ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

虫除け!赤ちゃんにアロマで手作り 室内と外出時どうしてる?

   

暑くなってくるとこどもをがいるママはいろいろと心配事が出てきますよね。
以前にも記事に書きましたが、紫外線対策熱中症あせも暑さ対策などの心配もありますが、虫除けについてもけっこう気をつけないといけませんよね。

スポンサードリンク

虫除けは赤ちゃんにやさしいものを選びたいですよね。
特に虫除け剤に使われているディートという成分には注意が必要です。
一般的に人に対しては危険性はないとされていますが、厚生労働省による通知には

小児に対する虫除け剤の使用について
DEET
6か月未満の乳児には使用しない。
6か月以上2歳未満は、1日1回
2歳以上12歳未満は、1日1~3回

このようにされていることから、じゅうぶんな注意が必要です。

虫除けを赤ちゃん用にアロマで手作り

虫除けは精油で作れますので、自分で作ってみるのもいいですよ。
何が入っているかもわかりますし、手作りすると経済的でもありますよね。

虫除け効果のある精油の代表的なものは

シトロネラ

レモンユーカリ

ゼラニウム

レモングラス

以上の4つです。

注意
精油の取り扱いにも注意が必要です。
上記の4つの精油の中でも乳幼児は避けたほうがよいものがあります。

シトロネラ レモングラス 2歳までは避けたほうがよいとされています。

使用するお子さまの年齢に注意して使いましょうね。

材料
精油 10滴
無水エタノール 5ml
精製水 50ml

スプレー式ボトル

作り方
すべての材料を混ぜ合わせます。
使うときはよくふってから使いましょう。
赤ちゃんには直接つけないで洋服や抱っこ紐、ベビーカーなどにつけるようにしましょう。

ハッカ油も虫除け効果があります。

天然のハッカ油は肌にもつけられますが(パッチテストはしましょうね)赤ちゃんは肌が敏感だから心配という場合はベビーカーなどにつけて使うとよいです。
または上記のようにスプレーを作ることもできます。

スポンサードリンク

虫除け 赤ちゃんが室内で過ごすときは?

室内での虫除け対策はどのようにすればいいでしょうか。

我が家では蚊取り線香を使用します。
といっても普通の蚊取り線香だと心配なので天然の防虫菊を使用した蚊取り線香を使っています。
それをベランダにおいておきます。
部屋の中だとこどもが煙をすってせきをするときがあったのと、蚊取り線香に興味を持ってさわりたがるので外においています。

また、寝室にはあらかじめ電気蚊取をつけておいて寝るときには消してしまうという方法もあります。
そうすると、赤ちゃんがいても安心ですね。

手作りの虫除けスプレーを網戸に吹きかけておくのも効果的です。
長時間の効果はないのでまめに吹きなおしましょう。

月齢が低いときはベビー用の蚊帳を使うのもいいですね。
動き始めると蚊帳から脱出してしまいますが、それまでの間は重宝します。

赤ちゃんの外出時の虫除けは?

外出時もスプレーを使って虫除けをするといいですね。
そのさいもこまめに付け直すようにしてください。

我が家ではシールタイプの虫除けも使っていました。
肌荒れを気にしなくてもいいのでお手軽に使えます。
洋服、帽子、ベビーカー、抱っこ紐といろいろな場所にはっています。
ただ、うちの場合はこどもがすぐにはがしてしまうのでなるべく子供の目に付かない場所にはるようにしていました。

リングタイプの虫除けもあります。
腕や足首にはめたりベビーカーにつけておいたりしておきます。
赤ちゃんだとなんでもなめてしまうこともあるのでつける場所に注意が必要ですね。

外遊びのとき、けっこう虫がいて大丈夫かな?って思ったりもしますが、いろいろと対策をしてたのしく思い切り遊ばせて上げたいですね。

さいごに

ハッカ油やほかの精油も天然のものなので安心して使えますね。
ただ、精油が使える年齢には注意が必要です。

虫除け対策をして夏を楽しみましょうね。

スポンサードリンク

 - こども

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事