ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

熱中症の対策 水分補給を子供にするには?注意点とおすすめも

   

以前に熱中症の記事を書きましたが、今回は熱中症対策での水分補給についてです。

スポンサードリンク

我が家では外出や外遊びに行くときは水筒を持って行っていますが、夏にかけては水筒の中身を何にしたらいいか迷ってしまうこともあります。
お水?麦茶?スポーツドリンク?

水分をあげるタイミングも、ほしがったときにあげればいいの?それとも数分おきに?

そんな水分補給の疑問について考えて見ます。

熱中症の対策に水分補給 こどもにはどうやって?

子供への水分補給、どうしていますか?

まだ母乳を飲んでいるお子さんであれば、基本は母乳でいいと思います。
ママはご自身の水分補給に気をつけましょうね。
汗をかかなくても母乳として水分が体から出て行くので、授乳中はいつも以上に水分補給を心がけるようにしましょう。

まだ卒乳、断乳していないけど母乳以外の飲み物も飲むって時は、熱中症対策に水分補給をしてあげましょう。

ではどのようにするのが、いいのでしょうか。

ポイント
のどが渇いたと感じる前に水分を取る。
子供は遊びに夢中になるとのどが渇いたということも忘れてしまうこともあると思うので、ママパパから水分補給の声掛けをしてあげましょうね。
飲んでも飲まなくてもいいのでとにかく親のほうから水分を取るタイミングを作ってあげてみてください。

熱中症の対策で水分補給をする際の注意点は?

水分を取る際には注意点があるので気をつけてくださいね。

・飲み物の温度は5から10℃くらいがよい
・水分を一気飲みしない
・こまめに飲む
・カフェインが入っている飲み物はさける
・利尿作用があるものはほどほどに
・ジュース・清涼飲料水は水分補給に適さない

熱中症予防には体にこもった熱を取るためにも冷たい水分をとることがおすすめです。

水分は一気に取らずにちょこちょことこまめに飲むことが大切です。一気に飲んでしまうと胃腸に負担をかけてしまうこともあります。

カフェインが入っているものも体に負担がかかるのでさけた方がいいですね。

スポンサードリンク

せっかく水分を摂取しても利尿作用によって出て行ってしまうと困ってしまうのでお茶などの利尿作用があるものは水分補給にはむかないです。

ジュース・清涼飲料水は糖分が気になりますよね。ペットボトル症候群ってご存知でしょうか?
清涼飲料水などをたくさん取り続けることによっておこる急性の糖尿病のことです。
たくさんの糖分を含んだ飲み物を過剰摂取すると血糖値が上昇して意識を失う人もいます。
このことから考えても糖分をたくさん含んだ飲み物はさけたほうがいいでしょう。

熱中症の対策のための水分補給 おすすめは?

ではおすすめの飲み物を紹介しますね。

・お水
・麦茶
・経口補水液

大量に汗をかくことがない程度であれば、水か麦茶でじゅうぶんです。
飲み方に注意して飲むようにすれば、熱中症の予防になります。

外遊びで大量に汗をかくという場合は経口補水液も用意しておくと安心ですね。
経口補水液は塩と糖を混ぜて水に溶かしたもので、これをとることにより体から出て行った水分を補給し脱水状態を緩和してくれます。

経口補水液は手作りもできますので、作り方を紹介します。

材料
水 500ml
塩 1.5g
砂糖 20g

材料をすべて混ざればOK

ただ・・・あまりおいしくはないです。

りんご、みかんなどの100%ジュース(個人的にはストレートがおすすめ)を加えると飲みやすくなります。

あまりおいしくなりすぎるとごくごくと飲んでしまうかも。
水分補給にはごくごくではなくちびちびなので多少のみにいくらいがいいのかもしれませんが、そこはママとお子さんの好みでアレンジしてみてください。
経口補水液は水代わりにたくさんとるのではないのでご注意を。

1日の摂取量の目安

乳児 体重1キロあたり 30から50ml
幼児 300から600ml
学童 500から1000ml

外出時には、麦茶やお水とともに経口補水液を持っていきましょう。

さいごに

夏の飲みのもについて悩んでいましたが、我が家では家にいるときはいつもどおりお水と麦茶で過ごして外に行くときには経口補水液を持っていく!できまりです。
正しく水分補給して熱中症からこどもを守りましょう。^^

スポンサードリンク

 - こども

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事