ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

鏡餅はいつまで飾るのが正しい?開き方とおいしい食べ方も紹介

   

お正月にお供えした鏡もち。

飾ったけれど、いつまで飾っておけばいいのか・・・

どうやって片付ければ・・・

そんな悩みを解決しましょう!

スポンサードリンク

鏡餅はいつまで飾る?

鏡開き1月11日まで飾ります。

地方によっては15日や20日のところも。

昔は1月20日に行われていた鏡開き。
でも、徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなってからは月命日の20日を避けて11日になったといわれているんです。

1月11日に鏡開きをすることによってお正月の区切りをつけます。

そして、お正月の間飾っておいた鏡もちを食べることで無病息災を願います。

次の章では鏡開きの方法について紹介します。

鏡餅の切ってはダメ?開き方は?

鏡もちは切らずに木槌などでたたいて割ったり、手で割ったりするのがよいとされています。

なぜかというと、鏡開きは武家社会で始まった行事。

なので、包丁などで切るというのは切腹を連想させてしまいます。

ということで木槌などを使って鏡もちを割るとよいとされています。

ただ、鏡もちの乾燥具合では割れない場合もあるので、そんな時は・・・

しばらく水につけてから、レンジでやわらかくしてからちぎってわけると楽ですよ。

飾っておいた鏡もちは処分したりしないで食べましょうね。

お供えした鏡もちには神様が宿ると考えられているのです。

その鏡もちをいただくことで、神様の力をいただくとされています。

なので飾った後の鏡もちはありがたくいただきましょう^^

スポンサードリンク

鏡餅がカチカチ!おいしい食べ方は?

前の章で鏡もちはいただきましょうと紹介しましたが、ではどんな風に食べるといいのでしょう?

一番のおすすめはぜんざいです。

カチカチになってしまった鏡もちも、水につけてレンジにかければやわらかくなり、小豆とよく絡んでおいしいんです。

それにあずきにはデトックス効果もあるんです。

年末年始でちょっと食べ過ぎたなって時にとりたい食材でもあるんですよ。

なので鏡もちはぜんざいにしておいしくいただいて、さらにデトックス効果も期待しちゃいましょう。

簡単ぜんざいのレシピも紹介しますね。

材料 3人分

ゆで小豆缶(砂糖入り) 300g
水 250cc
塩 ひとつまみ
鏡もち 適量

ゆで小豆缶を使うと簡単につくることができるのでおすすめです。

今回は砂糖入りのゆで小豆缶を利用するレシピですが、甘さが気になる場合は砂糖なしのものを使って、好みの甘さになるようにお砂糖を加えてくださいね。

作り方
・ゆで小豆と水を鍋に入れて火にかける。
・焦げないように混ぜながら沸騰させて、塩を入れたら弱火で5分程度煮る。
・鏡もちは水につけて、レンジにかけて食べやすい大きさにちぎる。
・器に餅を入れてぜんざいをかけていただきます。

さいごに

いかがでしたか?
お正月を過ぎてからの鏡もちについて参考になりましたか?

せっかく飾った鏡もちありがたくいただいて今年の無病息災をを願いましょう

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事