ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

作り置きおかずの保存期間と保存方法や日持ちするものってどんなもの?

   

自炊を始めると作り置きおかずってホント便利だと思いますよね~

ちょっと多めに作っておいて、帰宅後にささっと食事できるって楽ですよね。

作り置きはそんな自炊には欠かせないワザですが、ちょっと心配なことも。

いったい、作り置きおかずの日持ちってどれくらいなのかな~ってこと。

せっかくたくさん作っておいても食べきれないともったいないし、でもけっこう日がたってしまったものを食べるものちょっと・・・

そこで今回は作り置きおかずの保存についてまとめてみました。

スポンサードリンク

作り置きおかずの保存期間てどれくらい?

作り置きおかずの保存期間は2~3日を目安にするようにしましょう。

もちろん季節やどんなおかずかによっても違いがあるのです。

たとえば煮物

食べるたびに火を通すようにすれば少し長持ちします。

それと酢の物やマリネ

これは酸が入ることによって傷むのを予防してくれるので4~5日程度日持ちするものもあります。

特に注意する点は、作り置きのおかずは作ってからほうっておかないで粗熱が取れたら冷蔵庫に保存しておきましょう。

保存する際にもちょっとしたポイントをきちんとおさえることで作り置きおかずも日持ちして安心して食べることができるんですよ。

それでは、次におかずの保存方法のコポイントについて説明しますね。

おかずの保存方法、冷蔵庫では?

おかずを冷蔵庫で保存するときにはちょっとしたコツで日持ちするので作り置きおかず作りに取り入れて見てくださいね。

☆味付けを濃くする

基本的に調味料に含まれている塩分や糖分、酸などには食べ物を傷みにくくする働きがあります。

先ほどの章で紹介した酢の物もそうですが、お漬物や梅干、佃煮、ジャム、など塩やしょうゆ、砂糖をたっぷり使ったものは保存食として日持ちしますよね。

普段食べるおかずはそこまで味を濃くしないにしても、作り置きする分だけは濃い目に味付けをしておくことで日持ちがよくなります。

スポンサードリンク
☆水分はなるべくとばす

なぜ水分をとばすことがポイントかというと、雑菌の繁殖に水分は欠かせないからなんです。

ですので、炒め物などは野菜から水分が出るので、しっかりいためて水分をとばしたり、キッチンペーパーである程度とってから保存しましょう。

☆よく加熱する

しっかり加熱することで食材についている雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。

どんなものを作るときにでもしっかり中までで火を通すようにしましょう。

また、冷蔵庫で保存していても雑菌は繁殖してしまうので、食べる前には火を入れたり、一日一回は火を入れたりとしっかり管理しましょうね。

☆作り置きおかずに向く容器を使う

作り置きおかずを入れるときのおすすめは、透明の保存容器です。

プラスチックでもガラスでもいいです。

理由は

何が入っているかすぐに分かるから

です。

せっかく作り置きしても食べ忘れたりしてはもったいないですよね。

同じ容器をいくつかそろえたら、冷蔵庫の中もすっきりします。

ちなみにホーローの保存容器も個人的には好きですが、中が見えないのでもっぱら持ち寄りのときに使ったり、お弁当箱として利用しています。

また、ホーローはレンジに使えないのが人によってはマイナスかも。

このように、おかずを冷蔵庫で保存する場合もしっかりとポイントをおさえることで、安心して作り置きのおかずを食べることができますよ^^
作り置きおかずを作るときには覚えておいてくださいね^^

おかずで日持ちするものはどんなもの?

この章では作り置きおかずに向いている日持ちのするおかずを紹介しますね。

筑前煮

肉じゃが

ひじきの煮物

切り干し大根

ごぼうのきんぴら

かぼちゃの煮物

酢の物

高野豆腐

五目煮

ナムル

きのこのにんにくソテー

マリネ類

カレー

シチュー

煮込みハンバーグ

牛肉しぐれ煮

ひき肉味噌いため

からあげなどの揚げ物

このような感じで比較的濃い目の味付けで、調理の際にしっかりと火が通るおかずがおすすめです。

前の章で紹介したポイントをしっかり確認して保存してくださいね。

作り置きおかずの保存のまとめ

作り置きおかずの保存期間は2~3日を目安に。

保存のポイントは

・味付けを濃く
・水分はよくとばす
・しっかり加熱
・保存容器に工夫を

です。

ここを気をつけておケば作り置きおかずもおいしく安心して食べられますよ。

楽しくおいしい自炊生活を送りましょうね^^

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もどうぞ
一人暮らしの節約体験談!私は食費をセーブしたら貯金できました

一人暮らしの節約料理は献立の工夫と作り置きを駆使して楽よう!

一人暮らし節約術のコツと裏ワザを紹介!これで貯金もできる!

スポンサードリンク

 - 生活 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事