ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

そら豆の栄養って?薄皮って食べるの?食べ方は?

      2015/03/15

豆好きの皆さん!そら豆の季節がやってきますよ!

スポンサードリンク

もちろんわたしもまめ好きのひとりです。
年中食べられる大豆やあずきもなども大好きですが、
旬にいただく豆は格別ですね。

今回はそら豆に注目したいと思います。

そら豆の栄養は?効能があるの?

そら豆の旬ってご存知ですか?
旬は4月から6月にかけてです。

旬のものは最も栄養価の高いときなので、積極的に食べたいですね。

そら豆にはビタミンB郡が豊富です。
ビタミンB1  疲労回復効果がある
ビタミンB2  皮膚や髪、爪などの成長を促す働き。老化の原因となる、体内の過酸化物質の分解を促進する働きも。

そのほかにも

亜鉛     皮膚のトラブルの予防

カリウム   むくみ解消

食物繊維   腸内の老廃物を排出

女性にもうれしい効能がたくさんですね。
おいしいうえにうれしい効能、そら豆って優秀ですね

スポンサードリンク

そら豆の薄皮って食べる?

そら豆を食べるときに気になりませんか?あの薄皮。
これって食べれそうだけど、なんとなくむいて中身だけ食べてませんか?
わたしはそうでした。

実は薄皮の部分には食物繊維が豊富に含まれています。
すてるなんてもったいないのですね。
薄皮も一緒に食べちゃいましょう。

そら豆の食べ方は?

食べ方といってもここではばあちゃんの知恵袋的食べ方を紹介します。

消化促進に効果がある「煎りそら豆のお茶」

お茶にして飲むと消化を促進するといわれています。

<作り方>
そら豆を皮ごとフライパンに入れ、キツネ色になるまで弱火でじっくり煎る。湯飲みに入れ、熱い湯を注いで飲む。

むくみに効く「そら豆の煎じ汁」

利尿効果は数年乾燥させたものの方が、効果が高いといわれています。
<作り方>
乾燥したそら豆5gを鍋に入れ、水3カップを加えて火にかけ、半量になるまで弱火で煎じる。
一日3~4回に分け、空腹時に飲む。

さいごに

意外と奥が深いそら豆ですね。
旬の時期にはしっかり食べて健康にやくだてましょうね。

スポンサードリンク

 - 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事