ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

卒園式と入学式の服装は同じでもマナー的に大丈夫?コーデ次第で両方いける!

      2016/02/20

今年卒園を迎えられるんですね。

おめでとうございます。

喜びいっぱい!とともに、悩み事もありますよね。

たとえば、服装。

卒園式が終わったら入学式。

出費がかさむ時期なだけにできれば、卒園式と入学式は同じ洋服を着まわしたい・・・

けれど、それってあり?

マナー的に大丈夫?

そんなお悩みを解決すべく、今回は卒園式と入学式の服装についてまとめてみました。

スポンサードリンク

卒園式と入学式の服装は同じでも大丈夫?

基本的には同じでも大丈夫です。

やっぱり出費は控えたいというのが本音ではないですか?

そのために、手持ちの服で着まわすのはアリですよ。

同じ服装といっても小物を変えるだけで印象は変わってきますから。

同じ服装が大丈夫かなって思う理由って周りの人がどう思うかってのもあるんじゃないでしょうか。

でも、周りの人はそれほどほかの人の服装に気をとられていないですよ。

そりゃ、すっごく奇抜な格好だと印象に残ると思いますが、それなりに気をつけている方の服装であれば、それほど周りのことを気にすることはないと思います。

もうひとつ、服装で気になるのがマナーのことではないでしょうか。

卒園式と入学式で同じ服装だとマナー的にどうかってこと。

それは次の章でみていきましょう。

卒園式と入学式の服装のマナーってどうなってる?

卒園式と入学式が同じ服装でもマナー的にNGということはないですね。

でも、それぞれの式にふさわしい印象の服装はあります。

それでは卒園式、入学式の服装のマナーを確認していきましょう。

卒園式は入園式、入学式に比べて落ち着いたシックな服装。

入学式は新しい出発にふさわしくさわやかで明るいイメージの服装。

となります。

色は卒園式入学式ともに、ブラック、ネイビーグレー、ベージュ、パステル系などの色を選ぶようにしましょう。

一般的には

卒園式=ダーク系の色合いの服装

入学式=明るめの色合いの服装

となっている場合が多いです。

このように、卒園式と入学式では違った印象を感じる服装になります。

でも、心配しないでください。

卒園式と入学式に同じ服装で行くとしても大丈夫です。

小物を少し変えるだけで、雰囲気もかわりますから。

それぞれの式にあうように小物で印象を変えてみましょう。

次の章では、小物を使ったコーディネートについてみていきます。

卒園式と入学式に使えるコーデはコレ!

小物でそれぞれの式に合うようにコーディネートを考えてみます。

こんなときに活躍してくれるのが

コサージュ

ネックレス

スポンサードリンク

です。

この中でも使いやすいのがコサージュとネックレス。

たとえば、手持ちの洋服が黒のスーツもしくは黒のワンピーススーツだとすると・・・

卒園式では

首元はパールのネックレスにしてシックな雰囲気を。

ネックレスも長さで雰囲気が変わってきます。

短めのものときちんと感が、眺めのものだとおしゃれ感がでますよね。

手持ちの服に合わせて選んでみてください。

入学式では

首元はシンプルなネックレス、胸元にはコサージュで華やかな雰囲気を。

コサージュ+ネックレスだと、ごてごてしすぎるのを避けるためにも、ネックレスはちょっと控えめにするといいですね。

中に着るブラウスによってはネックレスはなくてもいい場合もありますよね。

こんな感じのオールドピンクのコサージュなら、ダーク系の色の服装でも華やかさを出しつつも落ち着いた雰囲気になって素敵ですよ。

小物ではないのですが、中に着るブラウスを変えるだけでも印象は変わりますよね。

卒園式ではシンプルなブラウス

入学式ではフリルのついたブラウス

をチョイスすることで、印象は結構違うものです。

このように、基本の服装は同じでもちょっと工夫することで卒園式入学式の雰囲気にあった印象にすることができますよ。

卒園式と入学式の服装のまとめ

卒園式と入学式の服装はちょっとした小物使いで印象を変えるのがおすすめです。

もし服装について心配であれば、先輩ママさんや保育士さん、幼稚園の先生に確認してみるといいですよ。

忙しい春になりますね。

新生活もがんばってくださいね。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 行事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事