ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

夏バテ対策に効く食材を使って必要な栄養素をしっかり摂れるレシピはコレです

   

夏バテしてませんか?

私はしてました・・・・

夏が苦手で、食欲も落ちてしまって。

でも、今日おすすめする夏バテ対策をするようになって、なんだか調子いいんです。

手軽に摂れるもので夏バテ対策なので、生活に取り入れやすいんですよ。

今回は、夏バテ対策におすすめの食材を紹介しますね。

スポンサードリンク

夏バテ対策おすすめの食材はコレ!

私がおすすめする夏バテ対策におすすめの食材は

です。

かれこれ10年位前、夏場にけっこう体を使うきつい仕事をしていたんです。

その時に、とにかく夏バテをしていたら動けないので始めてみたのがお酢を積極的に摂ることなんです。

もともと暑いのが苦手で、夏は食欲も落ちて夏バテ気味になることが多かった私。

夏バテに聞く食べ物もたくさんあるのでそういうものを取り入れた食事もしたかったのですが、そのときの環境ではちょっと難しかったので手軽に取り入れられるお酢に注目したんです。

お酢ならどこでも比較的手に入るものだし、なんだかお酢は夏バテにもいいって聞いたしってことではじめてみました。

結果、その夏は調子がよかったです^^

食欲が落ちることもあまりなく、仕事もだるくて・・・ってことはなくこなすことができました。

といっても、すごく元気になった、とか、いつも以上に動ける!とかそういう感じではないんです。

あれ、なんか調子いいな、とか、そういえば食欲あるな、とかそういう感じなんです。

でも夏に弱い私にとっては十分効果があったと思っています。

次の章ではお酢が何で夏バテにいいのかについてみていきましょう。

夏バテ対策にはこの栄養素を摂ろう

お酢をとると夏場手にいいといわれている理由に、お酢の成分

「クエン酸」

の働きがあります。

クエン酸がが夏バテにいいといわれる理由にはいくつかあってそのひとつが

食欲増進

です。

酸味のあるものを食べたり飲んだりすることで唾液と胃液が分泌されます。

その唾液と胃液が食欲を増進してくれるんです。

また、唾液胃液は胃腸の調子を整えてくれる働きをします。

私がお酢を積極的に取り始めて、食欲があるなと思ったのはこんなところからきているみたいなんです。

さらに疲労によってダメージを受けた細胞を修復するために、クエン酸が役立つと言われているんです。

夏バテって症状はいろいろですが、なんか疲れたな、って感じしませんか?

そんなとき一般的には人の体は酸性に傾いているといわれています。

それは体内にさまざまな有害物質が多くたまった状態と考えられているんです。

クエン酸と摂ることでその有害物質を減少されると考えられていて、それが疲労回復につながるとされています。

そういったことから、夏バテにクエン酸を摂るのは効果的だといえますよね。

特に夏は酢の物などのさっぱりしたものを食べたくなりますし、クエン酸を取り入れやすい季節でもあるんですよね。

ということで、次の章では、私がどんな風にお酢を摂っているか、また、おすすめのレシピを紹介しますね。

夏バテ対策レシピを紹介

私の場合ですが、お酢はジュースにして飲んでいました。

これが一番手軽に取り入れられると考えたからなんです。

作り方は簡単。

お好みの100%のフルーツジュースにお酢を入れて飲むだけ。

お酢は白ワインビネガーやりんご酢を使っています。

分量はお好みですが、私はジュース1カップにお酢を大さじ1/2~1くらいの割合で入れています。

もうちょっと本格的にサワードリンクを作りたいという場合におすすめなのが、フルーツやしょうがを使って手作りするレシピです。

けっこう身近なもので作れるので、試してみてはいかがでしょうか?

今回はしょうが、バナナで作るサワードリンクのレシピを紹介しますね。

☆しょうがサワードリンク

材料

しょうが 10g
氷砂糖100g
酢 100ml

作り方

・しょうがはきれいに洗ってよく水分をふき取り薄く切る。

・保存瓶に材料をすべて入れてふたをした状態で涼しい場所においておく。

・1週間程度おくと出来上がり。

※一日一度ふたをしたまま混ぜてください

炭酸水などで5倍くらいに希釈して飲むとおいしいです^^

浸け終わったしょうがは取り除いておいてくださいね

スポンサードリンク

☆バナナサワードリンク

材料

バナナ 50g
氷砂糖 100g
酢 100g

作り方

・バナナは皮をむいて3センチ程度の厚みに切る。

・保存瓶に材料をすべて入れてふたをした状態で涼しいところにおいておく。

・保存瓶に材料をすべて入れてふたをした状態で涼しい場所においておく。

・1週間程度おくと出来上がり。

※一日一度ふたをしたまま混ぜてください

こちらも浸け終わったバナナは取り除いてくださいね。

※※どちらのサワードリンクも保存瓶は金属製のふたは避けてくださいね。

こんなビンをおすすめします。
↓↓↓

 

ジュースを混ぜて作るよりもねかせておく時間が1週間程度必要ですが、作り方はいたって簡単。

材料もすぐに手に入るものばかりなので手軽に作れちゃいますよ。

最後にもうひとつ、毎年我が家で作っている梅シロップやしそジュースにもクエン酸が含まれているので、こちらもよく飲んでいます。

しそジュースの効能は?作り方 砂糖なしでも!再利用法も!

梅シロップの作り方 砂糖が溶けない?!保存方法も

さいごに

夏って、暑いだけでなんだか疲れちゃう私です。

ですが、ちょっと気をつけて夏バテ対策になるものを取り入れると体調がよくなるんですよね。

まだまだこれからが夏本番ですが、今回紹介した夏バテ対策を取り入れて元気に夏を乗り切りっていただけるとうれしいです^^

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もどうぞ

しそジュースの効能は?作り方 砂糖なしでも!再利用法も!

梅シロップの作り方 砂糖が溶けない?!保存方法も

スポンサードリンク

 - 健康, 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事