ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

こどもの日の料理は簡単でもこどもが喜ぶ献立を提案!

      2016/04/23

おうちでのこどもの日の献立はどうします?

ひな祭りと違って、こどもの日はこれといった決まった行事食ってありませんよね。

でも、こどもの日だし何か作ろうかなってときほんとに悩んじゃいますよね。

子どもの好きなものって言っても誕生日やクリスマスなどに作っているとなんだかマンネリを感じてしまうし。

そこで今回はこどもの日の食事の献立について提案します。

スポンサードリンク

こどもの日の料理は簡単だけどこどもが喜ぶものを!

こどもの日って何作ろうか悩みますよね。

そこで今回提案したいのは

・旬のものを取り入れた献立

です。

もちろん、子どもうけするようにアレンジすることで子どもも喜んでくれますよ。

子どもの好きなものって、お子様ランチのようなハンバーグ、パスタ、からあげって感じになりがちだけど、実は子どもって以外とこんなものも好きなんだっていうものを喜んで食べることもあるんですよね。

うちのこの場合はこんにゃくです・・・

なので、素材は旬のもの作るものは子供が親しみのある感じにするってのもアリかな~って思うんです。

たとえば、5月の旬は

野菜だと

・たけのこ

・キャベツ

・さやえんどう

・たまねぎ

・アスパラ

・グリーンピース
など

魚だと

・さわら

・はまぐり

・かつお

・あじ

・真鯛
など

などです。

今回は、これらの食材を組み合わせてこどもの日にもいけそうな献立を考えてみましたよ。

詳しくは次の章で!

こどもの日の献立の提案はこれ!

今回は旬のものを取り入れて献立として

グリーンピースご飯

アスパラとウィンナーの具沢山スープ

あじハンバーグ

春キャベツとベーコンのマヨ炒め

イチゴのババロア

こんな感じにしてみました。

早速レシピを紹介していきますね。

グリーンピースご飯

材料 2合

お米   2合
昆布   1枚
グリーンピース さやから出して  150g

水    360ml
酒    大さじ1
塩    小さじ1と1/2

作りかた

1.お米は問いでざるにあげておく。

2.グリーンピースはさやから出して洗う。

3.炊飯釜に材料をすべて入れて炊く。

グリーンピースご飯はさやに入っているグリーンピースを使うと本当においしくできるのでおすすめです。

材料を入れて炊飯器で炊くだけなのにちょっとうれしいご飯になるグリーンピースご飯は子どもにも人気ですよ。

アスパラとウィンナーの具沢山スープ

材料 3人分

アスパラ  3本
たまねぎ  1/2個
にんじん  中1/2個
じゃがいも 小2個
ウィンナー 4本

水     2.5カップ
コンソメ  1個
塩 こしょう 適量

作り方

1.野菜、ウィンナーを食べやすい大きさに切る。

※アスパラは根元が筋っぽい場合があるのでピーラーで皮をむくといいですよ。

2.なべに油を入れて熱し、たまねぎ、にんじんをいためる。
たまねぎが透明になったら、残りの材料も入れて炒める。

3.全体に油が回ったら、水とコンソメを入れて煮込む。

4.しおこしょうで味を調えたらできあがり

スポンサードリンク
あじハンバーグ

材料 3人分

あじ 3尾(三枚におろす)
たまねぎ 1/2個
大葉 6枚

○しょうが 1片
○しょうゆ 大さじ1
○片栗粉 大さじ1
○酒 小さじ1

作り方

・あじは3枚におろしてぶつ切りにする。
(我が家はお魚コーナーの方におろしてもらいます)

・たまねぎと大葉はみじん切りにする。しょうがはすりおろす。

・フードプロセッサーにあじと○の調味料を入れて攪拌する。

・あじをボウルに入れて、さらに玉ねぎ大葉も加える。

・よく混ぜて小判型に整える。

・フライパンに油を熱して中火で5分程度焼く。

・裏返して1~2分程度焼いて、水か酒(分量外大さじ1)を加えて蒸し焼きに。

お好みで大根おろしを乗せてもGOOD^^

ポン酢やケチャップ+しょうゆなどのソースでどうぞ。

春キャベツとベーコンのマヨ炒め

材料 3人分

春キャベツ 3枚
ベーコン  3枚
☆マヨネーズ 大さじ2
☆お酢    小さじ1
☆しょうゆ  小さじ2

作り方

1.春キャベツはざく切りに。

2.ベーコンは1.5cm幅に切る。

3.フライパンに油を入れて熱してベーコンを炒める。

お好みでカリカリにしてもおいしいです。

4.キャベツを加えて炒める。

ちょっと生っぽいところが残っているかな位で炒めるのをおさえておくのがポイント☆

5.あらかじめ☆の調味料を混ぜておいて、炒めた具材に回しかけて混ぜる。

イチゴババロア

ケーキも良いけど、ババロアも手軽にできておすすめのデザートです。

材料 ボウルなど1つ分

いちご  200g
ヨーグルト(無糖) 100g
牛乳   100g
砂糖   50g
ゼラチン 7g
水    70g
生クリーム 100g

作り方

1.ゼラチンを水で10分程度ふやかす。

2.イチゴとヨーグルトをフードプロセッサーでピューレ状ににする。

3.牛乳と砂糖をなべに入れて火にかける。

4.砂糖が溶けたら日からおろしてゼラチンを加えてよく混ぜながら溶かす。

5.ゼラチンを加えて牛乳液とイチゴのピューレを混ぜる。

6.氷水の入ったボオルに牛乳液+イチゴのピューレが入ったボウルを冷やしながらとろみがつくまで冷やす。

7.生クリームは5分立てにする。

8.6と7を混ぜ合わせる。

9.型に入れて冷やし固める。

ババロアは作りなれていないと型からはずすのがちょっと難しい場合もあります。

なので、ボウルのまま冷やし固めたり、ホーローなどを利用して固めてから、盛り付けは一人ずつお皿に盛って生クリームやイチゴをトッピングするという形でもかわいくまとまりますよ。

野菜やお魚って苦手な子どももいるとは思うんですが、子供が好きな味付けにすることで、けっこう食べてくれることってあるともうんですよね。

子供が好きなものを作ってあげるのも良いと思いますが、ちょっと工夫していつもと違うご馳走も子どもの経験を広げる意味ではいいかな~って思います。

こどもの日の献立のまとめ

こどもの日は決まった行事食が柏餅やちまきくらいなので、献立は旬ものを取り入れてみることを提案します。

旬のものをとりいれつつ、子ども受けする味付けやメニューにすることで喜んで食べてくれるよう工夫してみるのも楽しいですよ^^

旬ものもを取り入れる、工夫するっていても簡単なメニューでOK

今回紹介したものはレシピを見てもらえばわかりますが、どれも簡単にできるものです。

こどもの日の献立の参考にしてもらえるとうれしいです♪

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 行事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事