ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

香典の金額 友人の親へは?渡す側の年齢で違いあり!連名の時は?

   

友人の親御さんが亡くなられた時、お香典はどのようにしていますか?

知っているようでもなんだか自信がない、なんて場合はしっかりと確認しましょうね。

冠婚葬祭のマナーではどのようになっているのか、見ていきましょう。

スポンサードリンク

香典の金額は?友人の親が無くなった場合

友人の親が亡くなった場合の香典の金額の相場はは5000円というのが多いです。

最近、都市部のお葬式では香典のお返しを「即日返し」といってその場で渡すことが増えているんです。

基本的に香典のお返しは1/3~半額位なので、それに相当した金額のものを葬儀当日に用意するんですね。

そのお返しの金額の相場が2500~3000円程度のケースが多いんです。

そのことも考慮するとやはりお香典は5000円くらいが良いと思います。

ただ冠婚葬祭のマナーは地域によって違いがあるので周りの人に確認するようにしましょう。

地区の中で一律いくらとなっている場所もあるようですし、地域によっての決まりごとってある場合も。

また、一般的に高額のお香典は失礼に当たるとも言われますが、地域によっては高額包むのが慣例というところもあり、きいてみなければわからないということもあります。

香典の金額は渡す側の年齢で違う?

お香典の相場は5000円だと紹介しましたが、実は渡す側の年齢で若干差があるんです。

友人の親御さんへのお香典の場合

スポンサードリンク
渡す側が20代
3000円~5000円
渡す側が30代~60代
5000円

このようになっています。

香典の場合、地域での慣例がない時は一般的に高額であれば良いというわけではないので紹介した金額の範囲で渡されることをおすすめします。

ただ、マイナスのイメージをを連想させる4000円(死)や9000円(苦)は避けるようにしましょう。

香典の金額と連名にする時の注意

香典を渡す時、連盟にすること最近ではあまりないようです。

連盟にする場合は一人当たりの金額が少ない場合が多く、香典返しのことを考慮するとそれなりの金額を個人でするのをおすすめします。

前の章で紹介したとおり香典返しで「即日返し」の場合は2500~3000円程度のものを用意している場合が多いのです。

連盟で香典をした場合でも香典返しはひとつというわけにもいかないですよね。

一人当たりの額がお返しの品物の額とおなじくらいだと・・・

相手側に気を使わせないためにもお香典は個人でするか、連盟でする時は、一人当たりの金額が小額になる時は香典返しは辞退するなどの配慮されるといいですね。

さいごに

友人の親御さんの訃報は驚きや、なんと声をかければいいのか、などいろいろな思いがありますよね。

そんな時でも、しっかりしたマナーや気遣いをすることを忘れないようにしましょうね。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事