ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

お盆とはいつ?どんな過ごし方をする?お墓参りの仕方も

   

皆さんはお盆ってどのように過ごしていますか?
だいたいお盆ていつからいつまでなのでしょう。

スポンサードリンク

知っているようで意外と知らないお盆の過ごし方を紹介します。

お盆とはいつのこと?

お盆とは亡くなった人の霊を祀り供養する期間のことです。
地域によって違いはありますが現在では8月13日から16日までが一般的な期間です。

お盆の正式名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。

お盆の過ごし方はどんな風?

では、どのようにお盆を過ごすのでしょう。

8月13日(地域によっては7月) 迎え盆

霊を迎えるための盆棚(精霊棚ともいいます)を作ります。
提灯・お供え物・花・お線香・ろうそくを準備します。
その後、お墓参りにいって霊を迎えに行く地域もあります。

夕方には迎え火をたいて霊を迎えます。
霊が迎え火をたよりに帰ってくるといわれているので、盆提灯に明かりをともします。

8月14日~15日

スポンサードリンク

お墓参りにいきます。
この期間は霊が家にとどまっている期間ですので毎日お供え物をして供養します。

8月16日 送り盆

霊をあの世に送り出す日です。
無事に霊があの世に帰れるように送り火をたきます。

お墓参りの仕方もおさえときましょう。

お墓参りには必ずこうしなければという作法はないのです。
ご先祖様に感謝する気持ちが大切なのです。

お墓参りの持ち物は・・・

お掃除道具 たわしやぞうきんなど
生花 お供え物 お供え物を置く半紙
お線香 数珠 ろうそく マッチ

・お墓参りの流れ
ごみを拾い、草を抜きます。
墓石などをたわしなどを使ってきれいに洗います。
墓石に水をかけます。
お花を飾り、水鉢に水を注ぎます。
お供えものを半紙にのせお線香に火をつけます。
数珠を持って手を合わせましょう。

お参りが終わった後は、片づけを忘れずにしましょう。
お供え物はその場でいただくか持ち帰ります。
お線香は燃やしきります。

さいごに

毎年あるお盆休み。
その意味をもう一度考えて、ご先祖様に感謝して過ごしてみませんか。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事