ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

キャンプの持ち物で子供と行く時のおすすめはコレです! 意外に役立つ物も紹介

   

1c3ecda201e786c7bb1688e49fb0e81a_s
お子さんとキャンプに行くとき、何を持っていきますか?

もし、初めてのファミリーキャンプや、キャンプは行ったことあるけれど、こどもといくのははじめてってとき、持ち物についてなやんだりしませんか?

子連れだと荷物が多くなりがち、だけど持っていけるものには限りがあるし・・・

それに具体的に何を持っていけばいいのかよくわからない・・・

なんてことありませんか??

そこで今回は子供とキャンプに行くときの持ち物について紹介しますね。

きっと楽しいキャンプになりますよ^^

スポンサードリンク

キャンプの持ち物 子供と行くときの必需品は?

お子さんとキャンプに行くときにどんなものが必要か迷ってしまいませんか?

大人だけのキャンプではそれほど重要じゃなかったものが、子供と一緒だと重要になったり、必要になったりしますよね。

ここでは子供連れだからこそ必要なものを中心に紹介しますね。

まずは基本的なもの

授乳中の赤ちゃんであれば、

☆母乳なら授乳ケープ

☆ミルクならミルクセット
一回ずつ小分けにされているミルクが便利です。

おむつをしている子供なら

☆おむつセット

・おむつ(多め)
いつもよりもちょっと多めに要しておくと安心です。

・おしりふき
これも手や口を拭けるように多めにあるといいですよ。

・使用済みのおむつを入れるビニール袋

☆母子手帳

上のものも以外では

☆おやつ
いつも食べているものを持っていくとこどもも安心です。

☆除菌ウェットティッシュ
我が家ではおしりふきでまかなっています^^

☆子供用ブランケット
お昼寝したときにちょっとかけてあげられるものがあるといいですよ。
バスタオルでもOK

☆敷物
テントなどの準備中にちょっとこどもを座らせておける敷物があると重宝します。

☆帽子
必須ですよね。
熱中症予防のためにも持っていきましょう。
こどもの目印代わりにもなりますよ^^

☆日焼け止め
こちらも忘れずに。
大人用と子供用でかさばるときは、子供用のものを大人が拝借してまめに塗りなおすってのもありですよ^^

☆虫除け
キャンプ場は虫が多いときもあるので必ず持っていきましょう。
スプレータイプのものや、リング、シールタイプなどいろいろとありますよ~
ちなみにうちの子はシールタイプが好きです。

☆絆創膏などの救急セット
ちょっとした擦り傷などありがちなので必ず持っていきましょうね。
救急セットの中にはアロマオイルをひとつ入れておくのをおすすめしますよ。
入れておくなら
ティーツリー
ラベンダー
この二つは虫刺されにも、すり傷にもOKで、しかも肌に直接塗ることのできるオイルなのでおすすめですよ^^

歩いてあそびまわれる子たち

ねんねやはいはいの赤ちゃんと違って思い切り遊ぶことができるこどもたちにはそれにあったものも必要ですよね。

☆マリンシューズ

水遊びのときに足の怪我を予防してくれるので必須ですよね。
サイズは脱げないようにジャストサイズをおすすめしますよ^^

☆おもちゃ類
おすすめはシャボン玉、おままごとセットですよ。
ちょっとそこであそんでてね、って言うときにあるといいですよ^^

こんな感じで子供と一緒だからこそ持って行きたいものをリストアップしてみました。

必要と感じるものは人それぞれ違ったりすると思いますが、参考にしてみてくださいね。

基本的な持ち物はこちらの記事に紹介しましたので参考にしてみてくださいね。
キャンプ初心者が揃えるものは?持ち物リストはこれ!練習もね!

キャンプの持ち物 おすすめは?

キャンプに持っていくもののおすすめはなんといっても

コンパクト

になるものです。

子供と一緒ならなおさらです。

何かと荷物が増える子連れキャンプでは意外と重要ポイントだと思いますよ。

同じ用途なら、より小さいものを。

これから購入するなら少し高価でも同じ効果、機能、用途ならよりコンパクトになるものを選んでみてください。

ちりも積もれば山となる、で少しずつかさばるのを軽減してくれます。

やっぱり、正直持っていく物が多すぎたり、重かったり、運ぶのに苦労したりすると、キャンプ行こう!って気持ちがちょっとなえちゃうと思うんですよ。

荷物おもっ! て^^

かといって、持っていくものを減らして、キャンプ場で困る思いはしたくないですよね。

ならば、少しずつ荷物をコンパクトにするのがベストだと思います。

キャンプに持っていく荷物の選定はこういった目線でも見てみるようにするといいですよ^^

キャンプの持ち物 意外に使えるものは?

ここではキャンプに持っていくのに意外と役立つものを紹介しますね。

ケミカルライト

スポンサードリンク

 

よく夏祭りやコンサートなどで見かける、光るブレスレットですね。

コレが何で役に立つかというと、夕方から夜にかけて子供たちの腕につけておくと目印になっていいからなんです。

夜やちょっと薄暗いと、やっぱりよく子供のことを見ていても一瞬見失うことがあります。

そんなときにコレを付けておくと子供を見失うことも無いので安心ですし、こどももちょっと楽しい気分になると思いますよ^^

100均でも売っていたりして高価なものでもないので用意しておくと役立ちますよ。

トイレットペーパー

ティッシュやウェットティッシュも使うのでいいのですが、子供がいるとけっこう汚れたりすることも多いので、が~っと出して使えるトイレットペーパーはおすすめです。

芯を取ってつぶしてしまえば、かさばらずに持っていけますし^^

ハンギングドライネット

コレですね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【コールマン】ハンギングドライネット(170-6496)
価格:1360円(税込、送料別) (2016/8/10時点)

 

子供のおもちゃを一時的に片付けたり、洗った野菜、食器などを入れておくにもいいです。

100均の多目的干しかごでも代用可ですよ^^

たためば場所をとらないのもうれしいですよね。

あまり、あったら便利って言うものを持って行き過ぎると、荷物が増えてしまうので要注意ですが、ここで紹介したものは基本的にかさばらないものですし、持っていって損は無いかな~と個人的には思うのです。

さいごに

いかがでしたか?

キャンプに持っていくものって、多すぎても少なすぎても困っちゃうんですよね~

ちょうどいい塩梅を見つけるには何度か実際に行ってみて判断するのが一番です!

ただ、そのときにも目安ってのはあったほうが楽だと思うので今回紹介した持ち物を参考にして、キャンプの荷物を準備してみてくださいね^^

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もどうぞ
キャンプやバーベキュー関連の記事まとめ

スポンサードリンク

 - アウトドア ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事