ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

初詣は何日までに行くものなのか

   

日ごろそれほど神社などには行かない方でも初詣だけは行くってこと、けっこうありますよね。

でも忙しいお正月。

なかなか初詣に行く時間が取れないことも。

そんな時に気になるのが、初詣っていつまでに行けばいいのかってことではないでしょうか?

そこで今回は初詣は何日までに行くのがいいのかということを紹介しますね。

スポンサードリンク

初詣は何日までに行くのか

地方によって違いはあるのですが、一般的には「松の内」に済ませるのが良いとされています。

松の内というのは門松や注連縄などお正月飾りを飾る期間のことなんです。

スポンサードリンク

地方によって違いがあるとは思いますが、一般的には、その期間というのは1月1日~7日といわれて言います。

なので、初詣に行く場合は1月1日~7日の間に済ませるのがいいですね。

なぜ、松の内に行くのがいいのかというと、その年の神様、年神様は門松に宿るといわれているんです。

そのため門松を飾っている間は神様がいらっしゃるということで、神様がいらっしゃる間にお参りをするということなんですね。

初詣は何日までに行く?のまとめ

地域によって違いはありますが、松の内に行くのが良いとされています。

一年の始まり、気持ちも新たに神様にご挨拶をしに行きませんか?

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - イベント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事