ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

暑中見舞いを送る時期は?書き方は?返事はどう書いたらいい?

   

年賀状よりは書く機会が少ない人が多いような暑中見舞い。
さて書こうと思うと、いつ出すんだっけ?どうかくんだっけ?なんてなるのはわたしだけでしょうか?

スポンサードリンク

今回は暑中見舞いの書き方についてまとめてみました。

暑中見舞いを送る時期は?いつから送る?

暑中見舞いはいつから出すのか迷ったりしませんか?

暑中見舞いを出す時期は、

二十四節気の小暑から立秋の前日まで

の間になります。

2015年は、小暑は7月7日、立秋は8月8日です。
ですので 7月7日から8月7日に届くように出すことになるのですが、一般的には梅雨が明けてから出されることが多いです。
梅雨が明けてから出す場合は、届く地域によって梅雨明けの時期が異なるので確認してみるといいですね。

ちなみに立秋を過ぎてから出す場合は残暑見舞いになります。
残暑見舞いを出す期間は、二十四節気の立秋から処暑までの間です。
2015年は、立秋8月8日、処暑8月23日ですが、一般的には8月末までに届くように出せば良いといわれています。

暑中見舞いの書き方は?

出す時期はわかったけど、どう書けばいいのでしょう。

暑中見舞いを書く際のポイントです。

・暑中見舞いの挨拶

「暑中お見舞い申し上げます。」
などを、やや大きめの字で書きましょう。

・時候の挨拶と先方への気遣い

「暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?」

・送る側の近況
「わたしたち家族もおかげさまで暑さにめげず元気にがんばっております。」

スポンサードリンク

近況報告やお礼、引越しや結婚などの報告を書いてもいいですね。
ただ、出産報告などは受け取った方が何か贈り物をしなければと気遣ってくださる場合もありますので、送る際は受け取る方のキャラクターの考慮して送るといいですね。

・先方へ体調などへの気遣い

「しばらくはきびしい暑さが続きそうですが、お体ににはお気をつけください。」

先方への気遣いと終わりの言葉を書きます。

・日付

「平成○○年 盛夏」

日付は正確なものを書くのではなく、上記のように書きましょう。

これらを盛り込んだ内容にしましょう。
ちなみに、頭語と結語は不要です。

暑中見舞い 返事はどうする?

いろんな方から暑中見舞いをいただくとうれしいものですよね。先方の近況も知ることができてほのぼのしますね。

思いがけず暑中見舞いを出していない方からいただいた場合は受け取ってから早いうちに送るようにしましょう。
返事を暑中見舞いを送る期間に届くのであれば、暑中見舞いとして、
その期間を過ぎてしまう場合は、残暑見舞いとして送りましょう。

「暑中お見舞い申し上げます。ご丁寧な見舞い状をいただきましてありがとうございました。」

このように、お礼の言葉を入れましょうね。

さいごに

いろいろと書き方や、あいさつの例文などもありますが、一番大切なのは気持ちですね。
暑い盛りに相手を気遣う気持ちをはがきに書いて送るというシンプルな思いでいいのかもしれません。
今年は暑中見舞いだしてみませんか?

スポンサードリンク

 - 歳時記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事