ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

ノロウイルスの感染源と経路を知って万全に対策を!家庭ですべきことは?

      2015/11/29

寒い時期に注意する病気の一つにノロウイルスがありますよね。

ノロウイルスは冬を中心に流行する感染性胃腸炎です。

一度なった人ならわかると思いますが、ほんとにつらいですよね。

もう二度となりたくない!って思いますよね。

ただノロウイルスは一度罹ったらもうならないというものではないので、常に注意が必要となります。

そこで今回はノロウイルスの感染についてまとめてみました。

スポンサードリンク

ノロウイルスの感染源は食べ物?

実は最大の感染源は食べ物自体ではなく、ヒトが保有しているノロウイルスなんです。

感染源は

○ノロウイルスを含むふん便、嘔吐物

○ノロウイルスに汚染された貝類を生や過熱が不十分な状態で食べること

といわれています。

以前は二枚貝が主な感染源と見られていたこともありますが、今は主にヒトがノロウイルスを保有し、それが感染源と見られています。

具体的には、ウイルスが手についた状態で調理をすれば食べ物にもウイルスが付着して感染源となります。

加えて、調理器具がきれいに洗浄されていないとウイルスが除去しきれていなくて感染源となる場合もあります。

とにかく一番気をつけなくてはいけないのは、ノロウイルスを含むふん便、嘔吐物です。

ノロウイルスの感染経路は?

主な感染経路は口から体内に入る経口感染です。

ノロウイルスを含むふん便、嘔吐物

指先などの汚染

汚染された指先などが口に触れる。
または、調理したり、タオルを共用したりすることによって知らず知らずのうちにノロウイルスが体内に。

ほかにも、

ノロウイルスを含むふん便、嘔吐物

乾燥すると空気中にウイルスが舞い上がり拡散

汚染された空気を吸うことで感染

このような形で体内にノロウイルスが入り込んで感染してしまうのです。

なので、駅やいろんな場所で時々見かける嘔吐物がノロウイルスに感染していたら、その近くにいれば空気感染する可能性だってあるんです。

つまりは、どこにでもノロウイルスがある可能性があって、いつ感染するかわからないのです。

ということで感染しないような対策をしっかりして自己防衛することが重要になります。

ノロウイルスの感染対策!家庭でできることは?

感染対策の基本は、手洗いです。

しっかり手洗いをする習慣をつけましょう。

スポンサードリンク

正しい手洗いの方法はこちらの記事をどうぞ
ノロウイルスの予防!正しい手洗いの方法と時間で効果をアップ!

また、二次感染を防ぐためにもふん便や嘔吐物の処理を確実にしましょう。

・手袋、マスク、エプロンは使い捨てのものを必ず身につけてから処理しましょう。
・嘔吐のあった周辺は広範囲を消毒しましょう。
・嘔吐物のついた衣類は消毒をしてから洗濯をしましょう。

嘔吐物の処理についてはこちらの記事を参考にしてくださいね。
ロタウイルスで嘔吐!処理の仕方と消毒や洗濯の対応はどうすればいい?

子どものおもちゃも定期的に消毒をすることをおすすめします。

消毒の仕方は
・水洗い
・次亜塩素酸ナトリウム(0.02%)で消毒、
または沸騰したお湯で1分ほど消毒

おもちゃの素材によって次亜塩素酸ナトリウムが使えない場合は沸騰したお湯で消毒をしましょう。

ノロウイルスにはアルコール消毒は効果がありません。
次亜塩素酸ナトリウムが効果的です。
家庭で使われている塩素系の漂白剤に含まれています。

調理する際は
・手洗いを徹底
・きちんと加熱

これらを忘れずに!

また、こちらのような商品で対応することもできます。

希釈せずに使えるので、手軽にいろいろなば所の消毒に使えます。
安全なので安心して使えますね。

さいごに

ノロウイルスは罹ってしまうとつらいのですよね。
感染源、経路がわかれば予防もしっかりできます。

きちんと予防して感染を防ぎましょう。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事