ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

ノロウイルスの予防!正しい手洗いの方法と時間で効果をアップ!

   

ノロウイルスを予防するのに大切なのは手洗いです。

でも、正しい手洗いの方法って知っていますが?

ただ洗うだけではダメなんですよ~

洗い残しがあるとウイルスも手にたくさん残ってしまいます。

今回は正しい手洗いの方法を紹介しますのでぜひ実践してノロウイルスの感染を予防しましょう

スポンサードリンク

ノロウイルスの予防!正しい手洗いの方法は?

早速手洗いの方法を順番に紹介しますね。

1,時計や指輪ははずしましょう。

2,手を水でぬらします。

3,石けんをつけてよく泡立てます。

4,手のひらと甲を5回程度洗います。

5,指の間と付け根は手を組み合わせるようにしてしっかり洗います。

6,親指は逆の手で握ってひねるように洗います。

7,指先と爪の間は逆の手のひらの上でこするようにして洗います。

8,手首からひじまでを洗います。

9,流水でじゅうぶんにすすぎます。

10,ペーパータオルで拭きます。
(ノロウイルスの予防のためにはタオルの共用はしません)

11,自動でない蛇口の場合はペーパータオルを乗せてから水を止めましょう。

12,アルコールをつけて消毒しましょう。

3~9を2回繰り返します。

手洗いで洗い残しがちな場所は

スポンサードリンク

・指先
・指の付け根
・親指

です。

洗い残しのないようにしっかりと洗って予防効果をアップしましょう。

ノロウイルスの予防の手洗いにはどのくらいの時間必要?

手洗いの効果的な時間は

・石けんで10秒洗った後、流水で15秒すすぐ、を2回繰り返す

この方法だと手に残るウイルスの数が激減します。

この手洗いを

・トイレの後
・料理を作る前
・料理を食べる前
・嘔吐物を処理した後
・オムツをかえた後

に、しっかりとしましょう。

ノロウイルスの予防に手洗いはどうして効果があるの?

石けん自体にはノロウイルスの感染力を失わせることはできません。

でも、手の汚れを落とすことでノロウイルスを手指からはがれやすくする効果があります。

そして流水でよくすすぐことで手からウイルスを洗い流してしまいます。

ノロウイルスはわずかな数が体内に入っただけでも感染してしまいます。

先に紹介したようなていねいな手洗いをすることで、手指のウイルスの残存数を激減させることができます。

なので感染を予防する効果があるんです。

だから手洗いは重要なんですね。

しっかり手洗いを習慣づけましょうね。

さいごに

なるべくノロウイルスに感染しないためにも日々の手洗いはしっかりしましょう。
ノロウイルスはどこにいるかわかりませんからね。

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もどうぞ
ノロウイルスの感染源と経路を知って万全に対策を!家庭ですべきことは?

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事