ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

一人暮らしの節約体験談!私は食費をセーブしたら貯金できました 

      2016/03/22

一人暮らしの節約ってなかなか大変ですよね。

ほかの人はどうしてるんだろうって気になったりしませんか?

実はわたしも一人暮らし時代は節約をしていました。

そこで今回はわたしの節約生活体験談を紹介しようと思います。

すこしてもお役に立てると幸いです。

スポンサードリンク

一人暮らしでも節約できる!わたしの体験談

まず、わたしの節約は貯金をするためという理由があってのものでした。

私はあればあっただけお金を使ってしまう性格で、何か目標がないと貯金をすることがなかなか難しいのです。

なのでわたしの節約は貯金とセットです。

まずわたしが、実践していたことは

自炊

お弁当作り

日用品を必要以上に買わない
たとえば洗剤は風呂用 床掃除用などいろいろな種類を買うのをやめて、重曹やクエン酸をつかう掃除方法に替えました。

スキンケアもシンプルに
昔はそこそこ値段のする化粧水や美容液も使っていましたが、手作り化粧水で充分だということに気づいてからはもっぱら手作りです。

ヘアスタイリング剤は使わない
ヘアクリームやワックスはなくてはならない必需品!だと思っていましたが、なくても大丈夫でした^^
日ごろスキンケアに使っているホホバオイルなどは髪にも使えるのでそういうもので代用するときもありますが・・・

髪の毛を染めるのをやめた
単純に美容院にかかる費用が抑えられることに加え、髪が傷まないのでヘアケアは基本シャンプー+ホホバオイルを少しでOKに。
ヘアケア用品もけっこうな出費でしたから・・・

こんな感じで削れるところを削ってシンプルな生活を心がけていました。

でも、あれも買わないこれも我慢!ってなるとけっこうストレスになるので、友達との外食はそこそこしていましたし、洋服も高いものはあまり買いませんでしたが、手ごろな価格のものはそれなりに買っていましたよ。

ポイントはバランスです。

引き締めるところは引き締めて、適度に緩める。

やっぱり、日々の生活は楽しいのが一番ですから。

我慢大会にならないようにしていました。

一人暮らしで節約できるのはやっぱり食費

私は外食も好きで時々は外に食べに行きますが、基本的に料理は好きなほうなので、積極的に自炊をしていました。

わたしの生活で、手っ取り早く削れるのは食費だったのでなるべく自炊するようにして節約していました。

週末にはまとめておかずを作っておく

ご飯は冷凍

こうしておくことで仕事帰りでもすぐに食べられるようにしていました。

料理がすきといっても仕事でくたくたになって帰ってきてから

さあ!料理するぞ☆

とは、とても思えないので、なるべく楽にできるような工夫はしていました。

それと、お弁当を職場に持参していましたね。

スポンサードリンク

おかずは2,3品入れますが、週末に作ったものを1回分ずつに分けてラップで冷凍したものを利用します。

ご飯はもちろん冷凍しておいたものをレンジであたためて。

基本、おかず少な目、白飯大目弁当でした^^

わたし、以前は自炊もあまりしていなくて、職場でもコンビニで買った菓子パンなどを食べていたんですね。

でも、お昼代だけでもけっこう食費かかっていて・・・

そこでやっぱり見直そうと思って。

最初は弁当作りなんてムリ!って思っていたものですから、とりあえずおにぎりをもって行くことにしました。

お味噌汁はスーパーで買ったお湯を注ぐだけのもの。

この生活に変えるだけでも食費って変わってくるんですよね。

さらに、体調もよくなるといううれしい副産物もあって。

だから、最初からすべて自炊!なんて考えなくてもいいのかなって思います。

できるところから取り入れて、徐々にもっとこうしようとか工夫をして行けばいいのでは?と思います。

前の章でもいいましたが、やっぱり日々の生活は修行ではなく楽しくしたいですから、

無理のない範囲でできることを

というのがいいかなと思います。

一人暮らしでも節約すれば貯金は可能

ポイントは

貯金を習慣づける

ということです。

基本的に目的がないと貯金ができない性格なので、貯金をするときは必ず目的があります。

そして、その目的のために必要な金額、期間、そこから計算して毎月いくら貯金すればいいのか、を考えるんです。

毎月いくら貯金をすると決まったら、お給料からすぐにその額を貯蓄用の口座に移して、なかったものして生活します。

まずは貯金する。

残りのお金でその月の生活費を割り振るという風にしていました。

そうすると、できますよね、貯金。

私のしていた仕事は残業代が出ていたのでその金額に応じて少し多めに貯金できる月もあったし、ちょっと今月は貯金少なめになるかもという月もあったのでその辺や臨機応変にしていました。

でも貯金をしない月はないようにしていました。

こういうのは習慣なんで、毎月貯金をするという習慣だけはお給料が少なくても続けるようにしていましたよ。

一人暮らしの節約術体験談のまとめ

わたしがしていた節約術は

・食費は自炊でコストを抑える

・生活費はシンプルに生活することでコストを抑える

ということです。

つらい節約ではなく暮らしの工夫と言う感じでしていたので、割と楽に生活の中に取り入れることができていましたよ。

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もどうぞ
一人暮らしの節約料理は献立の工夫と作り置きを駆使して楽よう!

一人暮らし節約術のコツと裏ワザを紹介!これで貯金もできる!

作り置きおかずの保存期間と保存方法や日持ちするものってどんなもの?

スポンサードリンク

 - 生活 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事