ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

梅酒の作り方焼酎の種類のおすすめとコツはこれ!砂糖控えめにするには?

   

もうそろそろ梅仕事の季節ですね!

我が家でも梅シロップ、梅干し、梅酒などを作ったりします。

中でも梅酒は私は飲みませんが、旦那さんの要望で作ったりしています。

通常、梅酒はホワイトリカーで作ることが多いと思いますが、我が家の梅酒は焼酎です。

家にたくさん焼酎があったから・・・というわけなんですが・・・

ということで今回は梅酒の作り方焼酎ではどんな感じなのかを我が家の梅酒を例にして紹介したいと思います。

スポンサードリンク

梅酒の作り方焼酎のおすすめは?我が家の梅酒はこれです。

我が家の梅酒は焼酎で作ります。

焼酎といってもいろいろと種類がありますよね。

その中でもおすすめは「芋」です。

芋焼酎というと臭いがきついなどで好みが分かれるところなのですが・・・

我が家の場合は、実際梅酒にしてみると芋焼酎の独特の臭いはそれほどしませんよ。

ホワイトリカーで作る梅酒との味の違いは、芋焼酎で作ると少し味に深みというか濃く感じるということです。

コクがあるというのでしょうか。

個人的な感想はホワイトリカーで作ると梅の味を楽しむ梅酒に、芋焼酎で作ると焼酎と梅のハーモニーを楽しむという感じですね。

なので芋焼酎がお好きだという方にはおすすめですよ^^

作り方はホワイトリカーで作るときの分量とほぼ同じで作っています。

芋焼酎 1.8l
梅 1kg
氷砂糖 600g前後

こんな分量です。

次の章では作り方のコツについて紹介しますね。

梅酒作り方のコツはこれできまり!

梅酒をうまく作るコツはやっぱりカビに気をつけることです。

カビが生えてしまうとせっかくの梅酒が台無しです。

そこでカビが生えないための注意点を紹介しますね。

・傷のない梅を使う

・梅はよく洗い水分をちゃんとふき取ること

スポンサードリンク

・梅酒をつけるビンは消毒する

・利用するアルコールは35度以上のものを

・氷砂糖を使った場合は毎日1度はビンを回して混ぜる

以上のことはよく注意しておきましょうね。

実は・・・我が家の芋焼酎はアルコール度数は20度です。

今の所カビも生えずおいしくいただけていますが、やっぱりアルコール度数は35度以上が安心です。

なので、梅酒用焼酎を買うときはアルコール度数をきちんと確認するようにしましょうね。

梅酒の作り方 砂糖控えめにするときの量は?

梅酒を作るときにちょっと迷うのが砂糖の量じゃないでしょうか?

私は正直いつも迷っちゃいます。

私自身は甘ったるいのはちょっと抵抗があるので砂糖控えめにしたいなと思っています。

その場合は、梅1kgに対して砂糖400g~600g程度がいいですね。

最初の章で紹介したとおり梅1kgに対して砂糖600g程度が標準的甘さです。

甘くしたい場合は、梅1kgに対して砂糖800~1kgくらい。

お砂糖の役割は甘み付けというのもありますが、梅のエキスを引き出す助けもしているんです。

なので、砂糖の量が少ないとエキスの抽出にちょっと時間がかかってしまいますね。

でもこの辺は好みなので、いろいろとお砂糖の量を試してみて好みの味を追求するのも楽しいですよ^^

まとめ

この季節は本当目仕事が楽しいですよね。

基本的にはほとんどお酒を飲まない私でも梅酒を作りたくなってしまいます。

焼酎で作る場合の我が家でのおすすめは芋焼酎。

一番梅酒を消費している旦那さんいわく、コクがあっておいしいそうです。

梅酒作りはカビの発生に気をつけて、自分または飲む方の好みの物を作れるようになりたいですよね^^

読んでいただいてありがとうございます。

 

こちらの記事もどうぞ

梅酒梅シロップ梅干しなど梅仕事の記事まとめ

スポンサードリンク

 - 手作り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事