、練り梅、たくあんでじゅうぶんですよ。
これもじぶんで好きなものを巻いて食べればおいしいし、満足感も出ますよ。

ホットプレート
ホットプレートは大活躍するアイテムです。
ホットケーキ、焼きおにぎり、お好み焼き、焼きそば。
ちょっと変わったところでオープンサンドも。目の前のホットプレートで目玉焼きやハンバーグなどをやいてパンにのせて食べるんです。
ふだんご飯ができるまで待つことがむずかしくても目の前で作れば、楽しみながら待てるのでは?
ホットプレート料理もお手伝いしてもらいやすいですよ。
お玉でホットプレートに生地を流しいれてもらったり、調味料を入れてもらったり、こどもも自分も料理やってる!ってきもちになりますよ。

ちょっと雰囲気を変えて家の中でピクニックごっこのようにして水筒にお茶をしれたり、お庭に出たり、ベランダに出たりして食べるとおいしさも倍増しますね。

自分で具をはさんだり、巻いたり、お手伝いしたりするとごはんが出来上がるまでの時間も間が持ちますし、キッチンでこどもが甘えてきて準備が進まないということも回避できますよ。

こどものお昼ごはんを簡単につくるには?

お昼ごはんはできれば簡単に済ませたいですよね。
ちゃっちゃっと作って、食べて、そのあとこどもはお昼寝タイム。
お昼ごはんを簡単にするアイデアを紹介します。

スポンサードリンク

やっぱりそうめん、うどんははずせないですよね。
ゆでるだけで簡単です。
そこにお野菜を用意しておけば栄養も補えますしね。
野菜といっても暑いと重いものは食べづらかったりするのでサラダやゆでたとうもろこしでじゅうぶんなのでは?

どんぶり物も簡単にできるお昼ごはんですよね。
卵どんぶりや中華丼。
前の日の夕食の残りをアレンジしてどんぶり物にすると、同じものでも喜んでたべてくれますよ。
白いごはんだけより、味のついたどんぶりのほうがよく食べたりしますしね。

あとは、ミニトマト、もろきゅう、冷奴、なっとうなど、そのまま食べられるものもいいですよね。切って出すだけ。
我が家はトマトやきゅうりを喜んでたべます。
それにおにぎりを用意すればお昼ご飯になりますよね。
IMG_1574 お昼ごはん サラダ
これなんかほんとに切っただけ。
トマト、きゅうり、豆腐のサラダです。

炊飯器でピラフやチキンライスを作っておくのもいいですね。
具と調味料を入れてスイッチを押すだけ。
朝ごはんのときにちゃっちゃっと準備して外遊びから帰るころに出来上がるようにタイマーで予約しておけば帰ってすぐに食べられますよ。

こどもとのお昼ごはんを時短でのりきる!

最初の章でも紹介しましたが、ホットプレートは時短にもなりますよ。
作りながら食べるので、作っている間の待ち時間が短縮できますし。
片付けもホットプレートをささっと洗えばOK。

ほかにも時短のコツとしては、朝食の準備のときにお昼の分も準備しておくといいですよ。
材料をきったり、調味料を用意しておいたり、あとは調理するだけにしておくんです。
そうすると食べる前にさっと作れて早くできますよ。

もしパパがお弁当を持っていく場合は、パパのお弁当と一緒にこどもとママの分も作っておくんです。
あとはご飯を炊いておけばすぐに食べられますね。
お弁当箱につめておいてもいいですよ。
いつもと違う雰囲気が出てこどもも楽しくなること間違いなし^^

さいごに

夏休みってママにとってはちょっと大変な期間になってしまいがちですよね。
なるべく楽しく過ごせるように、こどもと一緒になってお昼ごはんの用意ができるといいですね~
ときには、適度に手を抜いて、ずぼらになってもOKくらいの気持ちでのりきりましょう♪

スポンサードリンク

 - こども, 手作り ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事