ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

苛性ソーダの処分方法 手作り石けんで使い残した時どうする?

   

手作り石けんてつくったことありますか?

ある方ならご存知だと思いますが、苛性ソーダという薬品を使うんですよね。

わたしも過去に何度かつくったことがあるのですが、今は全く作っていません。

で、苛性ソーダってもう使わないだろうから処分しよう!とおもっていろいろと調べてみたんです。

そこでわかったことは、苛性ソーダって劇薬だってこと。

処分するのにもなかなか簡単には捨てられないよう・・・

でも、私は何とか無事に処分することができました!

そこで、今回はわたしがどのようにして苛性ソーダを処分したかについて紹介します。

スポンサードリンク

手作り石けんで使い切れなかった苛性ソーダの処分方法

結論から言うと、業者に引き取ってもらいました。

金額は4000円でした。

でも、ここにたどり着くまで長い道のりでした・・・

まず、手作り石けんを作らなくなってから、苛性ソーダはクローゼットで保管していたんです。

すると、フレーク状だった苛性ソーダは湿気を吸って液状に・・・

これは一刻も早く処分しなくては!

処分方法を知るためにまずは市役所で聞いてみました。

答えは、

「わからないので購入した薬局などで聞いてください。」

わたしの聞き方が悪かったのかもしれませんが、市役所でもわからないのにどうしたら良いんだろうと困ってしまいました。

とにかく購入した薬局で確認してみることに。

答えは

「処分という方向ではなくてお掃除などに使ってしまっては?」

ということでした。
処分したいといっても結局薬局でもわからないとのこと。

じゃ、掃除に使ってみるかと思いいろいろと調べてから、苛性ソーダを確認してみると、液状だったものがカチカチに固まっていました。

これでは掃除にすら使うことができません。

困った困った、ほんとに困りました。

我が家は小さい子供がいて、いたずらがだいすきな時期。

もちろん手の届かない場所に何重にもビニール袋に入れて保管してありましたが、心配です。

早く処分せねば・・・

スポンサードリンク

でもどこに問い合わせれば良いのか・・・

だめもとで市のごみ処理施設に問い合わせてみました。

とても親切な対応だったのですが、結局市役所に聞いてみたほうがという回答。

いやいやわたし一番最初に聞きましたけど、市役所に。

と思いましたが、ほかになすすべがないのでもう一度市役所に聞いてみることに。

するとどうでしょう、あっさりと解決。

以前聞いた方とは違う方が対応してくださって無事に処分方法を教えてもらえました。

そこで教えてもらったことは

・私が住んでいる市では回収はしていないので、専門の業者に依頼すること。

・近くの専門業者を何社か教えるので、問い合わせてみてくださいとのこと。

これですっきりと安全に苛性ソーダとお別れできる!とほんとに小躍りしたくなるような気持ちでした。

早速、業者に確認して引き取ってもらうことに。

流れは

・業者に連絡をして見積もりを出してもらう。

・見積もりが出たら、契約書を交わす。
私の場合は、業者の方が苛性ソーダの状態の確認と契約書のために家まで来てくださいました。

・別の日に苛性ソーダ引きとり
契約書を交わして数週間後に苛性ソーダを引き取りにきてもらいました。
代金はこの時に支払いました。

これで終了。

契約書等は5年間は保管してくださいとのことでした。

軽い気持ちでつくった手作り石けんでしたが、苛性ソーダの処分がこんなに大変だなんて自分の無知さを呪いたい気分でした。

つくるのは楽しいですが、苛性ソーダは劇薬。

もちろん安全に使って、すべて使い切れば問題はないのでしょうけれど。

でも、自分が何を扱っているのかしっかりと把握しなくてはとよい勉強になりました。

そして無事に処分できて本当に安心しました。

買った金額より処分する金額のほうがずいぶんと高かったですが、これは授業料と思うことに。

苛性ソーダの処分はプロにお任せすることをおすすめします。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事