ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

赤ちゃんと旅行 飛行機での過ごし方は?持ち物は?気をつけることは?

   

赤ちゃんが生まれてから忙しくお世話をする毎日。
たまにはゆっくりと旅行に行きたいなんて思いませんか?

スポンサードリンク

赤ちゃんとの旅行は何かと気を使うこともありますが、前もって下調べや準備をしておくことで快適に過ごせることもありますよね。
今回は赤ちゃんとの旅行に役立つ情報を紹介します。
また、旅行中の離乳食の記事も参考にしてくださいね。

旅行のとき赤ちゃんと飛行機で少しでも快適に過ごす方法は?

移動が飛行機の場合などんな準備をしておくといいのでしょう。

まず、予約のときに座席を赤ちゃんと過ごしやすい席にしておくということです。
最前列の席は広くていいのですが、足元に荷物を置けないという難点も。
また、授乳する際落ち着けるようあまり人の行き来がない席がおすすめですね。
飛行機の種類によっては前方か後方に窓側2列の席がある場合があるので航空会社に確認してみるのも手です。

また、JALではクラスJの後方に3歳未満の赤ちゃん同伴の搭乗客優先座席があります。
座席に限りがありますがインターネットでの座席指定も可能です。
赤ちゃん専用毛布もありますので必要なときは利用しましょう。

いっぽうANAは着ないでご機嫌斜めになったときのためにおもちゃや絵本を用意してあります。
ミルクの準備の手伝いやトイレに行く際に赤ちゃんを抱っこしてくれるなどもしてくれます。

快適に過ごすために事前にできることはなるべくしておくと安心ですね。

赤ちゃんとの旅行出の持ち物 飛行機内で役立つものは?

赤ちゃんが飛行機であると便利なものやぐずったりしたときのため用意しておくといいものをを紹介します。

ストロー付きの水筒
機内サービスで飲み物を配ってもらうときに水筒に入れてもらうと何かと便利です。離陸着陸のときに加えさせておくといいといわれていますし、何よりこぼす心配がありません。

着替え
機内は狭いので、飲みこぼしなどがおきやすいです。着替えを持っていると安心できます。

食べ物
ベビーフードや好きなおやつなど普段から食べなれたものや好物を用意しておいてくとぐずったときに対応できます。

スポンサードリンク

ブランケット、バスタオル
機内でもブランケットは貸してもらえますが、普段から使い慣れたものがあると安心できるので持ち込むのもいいですね。

おもちゃ
おもちゃといってもかさばるものや音の出るものではなく、ぬりえや絵本、シールブックなど手軽に持ち込めるものがいいですね。
旅行のために用意した新品のものや、ちょっと珍しいものなどを用意しておくと機内で楽しく過ごせそうです。
赤ちゃんにもですがもう少し大きくなった子供にも用意しておいてあげたいですね。

抱っこひも・おんぶ紐
普段からぐずったときは抱っこやおんぶで対処するママパパが多いのではないでしょうか。
機内でも念のためにすぐ出せる場所に用意しておきましょう。

赤ちゃんと旅行 飛行機で気をつけることは?

赤ちゃんと飛行機に乗る際に気をつけておくといいことは・・・・

赤ちゃんが寝るタイミングを飛行機の時間にする
飛行機の中で赤ちゃんが寝てくれるとママパパも安心ですよね。何よりママの負担が減ります。
たそがれ泣きという言葉があるように夕方は赤ちゃんはぐずりがち。この時間のフライトは避けたほうがいいかもしれませんね。

耳抜き
赤ちゃんは自分で耳抜きはできないので、離陸着陸のときは授乳したり、ミルクをあげたりして耳抜きのお手伝いをしてあげましょう。
スムーズに授乳できるようにケープなどを用意しておきましょう。
幼児には飲み物で耳抜きのお手伝いをしてあげましょう。

キッズスペースで遊ばせておく
これは飛行機に乗る前のことですが、飛行機で寝てもらうためにもよくあそばせておくといいですね。
空港にはキッズスペースがありますので少し早めに空港に行き少し遊ばせてから搭乗するといいでしょう。

暑さ寒さを調節
飛行機の中は暑かったり寒かったりしますので赤ちゃんをよく観察してきるものやおくるみで調節してあげましょう。

さいごに

飛行機でぐずられると周りにも気を使って疲れてしまいますよね。
なるべく赤ちゃんのリズムに合わせて、親子ともどもリラックスして空のたびを楽しみたいですね。

スポンサードリンク

 - こども, 旅行

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事