ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

結婚式のお呼ばれ 子連れのマナーは?赤ちゃんこどもの服装は?

   

お子さんを持つ皆さん、結婚式にお呼ばれされたときお子さんはどうしていますか?
お子さんも一緒に参加してくださいとお誘いいただいたときは?
参加したいけれど、当日こどものお世話をしてくれる人が見つからないときは?

スポンサードリンク

そんな心配事を解決するヒントをまとめてみました。

結婚式にお呼ばれ 子連れのマナーは?

こどもと一緒に結婚式に参加というのはマナー的にどうなのでしょうか?
基本的に招待状にこどもの名前がない場合は、大人のみの招待です。
そして親族以外のこどもは結婚式には出席させないとうのが一般的です。

基本的にこどもは預かってもらうのが一番よいですが、当日こどもを預かってもらえない場合は出席を見送ることも考えましょう。

新郎新婦から「お子さんもぜひ一緒に参加ください」とおさそいがあった場合は、新郎新婦に迷惑がかからないように参加するのがマナーです。
それでは子連れで参加する際の確認事項をチェックしましょう。

・式場へはベビーカーを持ち込めるか
・授乳室はあるか
・おむつ換えする場所はあるか
・ベビーベットはあるか

式場によっても違いがありますから当日あわてないためにも必ず確認するようにしましょうね。

新郎新婦によっては「結婚式は厳粛な場」ととらえている場合があるので、式中に子供が泣き出したら気分を害されることも。
たとえ是非にとお誘いがあってもこどもが式中静かにしていられるかわからないと伝え、披露宴からの出席も考えておきましょう。

披露宴では、席を入り口の近くに配置してもらいましょう。
もし、ぐずってしまったり興奮して騒いでしまったら、すぐに会場の外に出ることができます。
会場内でぐずってしまうとパパママもあわてたり、なだめたりしようと必死になったりしがちですよね。
そうなるとこどもにも伝わってさらにぐずりがひどくなってしまう場合も。
ここは一度外に出て落ち着いてからまた会場に戻りましょう。
また、会場内に戻るときは係りの人に会場内の様子を確認してから戻るようにしましょうね。

大人にとっては楽しい披露宴もこどもにとっては退屈な時間になることも。
その時のためにも対策をしておきましょう。

・お気に入りのおもちゃ
・絵本
・ぬりえ
・すぐに食べられるおやつ

お気に入りのものを準備してなるべくごきげんにすごせるようにしたいですね。
おもちゃを持参するときは音の出ないものがいいですね。

どうしても不安、心配な場合は会場によって託児施設がある場合もありますのでそこを利用する手もあります。
ベビーシッターを手配すればその方にお任せすることもできますね。
料金はかかりますが、大人も披露宴を楽しめて、こどもも遠慮なく遊ぶことができます。

スポンサードリンク

結婚式にお呼ばれ 赤ちゃんの服装は?

赤ちゃんとの出席での注意する点はどんなことでしょう。

普段のおでかけのときとそんなにかわらない持ち物で大丈夫です。
離乳食の始まっている赤ちゃんは食事も準備しておきましょう。
タオルやガーゼは少し多めに持っておいたほうが安心ですね。

途中でお昼寝をする可能性もあるので、ブランケットや抱っこ紐も忘れずに。

赤ちゃんの服装はどのようなものがいいでしょうか?

きれいめのお出かけ服で問題ありません。大人の御呼ばれドレスではNGの白いドレスですが赤ちゃんには着させても大丈夫です。

ママの服装は、フォーマルということは変わりないですが、赤ちゃんと一緒だと汚れることもあるので汚れが目立たない色やデザインがおすすめです。
また抱っこしたり、お世話をしたりで前かがみの姿勢をとることが多くなるので胸元はあまり大きく開いていないものが安心です。
授乳する場合は授乳のしやすさも考慮したドレスがいいですね。

結婚式にお呼ばれ こどもの服装は?

こどもの場合はどんな服装がいいでしょうか?

女の子

子供の場合は赤ちゃんの場合と同様特にNGなものはありません。
かといって派手すぎるものは避けてシンプルなお出かけ服がという感じがいいでしょう。
シンプルなワンピースや上品なデザインのものが好まれます。
制服がある場合は制服で出席もOK。
合わせるタイツ、ソックスは白色に、黒かこげ茶のフォーマルな靴をあわせましょう。

男の子

ブレザーとパンツなど女の子と同じできちんとしたお出かけ服であれば大丈夫です。
ズボンは半ズボン長ズボンどちらでもOK。
制服でももちろんOK。
足元は女の子と同様に白いソックスにフォーマルな黒の靴にしましょう。

1章にも書きましたが、こどもにとっては退屈な時間になることもあるので、席にじっとしていられるようにいろいろと準備しておきましょう。

おもちゃ
絵本
おやつ
など

不意に騒いでしまうこともある可能性を考えていつでも会場の外に移動できるようにしておきましょう。
その場で言い聞かせようとするより場所を変えたほうがすんなり落ち着くこともありますよね。

赤ちゃんでもこどもでも一緒に参加するときは同じテーブルの方々に先に「騒いでしまったらすみません」などと一言伝えておくだけでも印象が違いますよね。

まとめ

子連れでの結婚式参加はいろいろと不安や気遣う要素が多くて大変ですよね。
新郎新婦にとっても一生に一度の結婚式。特に新婦さんは結婚式のためにいろいろと用意し思い入れが強い方もいます。
こどもと参加する側でもできるだけ配慮をして、すばらしい結婚式をすごせるようにしたいですね。

スポンサードリンク

 - イベント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事