ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

梅干し どんな効能?美容効果も!?漬けてみよう!

      2015/03/13

今年は梅干しをつけてみませんか?
自分で漬けた梅干しの味は格別です。

スポンサードリンク

でもなんだか難しそう、だいたい梅干しってどんな効能があるの?
美容効果もあるとうれしいんだけど、そう思われているみなさん、
一緒に梅干しについてみてみましょう。

梅干し どんな効能?

昔から体によいとされてきた梅干し。
でも、具体的にどんな効能があるのでしょうか?

梅干しで食中毒予防!

これが一番よく知られている効能かもしれませんね。
梅干しが食中毒菌の増殖を抑制する働きがあり食中毒を予防することができます。
お弁当には梅干しを入れて食中毒を予防しましょう。

梅干しでインフルエンザ予防!

これは梅干しの実ではなく漬ける際に出る梅酢にインフルエンザウイルスなどの増殖抑制作用や消毒作用があるということです。

インフルエンザのシーズンには梅酢を摂取して予防をしてみては?

梅干しで疲労回復効果!

梅干しに含まれるクエン酸が疲れの原因、乳酸を抑える働きがあるそうです。
あーつかれたなーっていうときには 梅干しを食べてみるといいかも!

そのほかにも 肩こり口臭予防乗り物酔いにも効果があるようです。

私が梅干しをよく利用する方法は、風邪のひきはじめののどが痛いときです。
自然療法の本を見て実践しているのですが、これはわたしにはよくききます。
どのようにするかというと、梅干しの種を取りガーゼなどに乗せてタオルなどで首に巻くだけです。
このときガーゼとタオルの間にはラップフィルムをはさんでおくと梅がタオルにしみだしません。

梅干し 美容効果もあるの!?

梅干しの効能ってなんとなくは知っていたけど、美容効果ってあるの?と思っている方、あるんです。

梅干しでダイエット!

スポンサードリンク

梅干しに含まれているクエン酸がエネルギー代謝をあげてくれるそうです。
急激なダイエットには不向きですが、健康的に体質を改善しながらダイエットをしたいという方には向く方法ですね。

梅干しで老化防止!

梅干しに含まれるフラボノイドが老化の原因となる活性酸素を抑えるようです。
また梅干しを食べるときにすっぱくて出てくる唾液の中にパロチンという若返るホルモンがふくまれていて皮膚の新陳代謝を活発にさせるそうでうす。

梅干し 簡単につけれるの?

たくさんの効能のある梅干し。
積極的に食べたいですね。

でもせっかくなら自分で作ってみたい方のために簡単にできる梅干しの漬け方を
紹介しますね。

材料
熟した梅 2kg
塩    梅の20%
チャックつきポリ袋

下準備
梅は洗って水気をふいておく。
へたをとっておく

手順1
梅と塩をチャックつきポリ袋に交互に入れる。
空気を抜きながらチャックを閉める。
平らな容器にチャックつきポリ袋を平らに寝かせておく。

手順2
1日2~3回袋をゆする。
そのつどできるだけ空気を抜く。

手順3
2~3日し梅酢が上がってきたら袋の空気を抜き土用干しまで
冷暗所で保管する。

手順4
梅雨があけ晴天が続くようになったら土用干しをする。
天気のよい日にざるなどに梅干しを並べ天日干し。
時間は午前9時ごろから午後2時ごろまで。
これを3日ほど続ける。

手順5
保存容器にいれ冷暗所で保管。
6ヶ月ほどおくと味がなじんでおいしくたべられる。

☆梅干しには塩漬けに赤しそを入れる赤梅干しと
塩だけで漬けて土用干しする関東干しとがあるそうです。
紹介した作り方は後者です。

さいごに

意外と簡単に作れる梅干し。
効能もたくさんあっていろいろと活躍してくれそうな梅干し。
常備しておきたいですね。

もちろん塩分の取りすぎになるので食べすぎには注意ですが、程よく生活に取り入れて健康にすごしましょう!

スポンサードリンク

 - 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事