ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

新幹線でおむつ替えと切符の買い方jr東日本では?我が家の場合

      2016/02/13

年末やお盆などの帰省の時期には新幹線に乗る機会が増える方もたくさんいらっしゃると思います。
赤ちゃんと新幹線に乗る時に一番気がかりなことはおむつ替えのことではないでしょうか?

我が家も年に数回は新幹線に乗る機会があるので最初のうちはいろいろと心配でした。
でも今は何とか慣れてきたところです。
そこで我が家的、赤ちゃんと新幹線に乗る場合のおむつ替えのことや切符の買い方を紹介しますね。

スポンサードリンク

新幹線でおむつ換え 我が家の場合は

新幹線でのおむつ替えの時にわたしが気をつけているポイントは
・発車直後と停車直前はゆれることがあるので避ける。
・おむつ替えの場合は多目的室ではなくおむつ替えシートつきのトイレで替える。

この2点です。

わたしが利用するのぞみの場合は
・新横浜~名古屋間
・新神戸~
このタイミングでなるべくおむつ替えをします。
もちろん必ずというわけではないですが。
このタイミングだと駅と駅の間隔が長くゆれが少ないと思うからです。

また多目的室を使わない理由は単純に車掌さんを探すのが大変だからです。
もちろん、すぐに見つかる場合もあるんですけどね。

それと、多目的室は赤ちゃん連れのためだけでなくいろんな方が使われるのですが、車内に1箇所しかないので使用中の場合もあります。
使用中の場合もなかにいらっしゃる方がどのくらいの時間利用されるかわかりませんよね。
授乳・おむつ替えだけなら短時間かもしれないですが、気分が悪い方はすぐに出られない場合もありますし。

なのでわたしはあまり多目的室をあてにしないようにしています。
もちろん、あいていれば車掌さんに言ってすぐに使わしてもらえますし、使用中の場合は必ずではないですが車掌室を使わしてもらえることもあるので、車掌さんを見かけた場合は一声かけてみると良いですよ。

おむつ替えシートつきのトイレはN700系の新幹線であればほとんどの洋式トイレに設置されています。
洋式トイレは奇数車両の後方に設置されています。

なので、わざわざ車掌さんを探して多目的室を使わせてもらうよりおむつ替えシートつきのトイレで替える方が楽だとわたしは思っています。
わたしが新幹線を利用するのは東京駅からなのですが、まずは東京駅でおむつをチェックします。
東京駅にはベビー休憩室が完備されているのでおむつ替えも快適です。
もちろん授乳をする場所もあるので、必要な時は授乳もここで済ませます。

東京駅のベビー休憩室の場所
・八重洲地下中央改札内(地下1階)
・新幹線中央乗換口改札内(1階)
・京葉地下改札内(地下3階)
わたしはいつも八重洲地下中央改札内のベビー休憩室を利用します。
お盆や年末も多少混みあいますが中に入れないほどという感じではなく快適におむつ替えができます。
ここのベビー休憩室はおむつ替えシートは3つ、その横には長いすが用意されているのでここでシートが空くのを待ったり、離乳食をあげたりする方もいます。
その奥に仕切りがあって授乳スペースです。
授乳スペースは3~4組ほど入ることができる広さです。
授乳スペース以外の場所は男性も入ることができるので、パパにも手伝ってもらうことができます。

ちなみに都内のほかの駅では
品川
・中央改札内コンコース
上野
・新幹線乗換口改札前

スポンサードリンク

どの場所も
・授乳用のいす
・おむつ替えベット
・シンク(浄水器・温水器)
・手洗器
・おむつ用ゴミ箱

が設置されています。

ここでおむつを変えておけば乗車時間が短く、おしっこの間隔が長い子は下車するまで替えなくても良いかも知れないですね。

どこでおむつを替えるかというおむつポイントをあらかじめママパパが調べて決めておくと余裕を持って移動できるので、おすすめですよ。
赤ちゃんとの移動の場合はいつも余裕を持ってしたいですね。

新幹線の切符の買い方JR東日本では?我が家の場合

以前の記事では赤ちゃん連れにおすすめの席などを紹介したのですが、ここでは切符の買い方を紹介しますね。

我が家の場合は・・・
閑散期は窓口に行って係りの人と相談して決めます。
赤ちゃん連れだと伝えるとだいたい赤ちゃんと一緒に利用しやすい席をとってくれます。

繁忙期はえきねっとを利用してインターネットで購入します。
通常新幹線の切符は1ヶ月間の発売になりますが、えきねっとでは1ヶ月+1週間前から買うことができます。

わたしは今は利用していませんが、JR東海のエクスプレス予約も便利です。
クレジットカードを作る場合と、クレジットカードは作らないで年会費が1000円という場合とがありますが、サービス内容は充実しています。

えきねっとでの場合のぞみなどの新幹線はシートの指定が細かくできないので注意が必要です。
指定できるのは
○並び
2人以上の場合は離れないけれど、どの席でもいい
窓際限定
通路限定
ABCDE指定

○車内の位置
車両の両端
車両の端付近
どこでもいい

こういった内容になっています。

シートが指定できる新幹線はえきねっとのホームページで確認することができます。
えきねっと シートが指定できる新幹線はコチラ

エクスプレス予約は何号車のどこの座席という指定ができるのでその点では便利です。
えきねっとで予約の場合、座席の細かい指定できないのでもしどうしても変えたい場合、わたしは窓口に行って変更できるか確認していますよ。

個人的にはえきねっとの1ヶ月+1週間前から予約できるのは繁忙期に乗ることがほとんどの我が家にとってはきっぷを確保しやすいのではと感じているのでこちらを利用しています。

さいごに

いかがでしたか?
子どもと新幹線に乗るのは最初はいろいろと心配ですが、慣れれば何とかなります。
ただ、子どもも成長に応じてじっとしていられなかったり、ぐずったり、おとなしくしていたりいろいろですよね。
車内は周りの方にいろいろと気を使うこともあるので、可能な限り、下調べをしておくと余計なストレスが減らせるのでは?と思っています。

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もどうぞ!
新幹線で赤ちゃんのおむつ替えはどうする?授乳は?指定席のおすすめは?

里帰り出産から戻る交通手段は飛行機?新幹線?赤ちゃんは大丈夫?

赤ちゃんと旅行に行くのは何ヶ月から?注意点とおすすめをチェック

新幹線利用時にベビーカーは大人一人で子供と乗る時邪魔になる?置き場所は?

スポンサードリンク

 - こども

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事