ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

夏の土用の丑の日2015年はいつ?期間ってあるの?どんな意味?

      2015/07/18

土用の丑の日はうなぎを食べる!
土用ってそのくらいのことしか知りませんでした。
なんだか気になったので土用の丑の日について調べて見ました。

スポンサードリンク

夏の土用 2015年はいつ?

2015年の土用の丑の日は2回あります。
7月24日、8月5日です。8月5日のほうは二の丑と呼びます。

土用の丑の日にすることといえばうなぎを食べることですが、夏の土用にすることはほかにもあるんです。

土用干し
梅干しを作る際に天日干しをすることです。この時期に干します。

土用虫干し
衣類や本などを風に通して虫干しをします。

うなぎなどの「う」の付いたものを食べる
うなぎ、梅干し、瓜、うどんなどスタミナをつけたり、食欲が落ちる夏場に食べやすく胃にやさしい消化のよいものを食べます。

そのほかにも薬草を入れたお風呂に入ったり、お灸をすえたりすると夏バテ回復に効果があるとされています。

夏の土用 期間は?

今年の土用丑の日は2日ありますが、では土用の期間はいつからいつまでなのでしょう。

2015年の夏の土用の期間は7月20日から8月7日までです。
ちなみに土用は各季節にあり、今年は、
冬土用 1月17日から2月3日
春土用 4月17日から5月5日
秋土用 10月21日から11月7日
このようになっています。

土用の期間は立春、立夏、立秋、立冬の各季節の前の18日間になります。

夏の土用 意味は?

土用の由来は陰陽五行説からきています。
春夏秋冬を各季節に当てはめて、各季節の終わりの18日間を土用としています。

春:木

夏:火

秋:金

冬:水

土用:土

このように対応しています。
ちなみに五行には人の体の部分が属しています。

スポンサードリンク

春=木=肝・胆

夏=火=心・小腸

秋=金=肺・大腸

冬=水=腎・膀胱

土用=土=脾・胃

このようになっています。

の土用は肝臓に注意していたわってあげましょう。
肝臓をこんにゃくシップであたためるのもいいですね。こんにゃくを温めるのがむずかしい場合は蒸したおるをあてたり、ただ手を当てて手当てをするのもいいですね。
肝臓の機能、解毒を助けるオルニチンが含まれている食べ物をとるのもいいです。
しじみ、まぐろ、ひらめなどにはオルニチンが含まれています。

の土用は心臓に注意しましょう。
血管を丈夫にすることも心臓をいたわることになりますね。
青魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれていて、血管を丈夫にする食べ物なので積極的に食べたいですね。
もちろんうなぎにもこれは含まれています。

の土用はに注意です。
だんだん空気が乾燥してきてきますが、肺などの体を乾燥させないように注意しましょう。
ゆりね、山芋、落花生、アーモンドなどは肺を潤し、機能を強化させる食品です。

の土用は腎臓に注意します。
冬は腎臓が消耗しやすい季節なのでしっかりケアしましょう。
黒米、黒ゴマ、黒豆、海藻類、牡蛎、くるみなどが腎臓の働きを助けます。

さいごに

土用といえば夏の土用が有名ですが、各季節にある土用。
夏以外の土用の期間も少し意識して過ごしてみませんか。

スポンサードリンク

 - 歳時記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事