ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

夏の疲れは食事でとれる!効く食べ物を使ったレシピで効果的に夏バテ解消!

   

夏の盛りになってくるとだんだんと疲れも出てきますよね。

暑いってだけでも結構疲れるのに、暑さでイライラして余計に疲れてしまったり、冷房を使うとその温度差で疲れてしまったり。

とにかく夏場は疲れやすい時期でもありますよね。

秋に夏の疲れを残さないためにも、疲れはその日その日ですこしても解消しておきたいところです。

そこで注目したいのが食事での夏バテ解消。

ヒトは食べるもので体は作られていきますよね^^

そして、毎日食べる食事だからこそ体の調子を整えるための工夫がしやすいと思うのです。

夏バテに効く食材を使えば、食事で改善だってできますよ。

それでは今回は夏の疲れに効く食事についてです。

スポンサードリンク

夏の疲れは食事で改善


食事の基本は旬のものを積極的に摂る

ということを心がけたいですよね。

夏には夏野菜を積極的に食べることで疲れを食事で改善することになるんです。

なぜなら、旬の食材にはその時期の体に必要な働きをする栄養素が含まれていて、旬のものを食べることが体調管理をする上で理にかなっているからなんです。

だから、夏場は夏野菜をたくさん摂ると、そのことが夏に疲れている体を助けることにもなるということなんです。

それに、夏の疲れって侮れないんですよ。

どうしてかっていると、

・夏は暑くて疲れる・・・

・食欲不振

・あっさりしたものを食べがち

・栄養不足に陥りやすい

・栄養不足がたたってさらに疲労感

こんな悪循環になりやすいんです。

こういう体調のときの対策は

水分補給と体の熱をスムースに優しく冷ますこと。

そこで夏野菜が登場します。

夏野菜の多くのものは体の熱を逃がしてくれたり、冷ましてくれたりする働きがあります。

また、ビタミンやミネラルも多く含んでいるので、疲れた体を回復に向かわせる手伝いをしてくれます。

このように夏は食事に夏野菜を積極的に取り入れて夏の疲れを残さないようにしたいですね。

疲れに効く食べ物

ここでは夏野菜でも特に注目したい食材、栄養素を紹介しますね。

今回注目するのが

枝豆

です。

実は枝豆はとっても優秀な野菜なんですよ。

というのも、枝豆はまめの栄養的特徴と野菜の栄養的特徴の両方を兼ね備えた緑黄色野菜だからなんです。

枝豆に豊富に含まれている栄養素は

たんぱく質
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
カルシウム
食物繊維
鉄分

などです。

この中でも特に注目したいのが

ビタミンB1
ビタミンC

です。

理由はどちらも夏の疲れを解消するのに欠かせない栄養素だからなんです。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるときに必要な栄養素なんです。

もともと日本人は米が主食なので糖質を多く摂っているんですよね。

だから、普段からビタミンB1は意識して摂りたいところなんですが、夏にはさらに意識して積極的に摂りたいんです。

理由は、夏は糖質をたくさん含んでいる麺類を食べることが増えたり、清涼飲料水を飲むことが増えたり、さらに疲れで甘いものがほしくなったりしませんか?

つまり糖質過多になっているんです。

そういう理由からビタミンB1は夏場に積極的に摂りたい栄養素といえるんですね。

摂り方にもポイントがありますよ。

ビタミンB1は水溶性で水に溶けやすいので、摂りだめはできません。

毎日、補っていく必要があります。

スポンサードリンク

だから、疲れたな~って日だけたくさん摂取するのではなく、毎日ちょこちょこと食べることが効果的なとり方ですよ。

もうひとつ注目したいのがビタミンC

ビタミンCって免疫力を強化してくれるんです。

疲れていると、体調を崩しがちですよね。

そんなときには積極的をビタミンCを摂ってカバーしたいところ。

さらにビタミンCはストレスを癒すのに必要な栄養素。

夏は暑さ、室内と室外の温度差などで知らず知らずのうちにストレスを感じています。

つまりビタミンCをたくさん消費するんですね。

でも、ビタミンCはからだの中で作ることができないんです。

さらにビタミンB1と同じく水溶性のビタミンなので、摂りだめはできません。

なので、こまめに補給する必要があります。

このように、夏の体に必要な栄養素を持っている枝豆ってとっても優秀なんですよ~

ビールのお供だけではもったいない!

茹でただけでも十分おいしい枝豆を、おかずにも利用してみませんか?

ということで、次の章で枝豆を使ったおすすめレシピを紹介しますね。

疲れに効くレシピはこれ!

ビールのお供だけではもったいない枝豆を使った料理のおすすめレシピを紹介しますね。

枝豆スープ

食欲の落ちる夏場でもスープなら飲みやすいですよね^^

材料

枝豆 正味100g
水 200ml
鶏がらのもと 小さじ1
豆乳 150ml

作り方

1.鞘から取り出した枝豆を15分程度茹でる。

2.枝豆の粗熱が取れてから豆乳と一緒にフードプロセッサーで滑らかに攪拌

3.器に注いで出来上がり

枝豆の夏野菜サラダ

あっさりと食べられるサラダは夏でも食べやすいですよね。

材料

枝豆 正味100g
とうもろこし 1/2本分(缶詰でも)
トマト 1/2個
豚スライス 100g

ドレッシング
にんにく 1/2かけ
唐辛子 少々
しょうゆ 小さじ2
レモン汁 お好みで

作り方

1.豚スライスは茹でておく

2.とうもろこしは茹でてほぐす、トマトは一口大に切る 枝豆は茹でて鞘から出す

3.にんにくはみじん切り、唐辛子は刻んで、しょうゆと一緒に混ぜ合わせる

4.材料ととレッシングをボウルに入れてよく和える

枝豆とおくらのオムレツ

おくらも積極的に食べたい夏野菜のひとつですね。

材料

枝豆 正味100g
おくら 2本
卵 2個

塩 少々
しょうゆ 少々

作り方

1.枝豆を茹でて鞘から出す

2.おくらは軽く茹でて刻む

3.溶いた卵の中に枝豆とおくらを入れて、塩、しょうゆを加えて混ぜる

4.油を入れたフライパンを中火で熱し、卵液を入れて両面焼く

簡単に取り入れられるものばかりを紹介してみました。

そのまま食べてもおいしい枝豆。

お料理に使ってもとってもおいしいですよ。

さらに夏の疲れにも効くのでぜひ取り入れて見てくださいね。

さいごに

夏の疲れって秋まで残したくないですよね。

なので、日々の食生活で積極的に疲れに効く食材を使って早め早めに対応していきましょう!

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もどうぞ
夏バテ対策に効く食材を使って必要な栄養素をしっかり摂れるレシピはコレです

新生姜でシロップ作り 効能とひね生姜との違いも

夏バテ対策に効く食材を使って必要な栄養素をしっかり摂れるレシピはコレです

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事