ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

子供が起きないのは病気なの?イライラしない起こし方ってある?

   

毎朝、お子さんを起こすのに苦労している親御さんたくさんいらっしゃいますよね。

私も10代の頃は母に起こしてもらわないとなかなか起きられない子供でした。

あまりにも起きられない子供を見て、これって病気?って思うこと、ないですか?

いやいやただ甘えてるだけ!

怠けてるの?

なんて思われていますか?

実は、朝起きれないのは病気の可能性もあるんです。

そこで今回は朝起きられないという症状がある起立性調節障害についてまとめてみます。

スポンサードリンク

子供が起こしても起きない!これって病気?

朝起きられないという症状を持つ病気、起立性調節障害とはどんな病気なのでしょうか。

起立性調節障害は自立神経失調症の一種といわれていて思春期の女の子に多い病気です。

しかし、おとなには起立性調節障害はないのかといえばそうでもなく、10代の頃の症状を持ち続けたまま大人になる人もいるといわれています。

では、なぜこの病気になるのでしょうか。

先ほども紹介したように起立性調節障害は自律神経失調症の一種です。

起立性発達障害が起こりやすい思春期といえば身体の発育が急激ですよね。

この急激な身体の発育が原因となって自律神経の働きのバランスがくずれてしまった状態になり、起立性調節障害となってしまうといわれています。

また、思春期特有の人間関係や勉強、部活の悩みなどの心理的ストレスが原因となる場合もあります。

この病気になりやすい子供の傾向としては、

他人に気遣いしすぎて心にストレスをためやすい

というのがあります。

子供が起きない時、イライラする前にチェックすること

子供が起きないとイライラしますよね。

でも、イライラする前にちょっと子供の様子を見てみませんか?

もし、当てはまる部分があったら起立性調節障害の可能性もあります。

朝起きられない

夜なかなか眠れない

よくイライラする

集中力が低下している

立ちくらみがある

体全体に倦怠感がある

食欲がない

立っていると気分が悪くなる

失神の発作がある

動悸がする

頭痛がする

スポンサードリンク

もしこんな症状があったら、起立性調節障害の可能性があります。

まずは本人にも確認しながら普段の様子をチェックしてみましょう。

もし、この病気が疑われる場合15歳までであれば、小児科で診てもらう事ができます。

小児科で見てもらう年齢でない場合はまずはかかりつけ医に相談しましょう。

朝起きない子供の起こし方

まずは、主治医と相談しましょう。

そして、子供を起こす前に

この病気の場合起きないのは本人の努力が足りないわけではない

ということをよく理解してくださいね。

決して怠けているのではないのです。

では、基本的に起立性調節障害の子供を朝起こすときの注意点を紹介しますね。

・朝起こすときの声かけはやさしくします。しつこくしません。

子供も決して起きたくないというわけではなく、起きられないんですね。

そんなときにイライラした調子で起こされたり、怒られたりするとつらいと思いませんか?

・無理やり引っ張って起こしたりしません。

この病気の症状として朝起きられないとともにめまいや頭痛などもあると先ほど紹介しました。

無理に引っ張り起こしたりして急に立ち上がったりするとめまいを起こしたり、頭痛がひどくなってしまう可能性もあります。

もしお子さんが起きられそうな場合はゆっくりと座らせてあげて、体をさすったりして様子を見ましょう。

立ち上がる場合もいきなり立ち上がらずにゆっくりと頭は下げた状態で徐々に立ち上がりましょう。

人によっては朝に水を飲んだり、音楽を聴いたりすると起きやすい場合があります。

このときの音楽はお気に入りの曲やヒーリングミュージックのようなリラックスできるものがおすすめです。

朝起きない子供は病気?のまとめ

もし、お子さんが今回紹介した起立性調節障害だったとしても、親御さんの育て方が間違っていたわけではないということは忘れないでください。

何はともあれ、家庭が明るいって大事です。

頼れる家族がいるって救いです。

大変な状況でもなるべく前向きに、時々後ろ向きになってもまた前を向いて進みましょう。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事