ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

口臭対策で効果的な歯磨きと舌磨きの方法はこれです。

   

家族や友人に口臭があるよ、体調大丈夫?って言われた時。

人は何も言わないけれど、自分は口臭があるような気がする、って時。

なんだか気になって仕方ないですよね。

今回はセルフケアでする口臭対策で効果的なものを紹介します。

もし、口臭があるのだとしたら、それはお口の中で何らかのトラブルがあるということかもしれません。

早めのセルフケアで改善する場合もありますよ。

スポンサードリンク

口臭対策で効果的なものは?

口臭対策で効果的とされているのが

・歯磨き

・舌磨き

です。

そもそも口臭の原因となるのは口の中にいる細菌。

口の中には100種類以上の細菌がいるといわれています。

そしてその多くのものが臭いの原因となってしまうのです。

また、舌についている舌苔(ぜったい)も口臭の原因の60%とも言われています。

そうなると、念入りに歯磨き、舌磨きをすることによって、口臭が少なくなることもあるんです。

では具体的なケアの仕方を紹介しますね。

口臭対策のポイントは歯磨き

私が通っている歯科の先生から教わった歯磨き方法を紹介しますね。

ポイントは

・順番を決めて磨く

・歯を一本一本磨く気持ちで

・力は入れない

・歯と歯の間にブラシが入るような感じで

・前歯の裏は歯ブラシを縦にしてみがく

このポイントを守って磨きます。

でもこれってけっこう時間がかかるんですよね。

なので、なるべく気持ちに余裕を持って歯を磨くようにしています。

特に夜は、お風呂で半身浴をしながら磨くのがおすすめですよ。

そして歯みがきとセットで歯間ブラシ、デンタルフロスも使いましょう。

これもかかりつけの歯科ですすめられました。

やっぱり歯ブラシだけでは歯と歯の間の細かい汚れは取れないんですよね。

歯と歯の間にあるのは食べかすだけではなくて、細菌が固まりになっているとも言われます。

なのでそれをほうっておくと虫歯や歯周病の原因となってしまうんですよね。

それはつまり口臭の原因ともなるわけで・・・

できれば、毎食後するのが望ましいですが、私は一日1回しかできていません・・・

口臭が気になるときはやっぱり毎食後にするのがおすすめです。

デンタルフロスが慣れなくて難しい場合は歯間ブラシのほうがやりやすいかもしれませんよ。

最初はめんどくさいな~とか、デンタルフロス難しいな~なんて思っていたんですが、やり始めると、気持ちがいいんですよね。

歯の間がほんとにきれいになっていく感じがして。

口臭のセルフケアにはていねいな歯磨きとデンタルフロス、歯間ブラシです!

口臭対策は舌磨きも大切

歯磨きと同じくらい大切なのが

舌磨き

です。

最初の章でも紹介したとおり、舌苔は口臭の原因となります。

そもそも舌苔というのは、下の表面に白く付着した苔状のもの。

スポンサードリンク

これは何かって言うと、細菌や食べかす、白血球、などの塊なんです。

でもこれ、気になるからといって歯ブラシなどでこするのはNG!

歯ブラシでは刺激が強すぎるんです。

なので、専用の舌ブラシを使いましょうね。

舌ブラシを使う時でも強くこすらないようにしましょう。

痛いな、と思ったらちょっと力が入りすぎかも。

やさしくやさしくケアしましょう。

基本的には毎朝のケアがおすすめですが、持ち歩いてちょっと気になるときや人と会う前にチェックしておくのもいいですよ。

さいごに

口臭はセルフケアでも対処できますが、それでもきになってしかたがない!という場合は口臭を検査してくれる歯科クリニックもあるので利用してみるのもアリです。

専門家にしっかりアドバイスをもらうのも大切なことです。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事