ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

赤ちゃんの熱中症 初期症状は?処置は?予防グッズも紹介

   

陽気がよくなってくると赤ちゃんとお散歩や公園などで外遊びが楽しくなってきますよね~

スポンサードリンク

でも、熱中症が心配。
春の温かい日でも外で遊べは顔は真っ赤になることもありますよね。
赤ちゃんは熱中症になりやすいとよく聞くけれど、顔が赤いだけじゃどうなのかわからないな、どんな症状があったら熱中症なんだろうって迷ったりしませんか?

そんなときのために熱中症をしっかり把握して予防しましょう。

赤ちゃんの熱中症 初期症状は?

そもそも熱中症とは体温調節の乱れや体内の水分が失われることで起こり、熱が体の中にこもってしまうことで症状が現れます。
乳幼児は体温調節機能がまだ未熟なので体の中に熱がこもりやすく、暑さを自覚しにくいこともあり注意が必要です。

熱中症は大きく分けて4つに分類されています。

○熱失神
めまい
一時的な失神
顔面蒼白
○熱けいれん
筋肉痛
手足のつり
筋肉がけいれん
○熱疲労
嘔吐
頭痛
集中力の低下
○熱射病
体温が高い
意識障害
呼びかけても反応が鈍い
ふらつく

では赤ちゃんの熱中症の初期症状はどんなものでしょう。
・顔が赤く熱い
・元気がなく、なんとなく機嫌が悪い
・汗をかかなくなる
・おしっこが出なくなる
・母乳やミルクをいつも以上に飲みたがる
・唇が乾いている

これらの症状が出たら熱中症を疑いましょう。

また、急に熱くなった日は要注意です。
涼しい日が続いた後に急に熱くなったり、梅雨の晴れ間などは体がうまく順応できずに熱中症になってしまう場合があります。
風通しの悪い場所や、エアコンのない室内も注意しましょう。このような場所だと寝ているときでも熱中症になる危険性があります。

赤ちゃん 熱中症のときの処置は?

症状が軽い場合、意識がはっきりし手入れが涼しいところで安静にして様子を見てみましょう。

症状とセルフケアの方法です。

・熱失神
対策 涼しい場所で安静にします。着ている物をゆるめて寝かせます。
水分もじゅうぶん補給しましょう。

・熱痙攣
対策 涼しいところで塩分を含んだ飲みのもを飲みましょう。

・熱疲労
対策 涼しいところで水分を補給しましょう。横になったり安静にしながら脱水症状が治まるのを待ちます。
重度の場合は病院で点滴が必要です。

・熱射病
対策 大きな動脈が通っている場所を保冷剤などで冷やします。

対策をまとめると

熱射病かなと思ったら

・涼しい場所に移動 日陰やクーラーの聞いている場所

・衣服を緩める 体を冷やす うちわや洋服で扇いだりぬらしたタオルでふいてあげましょう。

・少しずつ水分補給する

注意
ふらつき 意識障害 体温が高いなどの症状があったら、すぐに救急車を呼びましょう。

赤ちゃんのための熱中症予防グッズ

熱中症の予防としては
・こまめに水分補給
母乳やミルク以外にも白湯、麦茶などを飲ませてあげるのもいいですね。
ただ赤ちゃんによっては白湯や麦茶は飲まない場合もあるのでその分母乳を多めにあげたり、離乳食が始まっているときは、汁物を多くしてみたりして工夫しましょう。
のどが渇いていなくても飲ませるようにママパパから促してあげましょうね。

スポンサードリンク

・直射日光を避ける
ベビーカーの場合は日よけカバーをおろしたり、日傘を設置したりして直射日光は避けましょう。
なかなかかぶってくれない場合もありますが、帽子をかぶせてあげましょう。
・通気性のよい素材の衣類を着せてあげましょう
暑い時期は綿の素材が通気性がよく適しています。首周りがつまった服だと暑く感じてしまうので、首周りに余裕のある洋服がいいですね。
また、暑いとおむつだけで過ごさせてしまいがちですが、洋服を着ていることによって汗を吸い取って蒸発させてくれるので肌着だけでも着させてあげましょう。

・こまめに汗をふく
汗をかいたらこまめにふくか、いっそ着替えさせてあげましょう。
家にいる場合は軽くシャワーで汗を流せしてあげるのもいいですね。その際は石けんは使わずにシャワーだけにしましょう。石けんは必要な油分もとってしまうことがあるので1日一度程度の仕様にしておきましょう。

熱中症予防グッズ
・ベビーカ保冷ーシート
保冷剤を入れられるようになっているベビーカーにつけるシートです。
ベビーカーはアスファルトに近く思った以上に暑くなっていますので、このようなシートなどを使って暑さ対策をしてあげましょう。

こんな感じの商品です。

・ベビーカーに取り付けられるミニ扇風機
赤ちゃんの手が当たっても大丈夫なように作られているものもあるので、安心ですね。

こんな感じの商品です。

・抱っこ紐で使える保冷シート
抱っこ派の赤ちゃんは抱っこ紐に取り付けられるシートもあるので活用してみては?

こんな感じの商品です。

・日傘
ベビーカーに取り付けられる日傘もありますし、抱っこならママが普通に使用する日傘で赤ちゃんもカバーしてあげると赤ちゃんも暑さをしのげますね。

こんな感じの商品です。

いろんなグッズがありますので上手に利用して熱中症を予防しましょうね。

さいごに

熱中症予防指針を紹介しますね。

危険 31℃以上 外出はなるべく避けて涼しい屋内で過ごす。

厳重警戒 28~31℃ 外出時は炎天下をさけ、室内では室温の上昇に注意する。

警戒 25~28℃ 運動や激しい作業をする際は定期的にじゅうぶんに休息を取り入れる。

注意 25℃未満 激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

このようになっています。

暑い時期は大人でも参ってしまうので、なるべく赤ちゃん居合わせた生活をしてあげたいですね。

赤ちゃんの暑さ対策の記事もあわせて参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 - こども

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事